ブリュッセルの見どころを知って旅をする画家の生活

そろそろブリュッセルの旅も

終わりを迎えようとしている。

 

最初は何を見れるのだろうと思っていたが

以外に沢山みどころがあるので今回は僕が

毎日何をしているのかを参考に記録しようと思う。

 

公園では水着姿の人が昼寝をしている。

belgium_kouenmichinonbiri

 

まずブリュッセルのいい所は大きな公園が

そこらじゅうにあると言う事。

 

そこでは広い草原にシートを引いて

水着で日光浴を楽しむ人が大勢いる。

belgium_midori

 

日本でこんな事をしていれば

確実に変な人と思われてしまうだろうが、

ベリギーではこれが普通となっている。

 

そこで僕はブリュッセルのスーパーに

売っているディップとパンを買って

公園のベンチで食べながらビールを飲んで

毎日絵を描いていたり、昼寝をしたりと

のんびりした生活を送っている。

belgium_depumasi

 

まるでリストラをされた会社員が

時間を潰すために公園で一日を

過ごすような生活をしているが、

僕は絵を描く仕事をしており、

仕事場と言うものが決まっていないので

このようなのんびりした生活が可能となっているのだ。

 

どうすれば絵を描いて収入を発生させる事が

できるのかはZiNARTメールマガジンを読んで欲しい。

 

 

世界3代ガッカリの内の1つ

belgium_artpicsyouben

 

ブリュッセルと言えば小便小僧である。

 

が・・・

 

あなたは小便小僧をどのようものと

想像しているのだろうか?

 

小便小僧と言えば今やブリュッセルの

シンボルのような存在になっているが

実際に見にいって非常にガッカリした。

 

 

本場の小便小僧・・・

 

 

かなり小さい・・・

belgium_syoubenkozou

 

想像ではもっと大きなものと

思っていたが、小さすぎてあまり見えない。

 

 

 

これが世界3代ガッカリの1つと言われる理由か・・・

 

 

小便小僧を目的としていくのではなく

そのまわりのお店を巡る事をメインと

考えた方が良いだろう。

 

 

古いアンティークのお店や

ヨーロッパの仮面のお店、

belgium_kameniine

 

美味しいワッフルのお店や

雰囲気がよいレストランが立ち並んでいるので

もしもガッカリしても楽しむ事はできる。

belgium_syoubenmidori

 

町中にアートが散りばめられている

belgium_ienarabu

 

ブリュッセル限らずヨーロッパにある

国の大きな都市には様々なアートが

ちりばめられているようだ。

belgium_artmichi

 

芸術を感じるユーモアなアートの他にも

なんだこれは?と思うような作品も

見る事ができ、写真好きなら飽きる事なく

町を探索する事ができるだろう。

belgium_ketuwasariomote

belgium_ketuwasariura

 

その他にも町を歩いているだけ

大道芸人や路上パフォーマーを見る事ができる。

belgium_ayaturiojisan

 

僕も最初は路上ライブペイントで

お金を稼ぎならが旅をしていた。

 

しかし、今では路上パフォーマンスを

しなくても絵を描いて生活できる

方法を発見し、画家になる事が難しい

と言われている日本でも絵を描いて

余裕のある生活をする事に成功した。

 

アトミウムを見に行こう!

belgium_welcome1

 

ブリュッセルのシンボルは小便小僧と話をしたが

もう1つある事を忘れていた。

 

それがこちらのアトミウム。

belgium_atomiumu

 

 

写真で見た時はそれほど興味はなかったのだが、

実際に直接この目で見てみると

思っていた以上に巨大で迫力がある。

 

この中に入る事もでき、

ブリュッセルの有名な観光名所の

1つとして世界中からここに訪れる人がいる。

belgium_atomiumuup

 

世界を旅する画家のまとめ

belgium_mejibunn

 

これまで絵具とキャンパスを

持ちながら旅をしてきた。

 

ベルギーの旅も今回で終わり。

 

趣味で写真も撮るのだが、

ベルギーでは本当にいい写真が沢山とれた。

beigium_lsyoujyotachi

 

18歳の時に画家として生きていくと

決断し、その後はあまり進歩もない

生活に苦しめられたが、絵を描くために

世界を旅すると決断して本当によっかった。

 

日本では画家になると言うと

難しいからやめておけ、

だとか日本で画家の仕事だけで

生活している人はいないだとか言って

可能性を0にしてこようとする

モンスターが沢山いたがその言葉に

惑わされずにこれまで絵を描いてきて

本当によかったと思う。

 

常識通りに生きていては画家にはなれない。

 

その常識を覆す行動をとり続ければ

画家になる事も可能なのである。

 

僕の旅はそれを証明しているのだ。


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ