絵画を展示する場所はブログ内が最適な理由を語る。


絵を描いている人ならSNSや自分のHPなどを
制作したりして自分が描いた絵画を
掲載している人が、かなり多いと思うのだが、
はたしてそれは機能しているのだろうか?

 

ただただ自分の絵を掲載しているだけで
何の依頼や収入にも繋がらないと言う人が

ほとんどだと思う。

 

多少の依頼は入るかもしれないが、

それが続かない・・・

 

そうなれば生活に打撃を与え続けてしまう。

 

ではどうすれば良いのか?

 

 

一度ここをよく考えてみて欲しい。

 

HPやSNSにの自分の絵画をのせているのに

なぜ応答が帰ってこないのかをじっくり考える。

 

考えるという力をつけると

おのずと答えが見えてくるものである。

さて、それでは何故HPやSNSなどが機能しないのか、

あなたは明確な理由を答える事ができるだろうか?

 

 

中にはHPを制作し、SNSで紹介するだけで
多くの人が訪れると思い込む人もいると思うが、
実際試してみるとそれほど人が訪れない事に愕然するだろう。

 

僕も昔、HPを制作すれば
後はそのHPを紹介するだけで
依頼を頂けると思い込んでいた時期があった。

 

当然、そののような自分勝手な淡い期待が
叶う事はなく、結局自分の足で営業まわりを
しなければ仕事を得る事ができずにいた。

 

 

 

今考えれば当然である。

 

なぜなら、

HPには人を集める仕組みがないのだから。

 

 

一方、この世界画家旅人はHPではなく

ブログなのだが、今では年間36万人以上が

訪れるようになり、僕の絵を見て絵画を購入したい

という人が増えてきた。

 

さらにSNSの方ではインスタグラム

外国人のクライアントさんの窓口として

活用しているので、外国人からの連絡は

そちらから届くようになっている。

 

世界を旅していた時に出会った人達が

口コミでクライアントさんを紹介してくれる時も

インスタグラムから連絡が入る。

 

 

 

そしてそれらをうまく互いに活用する事で

永遠に人が集まるブログの成長に成功した。

 

 

 

個人ブログにはHPにはない仕組みがあり、
それをフル活用する事によって
自動集客ツールを作ってしまえるのだ。

ただし、アメブロやFC2では芸能人のような
すでに知名度がある人以外ではそれはほぼ不可能。

 

 

やはり無料ブログには限界がある。

 

 

ここの詳しい説明は話すと長くなるので
ZiNARTメールマガジンを読んでおいて欲しい。

 

見てくれる人を増やして個展をする方が得

個人ブログというものは記事を
量産していくに比例してブログに
訪れる人の数が増加してくる。

 

最初のブログを立ち上げた段階だと
無料ブログの方がアクセス数は多いのだが、
個人のブログは続けて記事を書いていく事により
無料ブログでは到達できない程の集客力
生まれるのである。

 

 

自分の絵画を見せたいと思う人は世の中には
沢山いるのにも関わらず、ブログを使って
人を集める仕組みをなぜ利用しないのか僕には理解できない。

 

個展をする時に普通にSNSなどで宣伝しても
良くて300良いね程度をもらえるくらいだろう。

 

もしくはシェアをいくつかされるかもしれない。

 

それでもSNSだけでの宣伝効果は
300人〜多くて600人だろう。

 

 

ブログを成長させている人なら
600人程度ならたった1日で宣伝できてしまう。

 

僕もハワイでのライブペイントや
沖縄でのキャンプペイント、または
東京での個展、沖縄での個展をする時は
必ずこの世界画家旅人で宣伝するようにしている。

 

 

なんせ年間36万人以上に宣伝できるほど、

(来年には70万人突破する見込み)

世界画家旅人は成長してしまったからである。

多くの人の目に止まれば、それに比例して
個展くる人の数も依頼の数も大幅に増えるようになる。

 

 

それを可能にするのがブログなのである。

 

 

しかし、「よし!つくろう!」っと考えて
簡単にできるほどブログ構築は単純ではない。

 

 

 

それには知識を得ながら正しく実行しなければ
確実に失敗する事は間違いない。

 

 

諦め癖のある人なら尚更ゴールに到達する事はない。

 

 

ブログ制作とはそれだけ難しいものなのである。

しかし、逆に言えばブログさえ成長させる事に
成功すれば、その先は自分自身が何かイベントなどを
企画する時に多くの人に宣伝できる最強の武器を
手にする事ができる。

 

これは今の時代に生まれた画家にとっては

最も強い武器になりうるのだ。

 

 

「仕事は?」っと聞かれると

「画家」っと言いながらもアルバイトや

会社業務に時間を費やす日々・・・

 

そうならないためにも、今すべき事はやはり
「多くの人に見てもらえる環境をつくる事」
っという事になるのである。

 

この話がどれだけ重大な事を話しているのか
気付けた人は今の状況からすけ出せる可能性がある。

 

 

人生は気付けたもの勝ちなのである。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ