何もない南の島でも画家になる事は出来る事を証明した!


毎年夏になると僕は沖縄の座間味島で
絵を描きながらキャンプ生活をする
キャンプペイントという企画を開催している。

青い空の下、エメラルドグリーンに輝く
海に潜りウミガメと泳ぎ、その後は
海の前にあるキャンプ場でゆったりとした
時間を過ごしながら注文されている
作品を描きためて行く生活。

キャンプペイントをしている事により
この企画自体が興味を引くのか
島で作品を描いている間にも新しく
注文依頼が入るので生活には困らないほど
収入も安定している。

 

 

僕がまだ17歳だった頃の
夢は南の島でのんびり絵を描きがら、
そこに遊びにきて頂けた人達と
毎日ワイワイ楽しく過ごすというものだった。

 

それから10年以上地獄の日々を
味わいながらもようやく夢の生活を
手にする事が出来たのだ。

 

やはり画家として仕事を得るには
インパクトのある活動を継続して行い、
人と人との繋がりを増やす事が大切である。

 

ここを間違えて考えている人もいたので

以前フリーランスの画家になるための方法として
記事にしたので参考程度に読んでおいて欲しい。

 

よく「自分は人見知りだからそれは出来ません」
っと話してくれる人もいるが、出来ない事を
出来るようにならなければ画家になる事は
本当に難しい。

 

あれも出来ないこれも出来ないで
生活できるほど画家の道は甘くはないのだ。

 

 

そもそも出来ないというのは
怖いから出来ない、苦手だから出来ない
っという固定概念であり、大抵の事は
やればできるようになる。

 

 

やったけど出来なかった
っという人はゴールに到達する前に
自分の限界を決めてしう場合が多い。

 

一度くらいは地獄を見ないと
ゴールまでには到達できないという事を
最初から認識していればモチベーションの
低下は防げるのではないかと思うのだが、
やはりそれでも諦める人は諦めるので
そこは僕にはどうしようもない。

 

しかし、今回のキャンプペイントに
遊びに来てくれた画家志望の人々は
自分に自信がない人も僕の話を聞いて
挑戦する決意を固める事が出来たようで
僕も力になれて本当に嬉しかった。

後はその気持ちを継続しながら
続けていけば良いのだが、人間そうそう
変わるものでもないので、そこから先は
本人がモチベーションを保てるか
保てないかという所になってくる。

 

まぁまた挫折したり、大きな壁が
現れた時は沖縄に遊びに来て
僕と話をしに来たら再びやる気と

解決策を与える事が出来ると思う。

 

今後は沖縄の国際通りに
南国ZiNARTギャラリーを建設する
予定なのでいつでも遊びに来て欲しい。

 

 

 

PS.
今年のキャンプペイントは
トラブルやキャンプサイトの使い勝手が
大きく変わっており、かなり大変な
キャンプ企画になってしまった。

 

一昔前まではキャンプ場にコンセントが
設置されていたが、今は観光客が増え、
マナー違反をする人も増えたらしく、
コンセントを塞がれてしまっていた。

 

そのため充電器は絶対必須の
アイテムになってしまったのだ。

 

さらに、キャンプ場の近くにあった売店も
潰れてしまい、買い出しはいちいち
歩いて15分はかかる町の方まで
行かなくてはならなくなっていた。

 

そして一番厄介なのが台風である。

 

今年はお盆前の7月中旬に
キャンプペイントを開催する事にしたので
普通の会社に勤めている人は
お盆前の休みは取りづらく、
あまり人も来ないだろうと思っていたが、
ブログの影響力が高かったのか
それでもかなりの人数の人達が
遊びに来てくれた。

東京から往復7万円もかけて
会いに来てくれた人や、これから
海外に画家の旅に出るので
どうしたらいいのか詳しく話が
したいと来てくれた人、さらには
ベトナムからわざわざ遊びに来てくれた人もいた。

 

しかし、キャンプペイント後半に
突然台風が発生し、急遽那覇に
引き返す事になってしまった。

 

遊びに来てくれた人には申し訳ないので
那覇で集合して飲み会相談会を開催し、
画家になるにはどうしていけばいいのか?

っという事を事細かに説明したり、

那覇で開催されていたのっぺらぼうという
お化け屋敷ツアーなども開催して
かなり楽しんで頂けたので本当に良かった。

 

 

次回からは沖縄の梅雨明けで
台風も少ない6月20日あたりから
一週間程度を目処にキャンプ
ペイント企画をしようと考えている。

 

 

来年の夏も是非遊びに来て欲しい。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ