アムステルダムで常識を覆す画家になる方法を考えた刺激的な夜


holland_mansyonnarabi

 

常識とは人間がつくりだしたエゴのようなもの。

アムステルダムでは日本では味わえないような
様々なカルチャーショックを味わう事ができる
常識を覆すには最適な場所なのだ。

 

 

それに街並みも綺麗でどこを写真に撮っても
アートになってしまう。

holland_artpic1

 

僕は画家として世界を旅しているのだが、
アムステルダムでは本当に様々な
インスピレーションや見た事もない
もの、感じたこともない感情を
数多く得る事となった。

 
そのアムステルダムの旅で一番刺激的な
体験を紹介しよう。

 

 

 

この日はいつものように
ラッキーレイクという僕が滞在している
宿のよこにある大きな湖で朝から読書を
しながらのんびり過ごしていた。

holland_mizuumi

 

僕は画家になるために海外を
旅していたのだが、基本的に路上で

ライブペイントをして収入を得ていたが、

チップを払う習慣がなかったり他国に比べて

アートに関心が薄い日本の今の現状を考えると、

日本でライブペイントをしても
安定した収入を得る事ができないと考えていた。

 

 

このままでは一生海外を旅していなければ
収入を得る事がでいないと考え初めていたのだ。

 

 

旅をする事はやめないが、
僕は海外に永住する気はなかったので
いつかは日本で安定した収入を得る方法
を見つけ出さなければならなかった。

 

っとは言え、僕の絵を使ってもらえるように
営業をかけていけばある程度は
生活する事もできるとは思うのだが、
僕は忙しい日々と第三者に絵の仕事を
任せる事に不安があった。

 

 

第三者に仕事を任せるという事は

会社に就職しているのと変わらない。
会社が不景気になれば自分の収入も
不安定になってしまう。

 

つまり自分で収入をコントロールする事が

できないのだ。

 

世間一般では会社に就職する事が
安定に繋がると思いこんでいるが、
この考えは完全に間違えている。

 

 

 

自分でコントロールできない収入ほど
不安定なものはないのだから。

 

 

 

普通の活動をしていても
日本で画家を目指しながらも
結果がでていない多くの画家と
同じ道を歩んでしまう。

 

 

常識的な考え方では成功する見込みは薄い。

 

 

なのでまず常識を覆すような
活動方法を考えなかればならないのだ。

 

そんなわけでラッキーレイクで
安定した収入を得ながらも日本で画家として
活動できる今までにない方法を勉強するために
人の購買意欲を高めるための心理学の
本を読んでいた。

 

 

 

アムステルダムでは朝から昼までは
だいたいこのようなのんびりした
生活をしている。

 

そして夕方になるとアムステルダムの
街を探検しにいく。

holland_im

 

アムステルダムは刺激的で
日本では得る事が出来ない刺激を
得る事ができるからだ。

 

 

街の中を歩いていると
いたる所に大人のおもちゃが販売されている。

holland_eroiomocya

holland_sm

 

お洒落な女性のおもちゃも売られている。

holland_onnano

 

なぜこのようなものを扱う店が
多いのかと言うとオランダは
マリファナが合法だからである。

holland_henptaikai

 

日本の教育ではマリファナは
悪い事と教えられて育つのが常識であるが、、
ここオランダではタバコのような感覚で
扱われている。

 

教育は洗脳と似ており、
自分の目で見た真実でさえ
信じる事がでないようになる事がある。

 

 

 

何が悪で何が正義なのか
自分の目で直接みて確かめなければ
真実はみえてこないのだ。

 

 

そんな事を考えながら
街の中を探索していると
ちんちんのおもちゃをを
窓の外に出している女性がいた。

holland_chinchinonna1

holland_chinchinonna2

 

アムステルダムは本当に刺激的でおもしろい。

 

 

先に言っておくが、ここは怪しい所ではなく
数多くの観光客が歩いている道である。

holland_eroiroji

 

当然子供も普通に街を歩いている。

 

 

そしてもう一つ・・・

 

 

あなたにこれは正義なのか悪なのか
判断して頂きたいものがある。

 

 

これが何なのかおわかりだろうか?

holland_baisyun

 

人はこれを売春と言う・・・

 

 

日本では売春は犯罪であるが、
アムステルダムでは普通の街中で
堂々と売春をしており、もちろん
普通の職業として扱われている。

 

目の前に子供が通っていても
お構いなしに男を誘惑している。

 

しかし、これがアムステルダムの
普通の日常なのだ。

 

 

 

 

PS.

常識に洗脳されていては何も見つからない。

 

得に日本で画家になるには
常識的な活動をしていては
今までの画家と同じ道を歩んでしまう。

 

僕はその画家の常識を突破してしまったので
日本でものんびりしながら絵を描く

生活を手にいれたのだ。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ