画家としての収入だけで生活したい人が知っておくべき事


よく僕の所にくる相談の中で
「画家としての収入がなく、今後も
どうしていけば良いのかわからない」

というような事で悩んでいる人がかなり多い。

 

ではそのような悩みを持っている人に
逆に質問させて欲しい。

 

これまでの画家活動の中から得た経験で
これから何が必要なのかをちゃんと
自己分析した事はあるだろうか?

 

もちろん何がダメなのか自体が
わからないと言う人もいるのも事実である。

 

 

ただ単純に画力がないだけなのかもしれない。

 

もしくは人との関わりを
恐れてしまっているのかもしれない。

 

 

画家としての収入がないのには様々な原因が
あると思われるが、そこを分析しない事には始まらない。

 

 

なので今回はその分析した方が良いと思われる所を
いくつかまとめてみたので読んでいって欲しい。

 

他の画家志望の人と差別化すると収入が変化する。

まずはこれまでしてきた画家活動について考えてみよう。

 

「画家として生活できるように
なるためには一体何をすればいい?」

 

このような質問をアンケートとして
回答して頂いた事がある。

 

するとほとんどの人は
「個展をしてまずは絵を見てもらう」
っという事を先決させている事がわかった。

 

 

この答えは半分は正解であるが半分は不正解といえる。

 

 

もちろん人に絵を見てもらう環境というのは
絶対に必要な場所ではある。

 

しかし、今のこの日本で多くの画家志望の人が
やっている普通に絵を見せるだけの個展などを
していてもそれだけで終わってしまう可能性がある。

 

まだまだ画力がたりない人や凄い絵は描くが
他でも見た事のあるような絵を描いている人は
他の画家がしている個展などと差別化が
されていないため、数多くいる画家を
目指す人の一人として認識されてしまい、
その時点で埋もれていってしまう可能性もあるだろう。

 

 

もちろん独創的な絵や感情を揺さぶるような
画力があるのなら普通に個展をしても
絵を買いたいという人が現れると思うので
そのような人の中でまだ収入がないという場合、
他に原因がある事は確かである。

 

このタイプの人の原因は後で語る事にして
まずは画力がない人、他でも見た事があるような
絵を描いている人の対策としては、個展などに
他の付加価値も追加していくという事だと僕は思う。

 

 

ようは

記憶に残るようなインパクトのある
画家活動をするという事。

 

 

例えば僕の場合ならこれまで43カ国以上
旅をしながら、その中でライブペイントの
路上パフォーマンスをして収入を得てきたが、
その旅の写真も絵と一緒に展示するようにする。

こうする事により、もしも僕に画力がなかったとしても
世界を旅をしながら画家活動をしている人という
位置づけができるので十分それだけでも
他の画家とは差別化され、見る人の記憶に
残るのではないだろうか?

 

もちろん海外にでるのが怖いという人も
中にはいると思うので皆が皆この活動が
できるとは思っていない。

 

 

しかし、日本国内ならどうだろうか?

 

 

実際僕は日本の島や川などで
絵画作品制作PVを撮影しに様々な
場所で絵を描く活動もしている。

 

例えばこれは沖縄の座間味島で

2ヶ月感キャンプをしながら絵を描く活動。

 

こちらは奈良の山奥の川で絵を描く活動。

 

そのすぐ後に淡路島でのんびり絵を描いていた。

個展でこの写真を絵と一緒に展示するだけでも
インパクトとして記憶に残るのがわかると思う。

 

 

さらに言えばこの時に描いた絵を
直に見せる事で見る人からすれば
その絵の出来上がり過程も知る事ができ、
その絵が欲しいという欲望が生まれてくるようになるのだ。

 

他にも音楽をしている人とコラボして
生演奏と一緒に絵を見てもらえる個展をしたり、
簡単な料理を振舞うような個展などを
してみても良いかもしれない。

 

とにかく画力がまだない人は
他の事と絡み合わせて記憶に残るような
画家活動をする方が良いだろう。

 

そうする事により見る側の人が共感したり、
応援したいという思いから絵の購入に
繋がる可能性が非常に高い。

 

っとは言っても画力が無ければ
画家としての収入に大きく影響するので
常に画力を上げる意識だけは持たなくてはならない。

 

 

画力がある人の問題点

先ほど少し話した
「画力はあるが画家としての収入がない」
っという人は僕からすれば後はある一つの事を
学べば良いだけではないかと感じる。

 

 

ある一つの事・・・

 

 

それは「セルフプロモーション」である。

 

簡単に言えば芸能界でいうキャラ作りのようなもの。

 

 

彼らは契約した芸能事務所と相談して
これからどのようなキャラでテレビ出演を
していくかを話し合っている事は既にご存知だと思う。

 

このようにセルフプロモーション、
つまり自分をどのようにして世に出していくのかを
考えないため、画力があっても中々浸透せず
「凄い絵描きますね!この絵好きです!」
っと言われるだけでその後に繋がらない可能性がある。

 

このセルフプロモーションの具体的な話を
語りだすと話が進まないので気になる人は
ZINARTメールマガジンを読んでおいて欲しい。

 

 

ちなみにこの画家活動に特化した
セルフプロモーションの方法は
今の所は日本で僕からしか配信されない。

 

なぜならこれは僕が世界の旅の中で

導き出したものだからである。

 

 

登録は無料。

 

もしも「そんな事知っている!」
というのであれば解除も1秒で出来るので心配無用。

 

 

ただ僕は皆さんが知らない情報を提供できる自信はある。

 

 

実際、僕の教えている生徒さんで、
画家として収入を得る事に成功した人もでてきた。

 

 

これからどんどん画家として
活動できる人をこの日本で
増やしていきたいと思う。

 

 

画家志望者にとって情報は武器である。

 

画家としてのプライドが邪魔をする

自分自身を世に出す方法を知らなければ
今までとなんら変わりない生活を送る事は
間違いないのだが、なぜか画家と名乗る人は
プライドが高く、人から学ぼうとしない。

 

そのような人の中でよくいるのが

 

「仕事は何をしているの?」

 

っと尋ねると決まって

 

「私は画家です」っと答えるが
実際は他のバイトや会社などに
努めている人がほとんどである。

 

 

確かにプライドというものは必要ではある。

 

そうでないと画家としてやっていけない。

 

 

しかし、そのプライドから人から学ぼうとせず
独自の世界感を押し付けただけのような
投稿をSNSなどでよく見かける。

 

人に絵を見てもらうのなら、その絵の根源が
伝わらないければ意味がないのだが、
プライドが高い人はそこを理解できていないため、
意味のわかりにくいアーティスト感満載の
投稿をしてしまっている事が多い。

 

もしもそれで画家としての収入が
発生しているのなら何の問題もないだろう。

 

 

しかし、実際の所、
上手くいっていない人の方が多い。

 

なのでまずそのようなプライドは捨てて
すでに成功した人から学ぶ事も大切なのである。

 

世界を旅する画家のまとめ

今の日本のアートへの感心のなさを
考えると画家としての収入を得るのは
相当難しいと言えるだろう。

 

しかし、僕は日本の常識に流されずに
これまで画家活動をしてこれたため
今ではどこの国にしても絵を描いていれば
収入を発生させる事ができるようになった。

 

これは海外に行かなければ収入を
得る事は出来ないというわけではない。

 

 

事実、先ほど話した沖縄での
キャンプペイントや奈良の山奥に
で絵を描いている間にも収入が発生している。

そのような仕組みをつくってしまったので
後はほっておいても絵が売れていくのである。

 

しかし、僕は絵を販売しているが、
原画を販売しているわけではない。

 

 

基本的に原画は世界に5人だけいる
クライアントさんだけにしか販売していない。

 

 

原画を売らなくても絵の商品なんてものは
いくらでも制作可能である。

 

こちらの写真は原画と世界最先端の複製技術
ジークレーというもので、基本的にこちらを
メインとして絵画を販売している。

 

 

他にもiPhoneカバーなども販売する事にした。

 

ZiNの絵画商品の販売はZiNARTMUSEUMへどうぞ。

 

 

画家として収入を何とかして
発生させたいと考えている人は
ZiNARTメールマガジンを読んでおいて欲しい。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ