辛かった…大雨の中で野宿をしたオーストリアの旅


日中の突き刺さるような日差しに

さらされた肌が熱を持ち、どの体制で

寝転がっても皮膚の表面をヒリヒリとした

感覚が走り抜ける。

 

穏やかに流れる川、それに寄り添うように

長く続く歩道がある。ポツポツと等間隔に

設置されている街灯の明かりの下にある

ベンチの上に寝転がり、ハンガリーから

オーストリアまでの長旅の疲れを癒していた。

 

川の上を吹き抜けてくる少しひんやりとした

風を感じながら、明日の朝までここで時間を

潰さなければならない。

今日の昼にここオーストリアのザルツブルクに

到着したのだが、宿を予約していなかったので

どこかに宿がないか散歩しながら宿探しに出かける事に

したのだが、日中の日差しと長旅の疲れがったため、

この川沿いの日掛けのベンチに寝転がって

休憩していると、いつのまにか夜の8時頃まで

寝てしまっていた。

 

これ以上宿を探すのも面倒だったし、

これまで何度も野宿をしてきたので

「今日はもう野宿でいっか」

っとなってしまった。

 

ザルツブルクは世界中から

観光客が集まってくる街で治安も良い。

 

これまでの経験からこのような

裕福な街で寝ていても別に何の問題も

なかったので少しも警戒する事はなかった。

 

 

お腹が空いたので近くのスーパーで

ハムとトマトと野菜、そしてビールを購入し、

再び元いたベンチに座り、ハムにトマトと野菜を

挟むだけの簡単な晩ご飯を口の中に押し込み、

そのままビールを流し込む。

 

景色の向こうのボーと光る

街の明かりを眺めていると、

「自分は1人で海外にきてる行動している」

っという実感を突然強烈に感じた。

 

酔っぱらっているせいか、

1人で海外を旅し、野宿している

自分が誇らしく感じてくる。

 

この時はまだこの先、どのくらい

旅を続けるのか決めていなかったので

できるだけ節約していたのだが、

野宿に関しては普段から率先して

挑むようにしていた。

 

その方が後から絶対に

画家活動の役に立つ経験となる事を

直感的に理解していたからである。

 

一見、野宿と画家活動は関係ないような

気がすると思うだろうが、この経験は

間違いなく画家活動の役に立っている。

 

なぜなら今こうしてあなたに

僕の歩んできた道を伝える事で

事細かに僕のしてきた活動を伝える事ができる。

 

そして人が絵を買う時は、その絵以外にも

その絵を描いた人の背景、つまり

どのような活動をしてきたのか?

どのような人柄なのかを見る事も

この旅の経験からわかっていた。

 

その事から日本に滞在していた時は

バイトをしながらただひたすら

絵を描き続けてきたが、それだけでは

意味がない事をこの旅で悟った。

 

しかし、もしも日本で画家活動をするしか

方法がないと言うのなら下の記事を参考にして欲しい。

 

バイトをしながら絵の仕事を構築していく方法

すっかり酔っぱらってしまった僕は

バクパックを枕代わりにいつのまにか

寝てしまっていた。

 

それから何時間経過しただろう。

 

大粒の水滴がまぶたの上に落ちる。

 

そしてそれは次々と僕の顔の表面に

ぶち当たり、顔の側面を伝って

下の方向へと滴り落ちていく。

 

その感覚を不快に感じ、

僕はようやく目が覚めた。

 

「雨?」

 

そう思った瞬間にまるでバケツの水を

ぶちまけたような強烈な雨の大群が空から

振ってきたため、僕は急いでバックパックを

背負い、どこか雨宿りができる探すため

あてもなく走りだした。

 

しかし、中々雨宿りができる場所が見つからない。

 

その間にも問答無用で雨は体を濡らしていく。

 

もうすでに靴の中の靴下には

水が染み込み、それを踏みしめる度に

行き場のない水が靴の中に充満し、

不愉快な感覚で満たされていく。

 

そんな時、ちょうど目の前に

マンションが見えた。

 

マンションの一階のベランダの下に

50センチほどの狭い隙間が見える。

 

この際、贅沢は言ってられない。

 

なぜかこの街には雨宿りをする場所がないのだから。

 

どこかのホテルまで行くのも

かなりの距離歩かなければならない。

 

もしも空室がなければ

またこの雨の中を長時間

歩かなければならなくなる。

 

その方が面倒だったし、

僕は今すぐ睡眠をとりたかった。

 

それが例え、マンションの一階のベランダの

下であってもだ。

 

体が疲れきっていたので、そのまま

バックパックをベランダの押し込み、

僕も地面に寝そべりながら滑り込むように

ベランダの下の狭い隙間に体をねじ込んだ。

 

これでどうにか雨はしのげる。

 

あと4時間程度ここで過ごせば

体も回復して宿探しをする事ができる。

 

とりあえず今はここで眠ってしまおう。

 

そう考える間もなく僕は

ベランダの下で寝てしまっていた。

 

相当体が疲れていたのだろう。

 

しかし、自然の脅威はそれだけでは済まなかった。

 

雨は止むどころか、らさらに強烈に

水量を増しながら降り注いでいた。

 

その水は僕が寝ているベランダの下に

大量に流れ込んでくる。

 

もう地面の上と言うより

水の中で寝ているようだった。

 

しかし、それでも僕は睡眠をとる。

 

水に濡れている程度では

この時の僕の睡眠を邪魔する事はできない。

 

それほど疲れていたのだ。

 

そして考えようによっては雨が振って

ラッキーだったかもしれない。

 

今日はまだシャワーを浴びていなかった。

 

「これは天然のシャワーだ。

汚い汗が流れおちているんだ。」

 

そう自分を納得させ、

雨の中で寝るために理由を正当化し、

そのまま滝のような雨の固まりを

体に浴びながらも寝てしまっていた。

 

次に目がさめるとすっかり

辺りは明るくなっており、

昨日の雨が嘘のように青空が広がっていた。

 

疲れきった体を引きずるように

ベランダの下から抜け出すと

不思議な事にあの状態でも

熟睡できたようで頭の中は

スッキリしていた。

 

そして僕は再び宿を確保するために

歩き始めたのだった。

 

 

 

 

PS.

今思えばこの時は寝たというより

意識を失ったような気がする。

 

これがこれまで経験した野宿で

一番辛かった経験になった。

 

しかし、この経験すらも

僕は自分の画家活動のための

武器に変える事ができる。

 

今ではこの時、頑張ってわざわざホテルを

探さなくてよかったと思っている。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ