無名の画家でも絵画が売れる秘訣!雑談力を磨こう!

どんな有名な画家やアーティストでも最初の段階は無名で自分の描く絵画がバンバン売れて普通に生活できるようになった訳ではなく、それ相応の覚悟と継続する努力が必要なわけであるが、現在画家を目指す人が真っ先に考える事といえば「絵を売って生活できるようになりたい!」っという事である。

 

 

しかし、ほとんどの人が

 

「自分は無名なのにそれでも絵は売れるのか?」

 

「どのようにすれば買ってもらえるのか?」

 

っという疑問にぶつかっている。

 

実際、僕も最初の頃は描いた作品がたまに売れるだけの超ど貧乏画家の道を歩んでいたが、現在は家族で沖縄に移住して毎日ビーチで絵を描いて暮らして行けるまでに成長した。

今回のこの記事ではそんな無名の画家から変身を遂げるための重要な話をしようと思う。

 

雑談力=信用の力

無名の画家だからこそ身につけなければならないスキルとして画力や表現力をつける事はもちろんであるが、そのほかに必要なスキルというものがある。

 

どれだけ絵が上手くても今の日本の低迷したアート市場の現状では「うまいね〜」で終わってしまう事の方が多いが、それを次に繋げてくれるスキルというものが

 

”雑談力”

 

だと最近常々感じている。

 

 

もちろんやり方次第では会話をしなくてもすむ方法があるのだが、(実際僕はメールだけで契約を交わす事がよくあるので)その方法は一旦おいておくとして、今回は無名だからこそ学ぶべき事でもあり、絵を売る時に必要な雑談力について語る事にしよう。

 

 

自分の作品を売る時に一番気をつけなければならない事

 

「売り込みすぎてしまう」

 

ということ。

 

 

 

自分の絵を買って欲しい欲望が丸見えになり「絵を売ってやるぞ!」っという意気込みを感じてしまうほど、人はその人が描いた絵を買いたくなくなってしまう。

 

 

それは当然で、例えば同じような状況を洋服屋さんでも感じる事がある。

 

ただ何となくお店に入っただけなのにしつこく店員に話しかけられ、「この人は売りたいだけなんだ、会話めんどくさいな〜」っと思った事はないだろうか?

 

 

 

もう少し違う例を出すと例えばナンパなんかも雑談力がなければ成立しない。

 

まぁ僕はナンパをした事がないので説得力に欠けるかもしれないが。笑

 

出会って1秒やそこらで「ホテル行きましょう!」っと言っても「何この人!きしょくわる!」っと思われて愛想笑いでスルーされるのがオチである。

 

 

 

成功させるにはまず初対面の人の情報を会話の中で引き出し、相手にできるだけリラックスしてもらいながらも「この人の話面白い」っと思ってもらい、信用を得る所から始めなければならない。

 

 

 

とにかく、売り込みくささや目的重視の姿勢が相手に伝わってしまえば相手の警戒も解けずにそのまま終わってしまうという事である。

 

 

絵でも他の仕事でも人と関わる仕事で最も重要なのが「信頼、信用を得る」という事であるが、それに必要なものがまずは雑談なのだ。

 

 

 

そしてもう一つポイントとしてはその場ですぐに購入してもらおうと思わない事。

 

 

 

失敗する人ほど手前の利益を求めてしまって雑談どころか絵の説明だけに力を入れてしまい、今この場で稼ぎたいと言う欲望が丸裸になってしまうものなのだが、成功する人は逆にまず「この人とまた話したい、繋がっていたい!」っという想いを相手に持ってもらうようにしており、信用や信頼を得る事からはじめている。

 

 

 

このような信頼、信用の感情を抱いてもらえる人ほどリピーターになったり、口コミで他の友人に伝えたり、利益とはまた違った形となって返ってくるようになり、さらに新しい作品を購入したり、また個展などに遊びにきてくれたりするようになり、利益は後からついてくる形となるのである。

 

何よりそういった人との繋がりが増える方が活動としても楽しくなってくるのでモチベーション維持にも役にたつようになるのである。

 

それにどこの地域に行っても知り合いがいるようになり、家に泊めてくれたり、飲みに行ったり、遊んだりできる人が増えていく事になる。

 

 

 

実際、僕は世界中どこの国に行っても友人がいて、SNSなので「ここに行きます!」っと言うと一人旅に出たのにもかかわらず一人で過ごす事の方が少ない状況が生まれているし、僕の作品を買いたいと言う外国人のほとんどが口コミによるものである。

 

要は雑談力を高めていく事で、人と親密に関わる回数も増え、画家活動以外にも利点を生むと言う事になるのだ。

 

 

最初の一歩として最適な場所

誰でも最初は無名で一回描いただけで「絵が売れた!」なんて人は滅多にいないと思う。

 

これは僕もそうだったし、超有名画家でも同じ事が言えるだろう。

 

それではこの状況を打破するためには何をすれば良いのか?

 

 

方法としてはいくつかあるのだが、一番効率が良いのが海外で活動するという事である。

 

 

「海外なんて行けない!」っという人は後で違う方法を紹介するのでひとまず一番確率の高いこの方法を読んで頂ければと思う。

 

 

まずなぜ海外が良いのかというと、外国人の絵に対する価値観の違いがあり、絵を買う環境が整っていると言う事と、画家としてやっていくための自信がつくという事。

 

 

一度海外でお金を稼いでしまえば日本で働く事がアホらしくなるほど稼げてしまうし、実際に僕の生徒さんもかなり稼いで帰ってくる人も出てきている。

 

ただし、稼げる人はちゃんとした方法を僕から学んだ人だけであり、行き当たりばったりでしてもあまり効果が出ない。

 

 

 

ほとんどの日本人は英語を話す事ができず、海外に活動しているっという事を伝えるだけで「この人はすごい人なんだ!」っと思う傾向がある事がわかった。

 

 

僕も最初は全く英語を話す事も出来ず、海外に友人もいない状態からオーストラリアでの画家活動をスタートさせたが、そこでの出会いや絵を売る方法を学ぶ事で「海外では絵の価値観がこんなにも違い、日本よりも比較的簡単にお金を稼ぐ事が出来るんだ!」っという自信がつき、それが今の画家活動の基盤となっている。

 

 

どうやって絵を売って稼いできたのか?っというところだが、簡単に言えば路上でライブペイントをするバスキングと言われる方法である。

 

 

すでに僕が追ってこの方法で生活できる人も多数出てきたし、現在も常にオーストラリアに何人かバスキン旅へと出ている。

 

「絵 バスキング」と検索して出てくる絵描きのブログ記事は僕の生徒さんだと言ってしまってもいいだろう。

 

 

 

その詳しい方法は以前記事にしているのでそちらを参考にしてもらえればと思う。

 

《参考記事》

路上で絵を売って1ヶ月20万円以上稼いだ方法

 

海外でバスキングをする前に絶対に用意しておくもの。

 

 

 

とにかく行動して結果を出し、プチ成功体験をいくつも重ねる事により次はあれをしてみよう、これをしてみよう、っと言う行動力にも繋がってくるので一石二鳥の方法であると僕は思う。

 

 

 

そして海外に行く事が困難な状況にいる人もいると思う。

 

 

そんな人たちはこちらの記事を参考にして頂ければと。

 

《参考記事》
プロの画家になりたいのなら絵以外に学ぶ事がある。

 

とにかく失敗する事が一番勘を磨く方法

多くの人は一度や二度の失敗で「これはダメなんだ」っと言う答えを出してしまいがちであるが、実際僕もこれまで自分の絵の売り込み方や魅力の伝え方、そして雑談を後回しにしてしまって失敗した事があった。

 

しかし、今思えばその失敗から学んでどういった流れで雑談を進めれば良いのか勘を磨く事ができた。

 

もしも失敗を恐れて何も挑戦していなければ、一切その時点からの成長はなかったと思う。

 

頭だけで考えてしまうと、アイデアや考え方に固執してしまうのでまずは失敗する事を目的として考えていく事もいいかもしれない。

 

失敗は成功の元とよく言われていて、この言葉はあまりにも世間に出回っているせいかあまり響かない人が多いようだが、実際確実にその通りである。

 

今もしも絵が売れなくて悩んでいるのなら失敗ありきで挑戦してみてはどうだろうか?


タグ:  

カテゴリ:絵でお金を稼ぐ 

無名の画家でも出来る個展での戦略術!!

自分はまだまだ無名で駆け出しの画家なのに個展で売り上げを

伸ばす事なんてできるのだろうか・・・

 

あなたが今このような悩みを持っているのなら今回のこの記事は

あなたにとって重要な話をする事になる。

 

僕はこれまで世界中を飛び回り個展をしたり、ライブペイントなどでお金を稼いできたが、現在は沖縄の秘密のビーチで絵を描きながら画家活動をしており、これからは沖縄の国際通り付近でギャラリーを建設する計画を立てている。

今回は僕のこれまでの経験から

 

個展をする時にどこをどうすれば効果が出るのか?

 

何をどうすれば売れ行きが良くなるのか?

 

無名でも活用可能な画家活動なのか?

 

っという重要なポイントについて説明していこう。

 

 

あまり僕の戦略を教えてしまうと真似する人が増えすぎるので本心ではあまり教えたくないが、あまりにも多くの人から個展の効果的な方法を質問されるので、僕の戦略の一部をみなさんにお伝えし、少しでも参考にして頂ければと思う。

 

展示する絵画に説明は必要なのか?

まず展示する作品で必要なものといえばもちろんその絵自体が発信する迫力や魅力、独創的なインパクトを与えるような画力である。

 

これは当然で中途半端に誰でも描けるような作品だと見る側も

「ふ〜ん」で終わってしまう。

 

中途半端な作品を展示するなら
極端に下手(下手ウマ)か極端に上手いかどちらかに振り切っている方が見る側の脳裏には残りやすい。

 

 

 

ちなみに下手ウマな作品について以前に記事にしているのでこちらも参考にして頂ければと思う。

 

《関連記事》

下手ウマな絵を極めると絵描きとして覚醒する

 

 

 

画力は各々のスキルによって異なるし、見る側の感じ方によっても異なるので画力の話は置いておくとして・・・

 

 

よく個展や展覧会を見に行くと
作品と共にその絵の説明文を
展示されているのを目撃する。

 

この説明というのは必要あるのか?

 

っという事なのだが、これは結論から言えば

 

「あればより良い」

 

っという事でありなければないで

僕は全然構わないと思う。

 

 

 

「一つ一つの絵の説明ができなければいけない!」
っという先生方もいるが

僕個人の考えとしては絶対必須ではないと思う。

 

 

 

説明した方がより良く見る側の心を掴める作品もあるし説明がなくても相手の心を掴み、絵を見ただけで何かを感じさせる作品を描く人もいる。

 

そして、

むしろ説明をつける事によって
胡散臭さが出てしまう人もいる現実がある。

 

実際、過去に知り合いの画家に個展を開催するから見にきて欲しいと言われた事があり、その人も作品と一緒にその作品の説明文を展示していたが、読んでいると

 

「これって後付けじゃない?」

 

と感じた事があった。

 

 

 

その人に直接話を聞くと、案の定

「展示する際に説明文が必須と言われたので
無理やり絵の説明を考えた」

 

っと言っていたのだが、そうしてしまうとやはり文章というものは不思議なものでその熱意のなさをこちら側も感じ取ってしまい、胡散臭さ、後付けっという感じまでも伝わってしまうのだ。

 

 

 

中途半端な説明文も展示するなら
もっと他に効果的な文章を展示する方が確実に良いだろう。

 

効果的な文章とは何なのか?

 

これからそれを説明しよう。

 

自分という人間を知ってもらう大切さ。

個展にわざわざ足を運んでくれる人というのは比較的あなた自身、あるいはあなたの作品に興味がある人である可能性が高い。

 

 

そしてその人達は

あなたが展示する作品を
熱心に見る属性の人達である事は間違い無いだろう。

 

 

そこでお客さんの心を掴み、心を揺さぶるような刺激が必要なのだが、効率の悪い間違えた展示の仕方をしてしまうと心を動かせる割合というものが少なくなってしまい、作品購入までに至る可能性を上げるという意味ではまだまだ不十分である。

 

それではどのようにして見る側の人に

 

感動、共感、興味、親近感、尊敬、などの感情を
抱いてもらえるのか?

 

というと・・・

 

 

 

それは、

人生のストーリーを語る文章も
一緒に展示するという事。

 

 

 

 

よく芸能人でもアート活動をして成功させている人もいるが、芸能人はテレビという強力な媒体を使って自分がどのような人間でどのような人柄でどのような人生を歩んで来たのかをすでに視聴者に伝える事が出来ている。

 

 

 

自分の人生、人間性を伝えるという事は非常に大切であり、これによって尊敬や憧れ、興味、親近感など様々な感情を抱いてもらい、より強く作品に感情移入されるようになっているのである。

 

 

 

しかし、僕達のような無名で名前も浸透していない素人はテレビという強力な媒体を利用する事が出来ない。

 

これをカバーできるものが

人生ストーリーの文章も一緒に展示するという事なのだ。

 

 

 

スタート地点としては無名の画家からなのでなおさらこのストーリーの力を利用した方が良いし、この人生ストーリーというものは何も人間だけが利用できるというわけではない。

 

 

 

例えば、売り上げも安定しているラーメン屋が必ずしている事と言えばそのラーメンにかける思いやどのようにして作られて来たのかなどを記載した説明文をお店の目に作ろころに設置している。

 

 

このラーメンが出来上がるまでのストーリーを見せる事で、よりその味に感情移入する事ができ、さらに味が本物であればその人は心動かされその味に感動し、リピーターとなるのである。

 

 

原理はこれと同じではあるが、
絵画を個展をする場合「見る」という事を目的としているので自然と文章の既読率も上がるためそこを利用しない手はないと僕は思う。

 

 

 

今回はストーリーの力を簡単に説明したが、もう少し知りたいと

いう人はストーリーの力について以前に記事にしたのでチェック

しておいて欲しい。

 

《関連記事》
絵を描く仕事をするために知っておくべき最重要な事とは?

 

心を動かす個展戦略

個展をする時の僕の戦略の一つとして考えている方法がある。

 

 

僕は世界各国を旅してきた記録を小説にしてこの世界画家旅人で記事にしているのだが、その文章の一部を(全ての文章だと多すぎるので)展示ボードに貼り付けて世界の写真と共に展示するようにしている。

 

 

写真というのも自分の人生を伝えるために効果的な一つの武器である。

 

 

 

そしてどこの国でどのように感じたのかを小説にしてその過程で描かれた作品を展示する事で見る側の人にも旅の中で得たその時の僕の感情を心に宿す事で感情を動かし、感動させる効果がある事がわかった。

 

 

別に海外の旅でなくても普段の日常から感じた文章を掲載しても良いと思うが、よりインパクトのある話の方が見る側にとってはおもしろみもあるので個展に来た満足感が増幅する事は間違いない。

 

 

相手の満足感を満たす事により
「この人から作品を買いたい」
っという欲求も生まれてくるものなのだ。

 

 

 

しかし、これも中途半端な人生ストーリーだとうまくいかないので正しく組み立てるなら文章術の勉強もしておく方が自分の武器の一つになる。

 

 

結局最終的には人間性が全て

ここまで、
無名の画家でもできる戦略の一つを紹介してきた・・・

 

が・・・

 

 

実際、
ストーリーがどうだ説明文がこうだ話していても、
結局最後は人間性が全てである。

 

 

インパクトがある人間性は無名の画家にこそ必要であり、

なくてはならないものだ。

 

 

「インパンクトある人間性ってどういう意味?」

 

「自分の人間性に自信がないんだけど・・・」

 

っと思う人はこちらの記事で

その解答を記載しているので確認しておいて欲しい。

 

《関連記事》
画家になるなら全てにおいて「平凡」でいてはダメ!!

 

 

まとめ

これまで無名な人だからこそするべき個展の戦略を話してきたが、人があまり来ない立地の個展会場を選んでしまうとこの戦略というのも効果が発揮できない。

 

やはりなんだかんだで、

どこに思い切って投資できるかが

成功の鍵を握っていると思う。

 

 

金額が安ければ安いほどそれ相応の場所にあり、そこそこ値がはる会場やギャラリーだとそれに比例して多くの人が立ち止まる場所になる。

 

ここで投資をケチって出し惜しみしてしまうと
少しの個展費用を払ってあまり人が来ない事になり
結果も出ないという状況に陥ってしまう。

 

どうしても安い場所を借りてするならそこでも人が集まってくるほどの集客力を身につける必要がある。

 

 

集客にお金をかけたくない人はSNSやブログをうまく利用すると良いが、これをうまく利用する場合、これも学んでいかなければならない。

 

 

日本で画家を目指すなら

絵以外にも様々な学びが必要なのである。

 

 

学びは人生を豊かにしてくれるもの。

 

 

これからも生きている限り様々な
知識とスキルを手に入れて次に進んでいこう。


タグ: 

カテゴリ:絵でお金を稼ぐ 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ