絵の価値がわからない人と言い訳する人は日本人に多い。


holland_osyareroji

 

なぜか海外を恐れる日本人は多い。

 

絵の仕事をしたいのなら海外にでた方が

早いというのに・・・

 

「英語を話せないから」

「女の子だから」

「いった事ないから」

 

様々な理由をつけて行かない方向へと

もっていこうとする人がかなり多いが、

これはただのいい訳である。

 

 

日本人のほとんどは英語を話せないし、

僕も旅を始めた時は一切話す事もできなかった。

 

旅をしている間に出会った一人旅を

している人は男の人より女の人の方が

多かったし、彼女らに怖くなかったの?

っと尋ねると

「最初は怖かったけど来てみれば別に普通だった」

「なぜ皆やった事もないのにいけないと

決め付けるのか意味がわからない」

っと言っていたし、僕もそう思う。

 

 

海外に行った事ない人なんて

世の中には沢山いる。

 

 

これらは全て頭の中で考えるだけの行為であり、

自分の限界を決め付けてしまい、できる理由より

出来ない理由を探し出す人は何をやっても

そのような考えになるので夢を叶える事は不可能だ。

 

 

 

 

もしも、出来ない理由を探しながら

画家になる夢が叶うのならそれは夢とは言えないだろう。

 

 

僕は世界を旅する画家。

 

アムステルダムで画家活動をしており、

次はドイツに向かうつもりである。

holland_im

 

もちろんドイツは行った事がないが、

何の不安もない。

 

 

一度海外に出てしまえば

思ってる以上に得るものがあり、

恐る事なんて何ひとつない事が

僕の旅を見ていただければわかると思う。

 

そして画家になるにしろ、

何か大きな夢を叶えるにしろ

人と人との繋がりは大切である。

 

海外を旅していると様々な出会いがある。

 

彼の名はジェイク。

holland_tabakojyeik

 

彼とは同じ部屋に住んでいるのだが、

彼も絵が好きで僕の絵を買いたいと

お願いされた。

 

このような出会いは海外にでると

頻繁におこる。

 

外国人は絵の価値観が日本人とは

極端に違い、日本人は何か大きな賞

をとっていないと欲しがらない傾向にあるが

外国人はその本人が気に入れば高い絵でも

簡単に購入しようと決断する傾向がある。

 

 

僕はこれまでこのような出会いがあり、

何枚も絵を売ってきた。

 

それに日本でよくある

「友達だからタダで描いてよ」

っとくだらない事を言ってくる人もいなかった。

 

そこが日本人と外国人の

絵にたいする考え方の違いでもある。

 

 

 

「結婚するからタダで描いてよ」

「新築を建てるからタダで描いてよ」

っと言う人に逆に聞きたい。

 

「1ヶ月タダで会社で働いてよ!」

っと言われてどう思うのだろうか?

 

恐らく「は?何言ってんの?」

っとなるのではないだろうか?

 

それは絵も同じである。

 

 

しかし、そこに気づかず

結婚するからだとか新築を建てるからだとか

いう理由で簡単に頼んでくる人もいる。

 

最近では僕の絵の価値が伝わっているのか

そんな無茶な要望を言ってくる人は

いなくなってきたが、絵を描き始めた頃は

結構頻繁に頼まれていた。

 

外国人ならこのような事を言ってくる人は少ない。

 

なぜなら画家というものを

職業として捉えているからである。

 

なので絵の価値がわからない日本人よりも

外国で活動して絵の価値がわかる外国人に

絵を売った方が効率も良いし、絵で生活

できるようになるスピードも上がるだろう。

 

 

 

例えそれが友人であっても

タダで描いてなんて言ってくる人はいなかった。

 

 

ジェイクと話している時になぜ僕が

いつも帽子をかぶっているのか?

という話になり、実は僕はこの時・・・

holland_zinsu

 

ハゲていたのだ。

holland_zinghage

 

ベルギーに滞在している時に

ジュリアンという友人の家に滞在していた。

 

髪が長くなってきていたので

ジュリアンにバリカンを借りて

彼と話しながら剃ろうとしたら

このような結果になってしまたのだ。

 

 

こんな僕の絵でもお金を払って買ってくれるという。

 

なぜなら絵の価値に気づいているからである。

 

 

僕はこれからも海外を旅し続けながら

絵を描いていき、のんびり時間に縛られない

生活を一生しようと思う。

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

メルマガ読者の声

 画家として生活するために必要な考え方    ZiNARTLIVEPAINT

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ