ライブペイントの費用総額が高すぎたハワイの旅!!


年末年始に日本人が好んでいくリゾート地と言えば

真っ先に思い浮かぶのがハワイだろう。

 

僕は毎年クリスマスから年明けの1月10日あたりまで

ハワイのホノルルビーチの芝生の上でライブペイントを

しているのだが、その活動をこのブログやSNSへ

投稿するとかなりの反響があり、絵の売り上げも

爆発的に増えていった。

そして画家を目指す人達からの質問で

「ハワイでライブペイントに

かかる費用はどのくらいですか?」

 

っと言う質問がちらほら来ていたので

今回は僕がハワイでライブペイントにかけた費用を

参考程度に紹介しておこうと思う。

 

ちなみに・・・

 

今回の全ての費用を総合するととんでもない

額になっていたので、次回からは節約できる部分は

節約してライブペイントに挑もうと思う。

 

巨大キャンパスを運ぶ!ハワイへの飛行機代!

日本からハワイへ行く飛行代であるが、

今回AIRasiaを使用する事にした。

 

 

 

S50(1167×1167)の大きなキャンパスを2つ

受託荷物として預けるのだが、AIRasiaの制限は

縦横高さの合計が319㎝以内で重さは32キロの

荷物まで預ける事ができるので、キャンパスを

折りたためば問題なし。

 

っと言う事でキャンパスとバックパックを

受託荷物にするので当然その料金も加算される。

 

 

 

飛行機の予約は遅くても3ヶ月前までに予約すると

比較的格安で購入できる。

 

僕の場合は12月25日出発のチケットを

9月4日に購入して関西空港から

ホノルル空港(現在はダニエル・K・イノウエ国際空港)

の往復航空券で67,290円

チケットを購入する事ができた。

 

クリスマス、年末年始の宿泊費は割高!

今回のライブペイントで一番費用がかかったのが、

12月25日から1月9日までの滞在費だ。

 

クリスマスからお正月の期間はハワイの

ホテルはどこも宿泊費が数倍に跳ね上がり、

年越しから少しずつ料金も下がってくる傾向がある。

 

僕が滞在したホテルはワイキキビーチの目の前にある

アストンワイキキビーチホテルを利用した。

僕は本当は高級ホテルよりもバックパッカーが

集まる安宿に滞在したかった。

 

僕のハワイのライブペイントの目的としては

人と人との繋がりを増やすという事だったし、

これまで世界中を旅して来た中で

出会ったクライアントさんや友人は

ほとんどがバックパッカーが滞在する

格安ホテルだったからである。

 

 

それに旅先で友人ができると、一生の付き合いに

なる人がかなり多いし、その出会いがきっかけで

絵の依頼が多く入るようになるのだ。

 

 

 

しかし、今回の持って来たキャンパスの

大きさとバックパックの荷物の量を

ドミトリーの部屋に置かせてもらうと

同じ部屋に滞在する人の迷惑になる。

 

そして僕がライブペイントをする場所は

ワイキキビーチの芝生の上なので、できるだけ

近くのホテルに滞在したかった。

 

こういった理由で

アストンワイキキビーチホテルに

滞在する事にしたのだが、

滞在費は16日間で348,351円

 

次回はキャンパスの大きさをもう少し

小さくするか、細長くするか工夫して

旅人が集まる安宿に滞在したいと考えている。

 

その方が絶対に画家にとって

有利な繋がりが増えるので。

 

食にはお金をかけた!!

僕の普段の生活は沖縄のビーチや自宅のテラスで

絵を描いて1日が終わる事が多い。

 

そして物欲も本当にないので買い物もほぼしない。

 

しかし、食にだけはお金をかけてしまう。

 

実際、毎月僕の生徒さんと飲みに行く費用は

10万円を超えてしまう。

 

このハワイの時も生徒さんや友人が

遊びに来たので高級レストランに連れていって

高級お肉を好きなだけ食べた。

 

一回の飲み代で10万円を超えた事もある。

 

そんなわけで、たった17日間の滞在で

食事代308,516円も使ってしまった。汗

 

これは本当に使いすぎたと反省している。

 

ハワイには安くて美味しいレストランも

沢山あり、そこを利用すれば1日の食費を

3000円以内にまで抑える事もできるだろう。

 

次回からはできるだけ食の出費を

安く済まそうと考えている。

 

総額いくらなの?

ハワイライブペイントに使った費用は

飛行機代、食費、宿泊費の3つだけで

724,157円とかなり高額になってしまった。

 

さらに、このハワイライブペイトに必要だった

ドローンやMacなど、他にも様々な必需品を購入した。

 

《関連記事》

ハワイでライブペイントをする時に必要なアイテム7選!!

 

このアイテム購入の費用396,125円を

今回のライブペイントの費用に追加すると

 

総額1,120,282円・・・

 

これは幾ら何でもお金をかけすぎた。

 

世界を旅する画家のまとめ

今回はこれほどお金をかけてしまったが、

ハワイライブペイントには実際この値段以上の

価値があり、絵の依頼も増えたし、

僕の絵画商品購入率も普段より倍以上になり、

半月でこの金額を超える利益となった。

 

やはり投資する時はお金を惜しんではいけないのだ。

 

しかし、もっと安く済ませながらも

同じような宣伝効果があればさらに良い。

 

次回は宿泊費と食費を抑えて

より良い宣伝効果を出していこうと思う。

 

《関連記事》
原画を2200万円で購入したいという人が現れたハワイライブペイント


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ