無料で海外からの絵の仕事を紹介している!合格者発表!


「絵」と一言で言ってもイラスト、デジタル、漫画、油絵などなど様々なジャンルのスタイルがあるが、僕が紹介している海外からの絵の仕事はどんなジャンルの作品でも挑戦が可能となっている。

 

今回紹介する絵の仕事というのは僕が世界中を旅している最中に出会った海外在住の僕のクライアントさんが立ち上げたプロジェクトの一つであり、こちらからお金を払うという事も一切ない。

 

しかし、誰でも挑戦する事は可能なのだが、確実に絵の仕事が

もらえるっというわけではない。

 

どれほど画力があるのか?

どれほどのオリジナリティーがあるのか?

それらを確認するための簡単な画力審査があり、それに合格した人だけが海外からの絵の仕事を手にする事ができ、もちろん報酬も出る。

 

ちなみに何かの詐欺と勘違いしたり思い込みが激しい人は下の詳細をよく読んでおいて欲しい。

海外からの絵の仕事を手にする人の参加資格の詳細

 

 

 

画力審査と聞くだけで

「自分には無理」と決めつけてしまう人もいるのだが、お金をこちらから支払うなんて事は一切ないので挑戦するだけしてみる価値は十分にあると思う。

 

 

 

最近、この絵の仕事の内容を

詳しく説明したら

「私には無理そうですね」

という人がいたので、無理矢理挑戦させてみた。

 

結果は見事に合格。

 

「ZiNさんの後押しがなければこんなに素晴らしい仕事を手にしようとする意思すら生まれず、何もしないまま諦めていたので本当にありがとうございました!挑戦する事って本当に大切ですね!」

 

っとお礼のメールが届いた。

 

試験合格者の作品一部紹介!!

今回の仕事の作品で参考例として

ここに作品の一つを掲載しておくので気になる人はチェックしておいて欲しい。

海外からの絵の仕事の参考例

 

上の参考例を見てもらえればわかると思うが、基本的に漫画、コミック形式で作品を書き上げて頂く事になる。

 

冒頭でも話したが、どのような

画材を使ってもグラフィックでもデジタルで描いても良い。

 

 

 

大切なのはその作品にオリジナリティーがあるかないかであって、オリジナリティーがあればそれだけで合格する確率が飛躍的に上がるだろう。

 

 

こちらは僕のクライアントさんのチームが作り上げたサイトで大成功をしていて、今や全世界で視聴されるようになった。

合格すればあなたの作品がスマホにより、全世界の人の目に止まる事になるし、実際

これがきっかけでこの仕事以外の他にも海外からの絵の仕事の依頼が来たと連絡を頂けるようにもなり、僕自身も人の役に立てたと思うと嬉しく思える。

 

合格者の作品の一部を参考程度にこちらに掲載しておくので、どのような感じなのかみて頂ければと思う。

 

〈カミメラさんの作品〉

 

〈Ohara Yoko さんの作品〉

 

〈林原さんの作品〉

 

〈池添さんの作品〉

 

〈荒木 健二さんの作品〉

 

〈Hinatoさんの作品〉

これらはコミックの最初の一コマめだけを掲載しているだけなのでこれら全てにその後のストーリーがある。

 

合格者の作品全てを掲載してしまうとこの記事が画像で埋もれてしまうので、ここまでにするが、この他にもかなり面白い作品を描いて頂いた方が沢山いるし、現在進行系で作品を描いだしている。

 

 

 

 

このように自分のタッチを利用したコミックを描いて頂き、完成すれば僕のクライアントさんのチームに作品データを送るだけで全世界に配信されるようになる。

 

もちろん報酬も出るし、今後は報酬システムを変更したようで、表示回数によって報酬額が支払われる仕組みになるようだ。

 

「できない」という思い込みは損しか生まない。

先ほども話した通り、

「私には無理そうですね」っと言っていた方でも合格する事が出来た。

 

絵が下手だから出来ない、コミックなんて描いた事ない、風景しか描けない、などなど出来ない理由を正当化するのも個人の自由ではあるのだが、僕はその考え方は本当にもったいないと思う。

 

むしろ、やった事がない事は出来ないのが当然で、だからこそ挑戦する意味があり、挑戦する事で新しい自分のスタイルを確立させる事が出来るようになるのだ。

 

 

挑戦もしないで絵の仕事を得る事が出来るほど世の中はそれほど甘いものではない。

 

 

人は大人になるにつれて余計な知識や情報が大量に頭の中に蓄積され、子供のような純粋な気持ちの「やってみる」という発想が少しずつ減少していくようだ。

 

 

 

さらに今回紹介した海外からの絵の仕事はこちらからお金も払う事もないし、画力試験に落ちたからと言って社会的地位も奪われたりする事も後ろ指刺されたりする事もなく、ノーリスクで挑戦できる。

 

それにもかかわらず、挑戦すらしないのは本当にもったいない事だと思う。

 

 

 

この挑戦する意味の根本的な考えを見直さない限り、今まで絵の仕事を継続的に得る事が出来ていなかった人の場合その状況は変わる事はないだろう。

 

 

チャンスを掴む人というのは

チャンスが来た時に即座に行動できる人だけなのだから。

 

逆にチャンスを逃す人というのは

チャンスが来ても後回しにして、時間が経つにつれて

「まぁもういっか」で終わらしてしまう人である。

 

 

 

一度やってしまうと次も必ず同じ事になるし、一度の失敗で諦めてしまう弱い気持ちを持つ人間に育ってしまう事になるだろう。

 

「自分には出来ない」

と挑戦する前から決めつける人で成功した人を僕は見た事がない。

 

 

そうならないためにも一度全力で海外からの絵の仕事を手にするチャンスを掴んでみてはどうだろうか?

 

 

 

ちなみに今回のこの仕事は僕の大切な海外のクライアントさんが立ち上げたプロジェクトなので、失礼な人や常識がない人などを紹介しないようにZiNARTメールマガジンの中で直接僕に連絡をしてくれる人にしか紹介していない。

 

世の中には想像以上に非常識な人間がいるのでもしも、そんな人を僕の大切なクライアントさんに紹介してしまうとかなり迷惑になるので、そこは厳選させていただく事にしている。

 

 

 

興味のある人はZiNARTメールマガジンで仕事の詳細を

語っていくので登録しておいて欲しい。

 

 

PS.

あとちなみに僕のクライアントさんは海外に住んでいるが日本人なので日本語でのやりとりが可能となっているのでご安心を。

 

あと、今回の仕事に限らず、絵の仕事を得たいと思うのなら英語の勉強はしておいた方が良い。

 

《関連記事》

【経験談】絵を描く仕事がしたいなら英語を勉強する事が大切?

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ