画家が英語力をつけると最強の武器になる!?その理由とは・・・


学生の頃は英語の授業が一番苦手で高校のテストの時も
英語なんて自分に必要ないと思っていたのでさぼっていた。

 

aus_englishstudy

 

しかし、現在画家として世界を回っているが、
英語力は画家にとって画力の次に最強のスキルの一つ
だという確信を得ている。

 

今回はなぜ英語が画家にとって必要なのか

実体験をもとに理由をお伝えしよう。

 

 

 

人脈が広がり世界各国に友達ができる

aus_friend

 

僕の場合は公園で絵を描きながら英語の勉強もしていたが、
「あいつ何描いてるんだろう?」

 

っと興味を持った人達が話しかけてきて、

 

そこで英語も上達する事ができた。

 

僕の経験だと一日に最低5人以上は話しかけにきてくれた。

 

友達がその友達の友達に僕の事を話してくれて仕事の依頼を

くれたりする事もあったし外国のアーティストのイベントに

参加させてもらえる事もあった。

 

友達が多ければ多い程応援してくれる人も多くなるのは

当たり前で仕事にもつながるようになるし、

今では数多くの外国人の友達と深く交流していて、
どこの国にいくにも友達を頼りにしていくので普通の観光客には

行く事ができない場所や珍しいレストランなどなど他の人には

味わえない経験をする事ができた。

 

ホテル代や食費が浮く。

hotelfree

これは旅をしているすべての人に共通して言える事だと思うが、
旅の費用の出費は抑えておきたいもの。

 

出会う人の中には英語でコミュニケーションをとって仲良くなったら

家に泊めてくれたり、ご飯をごちそうしてくれる人なんて沢山いる。

 

実際僕も旅の初日で仲良くなったオーストラリアのケアンズ在住の家族に

ディナーを誘われて家にも泊めてもらえる事になった。

 

こういった経験は数えきれないほどあった。

 

絵の仕事の依頼がくる。

newspaper

 

日本では大金を出してまで絵が欲しいと言う人の割合が
圧倒的に少ない。

 

しかし外国では絵に関しての考え方が違うので、
旅中に公園で絵描いてる時にたまたま通りがかったおじさんが声を
かけてくれて英語で少し話しをしただけで絵の依頼をくれた。

 

相手から興味や信頼を得る事ができると驚く程簡単に仕事の依頼を
くれる事がよくある。

 

日本に滞在しながら海外に絵を販売できる

paint_japan1

 

今の時代FacebookやtwitterなどのSNSが発達していて、

簡単に世界中の人とコミュニケーションをとる事ができる。

これはあなたのやる気しだいだが、本気になればこちらから

外国人にアプローチしてどのような絵を描いているのか?

どのような活動をしてきたか?を提示してそこから売り込みに

つなげていける事もあるので試してみる価値はある。

 

 

 

以上が画家にとって英語は最強のスキルである事の理由である。

これはしなければ画家にはなれないと言う訳ではなく

あくまで英語は画家にとって有利に働くと言う話。

 

今後の活動にも大きな影響を与えるので勉強しておいた方がいいだろう。

 

もし興味があるようなら是非挑戦してみてはどうだろうか?

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ