カッパドキアを観光して絵に役立つ情報を手に入れる。


カッパドキアのギョレメについてすぐに

宿を確保した僕は悩んでいた。

 

カッパドキアには数多くの観光地があり、

どこからまわるべきなのかわからなかったのだ。

 

世界を旅していると様々な場所で自分の絵に

役立つ場所が存在するがこのギョレメと言う場所は

観光地が無数に存在する。

 

ちなみにこれがカッパドキアからもらった情報を

元に描かれた僕の作品の一部だ。

paint-iwayamaup

 

この絵の事は最後に記載するので見て欲しい。

 

 

同じ宿に泊まっていたキャロルと言う女性が

近くに歴史的にも古いギョレメ野外博物館が歩いてすぐの

所にあると言うので一緒に向かう事にした。

 

日本人観光客はこの時期(9月)はあまり滞在しておらず

宿にも外国人しか泊まっていなかった。

 

僕にとっては好都合であった。

 

なぜなら日本人と旅をするより外国人と旅を

する方が自分の知らない情報をたくさん持っており

刺激にもなるし良い経験にもなるからだ。

 

 

さっそくキャロルとギョレメ野外博物館へ向かう。

 

博物館へ向かう途中の景色も見所がある

博物館にいく途中の景色はやはり地球ではないような

景色が広がっており、そこら中に馬が飼育されている。

turkey_umasougen

 

このような異様な景色は日本では見る事ができないため

画家として貴重なインスピレーションを受ける事ができる。

 

まさに旅は画家にとって貴重な財産を構築していく

一つの手段でもあるのだ。

turkey_iwauma

 

どこを見ても中をくりぬいたような岩山を見る事ができ

僕の頭の中の世界をよりクリアにする事ができ

絵を描く時にもかなりの手助けとなる。

turkey_syonichi

turkey_jimen

 

 

博物館見学は音声レンタルをお勧めする

石畳の坂道を数分歩くとようやく見えてきたギョレメ野外博物館。

turkey_cappadokiaall

 

博物館の入り口で音声案内をレンタルしたいと

言うので僕もその考えに同意した。

turkey_kyaroru

 

説明なしと説明を聞きながら中を見るのでは

感じ方や臨場感も変わってくる。

 

ここで何が行われたのか?

どうしてこんな場所が作られたのか?

などを知りながら見学すると自分の中に

新しい知識が蓄積され、一つ成長したかの

ような感覚も味わえるからだ。

 

インディージョーンズの世界観

さっそく中を見学する。

turkey_capanamae

 

岩をくりぬいただけの通路はかなりせまくしゃがまないと

奥に入る事ができない。

 

まるで冒険しているようだ。

 

インディージョーンズを思わせるような世界観であり、

僕は胸を弾ませながら中に入るのだった。

turkey_capana

 

逃げて来たキリスト信者達

岩山の穴の中には数多くのフレスコ画が描かれていた。

 

ここはリンゴ教会と言われている場所で

なぜこんな所にキリストのフレスコ画が描かれているのだろう?

turkey_caphekiga1

 

実はその昔、多くのキリスト教徒が迫害を受け、

この地に逃げ隠れるように岩山に穴を掘り

多くのキリスト信者がここでお祈りをしていた。

 

カッパドキア様式と言われておりかなり貴重な物となってる。

 

穴をくりぬいたドーム型のアーチを手作業で掘り

これだけ滑らかに形を作れるとは凄い技術だ。

 

キリスト今日の顔がけされているのも

キリスト教をよく思わない人物に消されて

しまったのかもしれない。

 

しかし一方で壁画は年月が経つにつれて削られていくように

消えていくようであり、これはマナーの悪い観光客が

直接触って削れ消えている事も原因の一つでもあると言う。

turkey_caphekiga2

 

これは本物の人骨である。

 

死体と生活生活する昔の人

中には人間を埋葬するためのいくつもの穴が

掘られており、まさに異様な光景とはこの事であろう。

turkey_hakahone

 

人間の死体がすぐ近くにある場所で

生活していたのだと思うと現代では

考えられない思考を昔の人は持っていたのだと感じた。

 

蛇の教会にあるダイニングテーブル

ここは蛇の教会と言われており、

このまわりには蛇のフレスコ画が描かれている。

 

これは現在で言うダイニングテーブルのようなもので

ここで毎晩キリスト信者が集まり神に祈りを捧げながら

食事をとっていたようだ。

turkey_capdinertable

 

岩山の強度の秘密

このギョレメ博物館は2階構造になっており、

岩を掘っただけなのに崩れたりはしないのか?

と思っていたがその心配はないようだ。

 

この岩山は雨が降り水分を吸収する事で

その硬度が上がっていくのだと言う。

turkey_capcarolsita

 

現在のような技術がないこの時代にこれだけの

岩穴を掘るのにはかなりの人でと時間が

かかったのだろうか?

 

想像するだけでも気が遠くなるような

作業の繰り返しがこの素晴らしい岩山教会を

つくりあげたのであろう。

 

絵を描く時に役に立つ想像力を手に入れた

 

このように岩山をくりぬいてできた

教会は世界中にもあるようだがこの

カッパドキアにはその数が比べ物にならない程

無数に存在する。

 

ちなみに僕のこの作品の建物はカッパドキアの

岩山と僕の頭の中の世界が合致した事から生まれた

作品である。

paint-kinosimakame

 

やはり旅をする事によって僕の中に知識が蓄積されていく事で

僕の絵にも影響がでてくるようだ。

 

ちなみに僕は普段僕の頭の中にある世界を描いているが

世界の景色を見る事によってその場所と頭の中の世界が

リンクする事で新しい世界が生まれる。

 

それを描いているだけなのだ。

 

なので僕にスランプと言う言葉は存在しないのである。

 

 

 

さて、明日はどこへ行こうか・・・

 

そんなこ事を思いながら異様な景色を横目に

宿にもどるのであった。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ