絵で生活する事にこだわり過ぎて悪循環になってない?


絵を描いて生活したい願望が強すぎる事が裏目にでる事があるんだなと最近思う事がある。

 

これまで絵を生業として生活したいと願う人達から1万通以上の相談を受けてきたが、バイトや会社員をしていて絵を描く時間が限られているという人がかなり多かった。

 

やはり絵で生活するのなら十分に絵を描く時間は確保しなければならないと思うのだが、それも難しいようだ。

 

 

これまでの僕の画家人生の経験から絵で生活するのに一番いいのが海外で活動する事。

次が画力をあげる事はもちろん自分の人生をドラマチックに伝え世の中に発信するスキルを学ぶ事、そして商品販売などのスキルを磨く事だと思う。

 

 

しかし、海外で活動するという事に不安や恐怖を感じ、中々行動できない人もかなり多い。

 

 

海外に行けない人は先ほど伝えたスキルを学べば良いのだが、これも継続して学び続ける精神力が必要であり、途中の苦労から逃げ出す人も本当に多い。

 

 

あと残された道としては絵とは関係ない事でも何でもいいので企業して収入が生まれる仕組みを作る事をオススメしている。

 

 

僕の知り合いの美容院を何店舗も経営している社長さんはすでに全て仕組みを作ったので自分は今は何もしていないのでまた新しい事がしたいと話していた。

 

この美容院の場合の仕組みとはまず腕のある美容師、そして次に新しく入ってくる子の教育係、そして経理係などなど全ての業務を他人に任せる仕組みを作り上げたからだと話してくれた。

 

 

 

最初は当然苦労はしたようだが、このような仕組みを作ってしまえば収入も入り、時間に余裕もできる。

 

 

 

これは美容師だけでなく、居酒屋やネットサービスなど他の分野でも同じような仕組みをつくる事ができるだろう。

 

絵で生きていくという思いが強い人ほど他の事はしたくないと思う傾向にあるが実際それができずに会社に雇われて働いている人も多くいる。

 

 

 

 

最初だけ絵にこだわらずに何か他の事で収益の仕組み化を実現させてしまえば後でたっぷり時間ができるのだが、この最初の時点で絵じゃない事で稼ぐという事に対してのプライドが邪魔してしまうようだ。

 

長い目で見ると企業する事の方が会社員やバイトで働くよりもはるかに効率的で良い人生計画だと思うのだが、中々そういった考えにたどり着かない人の方が多いように感じる。

 

 

 

 

僕の場合は絵で生きていく方法を網勉強して上手くいったのだが、ほとんどの人は努力の過程を見ていないので「自分にもなれるかも!」っと期待を抱くのだが、それは地獄を味わう覚悟がある人だけがたどり着ける領域だと僕は思う。

 

 

絵で生活するのに何の苦労もしないで成功できるような簡単な道ではないので。

 

 

もしも絵で生活したいのなら、まず海外で活動する。

 

それが無理なら日本でも画家として成功する可能性の高いセルフプロモーションや発信の仕方、商品販売の勉強をする。

 

これもダメだったら他の道で企業して自動で収益を得る仕組みを構築する。

 

時間が十分に確保できる状況まで持っていく事ができれば後はひたすら絵の活動に専念する。

 

 

 

 

絵は何歳になってもできる最強の才能なので遅すぎるなんて事はないので。

 

 

 

 

PS.

今回はメモ代わりに乱雑に書いたので少し纏まっていないかもしれない笑

 

でも言ってる事は間違えてないと思う。

 

会社員しながらでもできる事もあるのだが、やはり会社員だとどうしても時間が奪われてしまうので非効率である。

 

時間はこの世でもっとも価値のあるものだと思うので今の時間を有効に使う為にも早めに行動した方が良い。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ