どこを撮ってもアートになる!アムステルダムで写真を撮る画家の日常!


holland_syasinkazin

 

どうすれば美しくない写真を撮る事が出来るのだ?

 

どれだけ写真を見返しても全てがアートになってしまう・・・

 

そんな不思議で美しい街がオランダのアムステルダムである。

 

 

街並みは美しく、その中を運河が通っており、
そこには沢山の船が浮かび、人々は幸せそうな笑顔で

アムステルダムの観光を楽しんでいた。

holland_unga3

 

 

僕は世界を旅する画家。

 

絵を描く仕事をしながら旅をしているが、

旅をする前に世界中の写真を取ろうと

一眼レフを購入して写真を撮りためる事にした。

 

 

これまで様々な国の大都市を旅してきたが、

アムステルダムは別格である。

 

 

 

例えば街を歩いていると必ず目に入る

マンションなどですら構図を工夫して撮る。

holland_mansyonkawa

 

するとこのような写真が撮れてしまう。

holland_mansyonnarabi

 

 

僕は絵を描く事を生業としているので

写真は全くの素人であるが、それでもアムステルダムは

このように綺麗で洗礼された写真を自然と撮れてしまう。

 

 

 

実は写真を上手く撮る練習をすると

絵を描く時にも役に立つ。

 

絵なら一枚描くのに時間もかかるし

慣れていなければ失敗してしまうかもしれないが、

写真なら何枚も撮る事ができるので

どのようにして撮れば綺麗に見えるのか?

どの光の角度でどの色合いで撮ればアートになるのか?

などを撮りながら確認する事ができるため、

絵を描く時の構図の参考になるからだ。

holland_aoikuruma

 

そして冒頭でも話した通り、

この街にやってくる人は陽気な人が多い。

 

 

休憩がてらに運河沿いに座り、

昼食を食べながらのんびり過ごしていると

向かいに座っていた少年たちを見て

また何かアート写真が撮れそうだったので

カメラ構えて構図を考えながら何枚もシャッターをきっていた。

holland_syounentachi

 

 

すると・・・

 

 

holland_warikomi1

 

割り込んできた・・・

holland_warikomi3

 

テンションが高い・・・

holland_warikomi2

 

アムステルダムを探検していると

1日一回はおもしろい人に出会えるのだ。

holland_warikomi4

 

 

休憩も終わり、次は買い物を楽しむ事にした。

 

 

街の中にあるデパートですら

アートになってしまう。

holland_depart

 

 

僕は一瞬でアムステルダムの虜になってしまった。

 

 

 

 

しかし、このデパートで面倒な

カルチャーショックに出会ってしまった。

 

 

デパートの2階の洋服店をウロウロしている最中に

急にトイレに行きたくなり、どこにあるの

かわからなかったのでひとまず看板を探す事にした。

 

 

トイレの表示は日本と同じようなもので

すぐわかったのだが・・・

holland_kanbantoile2

 

 

2階にある事はわかるが、

これはどっちを指しているのか?

 

このデパートはロの字型の通路になっていて

この看板だと今いる場所から反対側に行くのか

戻ればいいのかわからなかった。

 

 

あなたはこの看板を見て

「戻れ」の意味なのか

「回れ」という事なのか

どっちなのか理解できるだろうか?

 

 

 

僕はまずコの字に通路を曲がる事にした。

 

しかしそこにはまた同じような看板が・・・

 

 

「あ、っと言う事は戻れと言う意味なのか?」

 

っと思い、また最初の場所から次は戻る事にした。

 

 

 

すると次はまっすぐ進めの看板が・・・

holland_kanbantoile1

 

 

しかし、そこには何もない・・・

 

ただの壁があるだけ。

 

 

 

「トイレどこやねん!」

 

っと一人で同じ通路を行ったり来たりしていたが、

中々見つからず、時間がもったいなかったので

1階に降りてデパートの店員に尋ねる事にした。

 

 

すると「2階にあるよ!」っと言う。

 

 

が・・・

 

 

どこを探しても見当たらない。

 

もう1度店員に尋ねると

「2階にあるよ!」

っと言ってはいるのだが・・・

 

何故か3階を指指している・・・

 

「え?どこ?」

 

っと尋ねると

 

「だから2階にあるって!」

 

っと少しキレ気味で3階を指さしている。

 

 

 

「どっちやねん!」

 

っと思いながら3階に登るとそこにトイレがあった。

 

 

 

後から知った事だが、日本でいう1階は

ヨーロッパでは0階と言うらしい。

 

そしてあの看板は1つ登れという意味だったようだ。

 

 

「わかりにく!」

 

っと文句をたれながらトイレの中にいくと

電車の改札のようなものが設置されていた。

holland_kanbantoileokane

 

おしっこをするのに100円かかるようだ・・・

 

 

 

街には公衆トイレが沢山あるのだが、

ヨーロッパのデパートや駅ではたまに

このシステムを見かける事がある。

 

僕は小銭を持っていなかったので

仕方なく外の公衆トイレでようやく

用を足すことができた。

 

 

すでに外は太陽が沈もうとしており、

賑わいをみせていたお昼のアムステルダムとは違い

落ち着いた雰囲気のある街並みに変貌していた。

holland_ochitukuhuukei

 

夕方のアムステルダムの景色は

何か心が穏やかになるような写真を沢山撮る事ができる。

holland_onnatohune

 

 

もしも綺麗でアートな写真を撮る練習がしたいのなら

アムステルダムが一番良いのかもしれない。

holland_bestshot

 

 

 

 

 

PS.

僕は絵を描く仕事を構築してしまったが、

今の僕の知識ならこの写真を利用して

仕事を構築する事も可能になってしまった。

 

 

なのでそのうち世界中の写真を利用して

収入を発生させるような事もするかもしれない。

 

1度お金の稼ぎ方の知識を学んでしまえば

何でもビジネスとして収入を発生させる事が可能だ。

 

 

 

よくテレビで何億円も抱えた社長が経営破綻して

また新しいビジネスを立ち上げてさらに成功した

っという話を見た事があると思うが、今の僕なら

その理由が理解できる。

 

 

1度成功してしまえば、どうすればビジネスが

成功するのか知識として頭に入っているので

何度でも復活する事ができるのだ。

 

僕も今そのような立場になりつつある。

 

 

なのでこの綺麗な写真を

人の役に立つ事に利用して収益を得る方法なんて

一瞬で思いついてしまう。

 

 

情報は最大の武器とはよく言ったものだ。

 

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ