会社の主任にパワハラされ沖縄へ逃亡した話

taketomitrip

初めての就職先で主任のパワハラに合い、
大学へ行く為の学費も貯める事もできず、
友達の突然の死に精神的に崩壊しかけていた僕は
その状況から逃げるように沖縄へ一人旅をする事にした。

 

 

もう人と接する事に疲れていたのでとりあえず一人に
なりたかった。

 

 

今から考えてみればこの旅がきっかけで一人旅の魅力に
一気に引き込まれる事となる。

 

 

何も決めずにリュック一つと全財産の20万円を手に
飛行機に乗り込んだ。

 

 

2時間ほどで到着してから

節約のためと思い野宿しようと

考えたが結局沖縄の熱帯夜には勝てず、

宿を探して泊まる事にした。

 

お金の事を考えると

ドミトリーという相部屋に素泊まりすれば

一泊1,000円〜1,900円で泊まる事ができる。

 

 

その日はビール一杯100円の安い居酒屋で今までの
ストレスと感情を発散するように浴びるほど飲み食いした。

 

それから沖縄に滞在してのんびり

過ごしていたが、これからの具体的な

生き方というものを考える事もなく

全く何もする気が起きなかった。

 

昼は那覇市の国際通りあたりを散歩したり観光したり
夜は安い居酒屋で飲み明かす。

 

 

そんな生活を2週間したが正直楽しいとは感じなかった。

 

 

 

那覇市に何の魅力も感じなかった為、
那覇市から石垣島へ移動する事にした。

 

実は日本最西端の島

与那国島には海底遺跡があると

宿で一緒になったおじさんに

教えてもらい、かなり興味が

湧いてきたのでそのまま石垣島から

与那国島に移動する事にしたのだ。

 

与那国島では本当に神秘的な光景を目の当たりにした。

 

この時の詳しい話は

僕が書く小説の中で詳しく語っている。

 

それから石垣島に戻ってた僕は

宿代を節約する為にドミトリーに

泊まる事にしたが、そこの宿は
カプセルホテルのような作りで

一部屋づつ壁で区切られていた為
実質は一人部屋のようなものだ。

 

 

宿の人にうさぎ屋という民謡居酒屋が

有名なのを聞いたのですぐに行ってみる事にした。

 

 

しかし、初めての場所で道に迷ってしまい困っていると
遠くの方から一直線にこっちに走って向かってくる人がいた。

 

「どうしたんですか?何か探しているんですか?」

 

あんなに遠くにいたのに僕の様子に気がついて
ワザワザ走って聞きに来てくれたのだ。

 

 

彼からしたら僕は普通の観光客だったのだろうし
彼にとってそれは普通の行動だったのだと思う。

 

 

しかし、その時僕は会社でもまともに

働けない社会からしたらゴミくずのような

自分にそんな優しい言葉をかけてくれるとは
思わなかった。

 

 

一気に沖縄が好きになった。

 

 

それから石垣島の周辺の島々を

転々とし、1ヶ月半が過ぎる頃には
不安定だった気持ちも落ち着き、
気がつけばお金も底を尽きかけていた。

 

飛行機代と1週間分の宿代を残し竹富島に渡った。

taketomi-toubou2

 

ここには一度来ておりのんびりした場所だったので、
最後の島にここを選んだ。

 

 

宿代は残してあるが、ご飯代はほとんど底を尽きていた為、
宿の人にモリだけ借りて海に潜って魚を突いてそれを食べたり、
同じ部屋の人達と仲良くなって料理をご馳走になったり
近所の民家でタダで晩御飯をだしてくれたりと
何かと上手く事が運び気がつけば竹富島最終日になっていた。

 

竹富島の桟橋があり、
満ち潮になると橋の先が海に沈みその遥か彼方に夕日が沈む。

酒を飲みながら今まで沖縄で親切にしてくれた人達の優しさや、
楽しい思い出に浸りながら夕日が沈むのを見ていると心が
穏やかになるのを感じた。

taketomi-toubou2

 

それと同時にこのまま腐っては人生絶対に後悔する。

 

まだ20歳なのに夢を諦めるのは早い。

 

もう一度頑張ってみよう。

っと強く思うようにもなっていた。

 

この時点で画家として生きる事は僕の大きな夢になっていたのだ。

 

 

今自分には何が必要なのか?

それを考えた結果一つしか思い浮かばなかった。

 

 

学費が必要。つまりお金を貯める事が大優先だ。

 

 

社会人になって安い給料で一日中働いて

ストレスを感じる生活は二度としたくも

なかったし、一度挫折して僕は社会人には
向いていない事も分かったので会社では働きたくなかった。

 

 

またあの地獄の日々に戻るのはゴメンだ。

 

 

ここから大阪に戻りアルバイトで2年かけてお金を貯め、
大学ではなく専門学校に通う事になるが
まだ学費がたりず超極貧生活をする事になる。

 

 

第四話:僕の生きてきた道筋

超貧乏生活!!夢を追うため一日50円しか使えない日々・・・

 


タグ:  

カテゴリ:沖縄 

就職先で挫折して死のうと思った地獄の日々

university

大阪芸術大学へ通いたかったが親に反対されたので
自分で学費を稼ぐ為に高校を卒業してすぐ就職する事にした。

 

 

就職先は工場で鉄を切断して溶接をして

橋や船の部品を制作する会社に決まった。

 

毎朝7時に起きて夜の6時まで働き、

残業がある日は夜の9時まで働いて毎週土日は休みだった。

 

 

これだけ働いても手取りは12万〜14万くらいしかなかったし、
ボーナスも雀の涙ほどしかもらえなかった。

 

 

今思えば、あれだけ働かされて

この程度の給料しか稼ぐ事ができないのであれば

すぐに辞めるべきだったが、僕は社会人になって

給料を稼いだのがここが初めてでまわりの友達は

皆大学に進学していた為、このくらいの給料が
妥当だと思っていた。

 

しかし、それだけならまだ耐える事ができたがこの会社には
僕の天敵がいた。

 

彼は現場の主任を任されていて、

何かとつけて僕に理不尽な因縁を
つけてきては暴言を吐いた。

 

 

いわゆるパワハラというやつだ。

 

 

主任が持ってきた書類に記載されている設計図を見てから
鉄を切り出していくのだが、ある朝、主任がいつものように

書類を持ってきたのでそれに従って鉄を切っていた。

 

 

そして昼休みに入り書類を机の引き出しに入れてから
昼ご飯を食べていると僕の元へ主任が
やってきて真っ赤な顔で怒鳴り散らしてきた。

 

 

突然の事だったので何を怒っているのか

理解するのに時間がかかってしまったが、
どうやら鉄の切り方が書類と違うと言って怒っているようだ。

 

 

すぐ現場に戻って机の引き出しに入れていた書類を確認すると
朝主任が持ってきた書類とは違う書類が入っていた。

 

 

その机の引き出しに書類が入っている事を知っているのは
僕とその主任だけだったし、他の人がわざわざ机の引き出しを
開ける意味もない。

 

 

これは後から聞いた話だが僕が昼休みに入ったあと、
主任が机の中を何やらゴソゴソ触っていたのを見た人がいた。

 

 

疑いが確信に変わった。

 

 

主任は自分のミスを僕になすりつけようとしていたのだ。

 

 

最初の内は何を言われても気にせずに流していたのだが、
このような事が毎日続く内に朝の朝礼で主任を見るだけで
吐き気がする程精神的に大きなダメージが蓄積されていった。

 

 

ストレスで蚊にさされたようなボコボコした蕁麻疹が
僕の額を覆うようにもなっていき家に帰っても食事が喉を
通らなかった。

 

 

その時は実家から通っていたのだが、ストレスのせいか
僕は常にイライラしていて親と口論になり家を飛び出し
賃貸マンションで一人暮らしをする事にした。

 

 

実家にいるのと一人暮らしをするのではお金の貯まり方が違う。

僕は主任からのストレスと学費を稼ぐ為に働いているのに
全くお金が貯まらない現実に少しづつ少しづつ鬱状態になって
しまっていた。

 

 

入社して一年半まではちゃんと会社に行っていたのだが、
仕事にも身が入らず、その状態で主任から暴言を吐かれる日々。

 

 

いつしか僕は「もう何もうまくいかないから死のう」
と言う考えが浮かんでくるようにまでなっていた。

 

 

ちょうどその時に中学校からの友達が一人で家に遊びに来た。

 

 

彼と会う時は中学時代の友達と飲み会やキャンプなど、
大人数で遊ぶ事しかなかった。

 

 

彼が一人で僕の家に遊びにくる事は珍しい事で僕も驚いた。

 

 

その夜は二人で朝方までテレビゲームをして遊んでいて、
僕も良い気晴らしになったので鬱状態の気持ちも少し
落ち着いたように感じていた。

 

 

しかし、それから一週間後。

 

 

彼は帰らぬ人となってしまった。

 

確かな事はわからないが自分から命を断ったようだ。

 

一気に死の恐怖が僕の脳裏に浮かんできた。

 

どうにかして今の状況や精神状態から逃げ出したかった。

 

 

このまま鬱になって死んでしまうより全てを捨てて

どこか知らない場所で一人でいて何も考えない生活にしよう。

 

 

いつの間にかそのような考え方に変わっていった。

 

 

これがきっかけで何かから逃げるように沖縄に一人旅を
しに行く事になるのだが、この経験から一人旅の魅力
とりつかれる事となる。

 

 

今思えば、ここが僕の人生の分岐点だったのかもしれない。

 

第三話:僕の生きて来た道筋

会社の主任にパワハラされ沖縄へ逃亡した話


タグ:  

カテゴリ:下積み時代 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ