会社員よりも画家の仕事の方が安定する時代がくる


世の中の流れを見ていると高校生の頃に

画家の仕事をしていて生活する決断をして

本当に良かったと強く思う。

 

近年急激に進歩を遂げ始め、様々なメディアでも

AIが取り沙汰されているが、これから世界は

人工知能によって大きく変わろうとしており、

これが人間の生活に大きく

関わってくるようになるからである。

 

ちなみに今回のこの記事では

ロボットが支配するような世界の話ではなく、

「人間にとっても良い方向に向かうのでは?」

っという事も最近思えるようになったので

とにかく最後まで読んで欲しい。

 

これからの時代の流れ

今はまだまだ開発途上の時点ではあるが

2020年には僕たちの日常の生活にも

特化型AIが多く導入されるようになる。

 

特化型AIとはチェスならチェス、将棋なら将棋

のような何か一つの事に特化した人工知能である。

 

そして2025年には言葉を理解するAIが

ロボットに搭載されるようになると

接客ロボがコンビニや飲食店の受付などを

占領してしまう時代がくる。

(もうこれは始まっている場所もある)

 

ちなみにロボットというと

人間の形をしたものを想像してしまうかも

しれないが、そうではなく、電子機器、タブレット、

車などのようなありとあらゆる形のロボットがいる。

 

さらに2030年には汎用型AIというものが

誕生し、人間型ロボットと組み合わさると

人間の代わりになり、人間と同様に様々な

状況に応じて対応したり、ロボット本体が

知性を働かせて行動することができるAIが誕生する。

 

 

画家の仕事をしていて本当に良かったと思う。

 

 

なぜならこれからの世の中は

クリエイティブな仕事が重視されるようになるからである。

 

特に画家やアーティストなどの仕事というのは

特殊であり、一人一人の人間から生み出される事に

価値があるため、たとえ人工知能を搭載した

ロボットが絵をかけるからと言っても

ロボットが描いた絵という価値と

一人の人間から生み出される絵の価値が

それぞれ別なところにあるので

それほど影響する事ではないのだ。

 

人間にとっても新しい仕事が増えるのでは?

最近のメディアでは「ロボットが人間の仕事を奪う」

などのようなものが数多く扱われているが、

最近僕は逆に人間の新しい仕事が増えるのでは?

っと考え始めている。

 

やりたくない力仕事や危険な仕事は

ロボットに任せるようになり、

これからはクリエイティブな仕事はもちろんの事、

ロボットには構築する事のできない心のケアなどの

仕事や繊細なスキルを必要とする職人にしかできない

仕事などがメインになる。

 

例えば工場で働いている人で

今は機械を動かしてものを移動させたり

している仕事をしている人がいたとしよう。

 

そこに物を運ぶロボットが導入されれば

その人は用無し・・・ではなく、人間にしかできない

繊細な作業を任されるようになるのではないだろうか?

 

そのため会社の生産性も上がり、

会社全体の利益も上がる事により

給料も上がる可能性もある。

 

AIロボットが導入されれば

今ままで人間がやらなければならない

仕事をロボットがするようになり、

生産性も上がるため、悪い事ばかりではないと僕は思う。

 

やはりAIがどれだけ発達しても

人間にしかできない仕事が存在し、

世の中の求人情報も人間にしかできないような

仕事に誘導するようになると思うので。

 

これはただの僕個人の考えなので

もちろんこれからの時代に一番合う

スキルというものを身につけて行く方が良いとは思う。

 

僕は画家の仕事をしていて

毎日絵を描いているが、将来については

何の心配もしていない。

 

今までは日本では画家を仕事にするのは

難しいと言われていた時代だが、これからの

時代の流れにより、もしかすると会社員よりも

画家の仕事の方が安定的な収入を得ることが

可能になるかもしれないと考えている。

 

 

画家の仕事の得方や画力をあげる方法など

様々な事を語っているので興味があれば

他の記事も参考がてらに読んでおいて欲しい。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ