下手ウマな絵を極めると絵描きとして覚醒する


自分の中から溢れるものをキャンパスの上で
表現し、なおかつそれが人を魅了させ、
「どうしてもあなたの絵が欲しい」
っと言わせてみせる。

 

そんな事を夢見ながらも絵が下手で
中々上達しない事を理由にその夢を諦めた

絵描きはこの日本に何人いるのだろうか?

 

もちろん諦めた理由も人それぞれ違うと思う。

 

今の日本では芸術家に対しての保証がなく
「私は画家だ」と名乗ると大抵の人は
貧乏画家をイメージするだろう。

 

それこそが、絵を描いて生きようと夢見ている人の
心を折る原因の一つになっている事は間違いない。

 

 

僕は絵が本当に下手で素人以下の画力しか
なかった時から絵を描いて生きる生活に憧れ続けていた。

まわりの

「絶対に画家は無理」

 

「よくても貧乏画家。結婚はできない」

 

「こんな画力で画家になれると思っているの?」

 

っという批判的な声には一切耳を傾けず、
ひたすら自分の表現したいものを追求し続ける
生活を送っていた結果、いつの間にか画家として
生きていける程までに成長していた。

気がつくとまわりの対応が変わっていた。

「ZiNさんの絵はどこで買えますか?」

 

っという問い合わせがくるのが当然のようになったのだ。

 

 

このように絵が下手でも絵描きとして生活できるように
なれる方法があるというのに、今の日本人は
その事を知らずに、行き当たりばったりな
活動方法をしてしまい、結果的に多くの人が
歩んできた「挫折」という道を歩んできてしまう。

 

前置きが長くなってしまったが、
僕のこれまでの出会いと経験を生かし、
今回は自分の絵が下手だと思い込んでいる人
特徴と対策をお伝えして、絵描きとして
これからどのように行動し、なおかつ
何を考えて活動すればいいのか伝えしようと思う。

 

まずは2つのスタイルのどちらかに的を絞る

自分自身の絵が下手だと思う人の大半が
誰か憧れの画家やイラストレーターの絵を真似し、
それと比べてしまい、「下手」という
概念が生まれてきてしまう事がわかった。

 

 

ここで認識しておいて欲しい事がある。

 

それは

 

「憧れているアーティストを追い続けてはいけない」

 

っという事である。

 

絵が下手だった僕も最初は他人の絵を
真似して描いていたが、それを続けていると

必ずといっていいほど、

途中で立ち止まってしまう事に気がついた。

 

なぜならすでにその道には
憧れのアーティストという大きな人物が
前を歩いているからである。

 

 

 

前に本物の人がいれば
後からきてもその人を追い越す事はできない。

 

 

全く同じ道を進もうとしているのだから。

 

 

追い越す気がないと言うのなら

そこで画力の向上は止まってしまい
世の中に溢れている挫折する人の内の
1人となってしまうだろう。

 

 

 

少しだけ道をずらし、
自分だけの脇道を見つけ出し、
その道を突き進んで行く。

 

そうすると、それが自分だけの道に
大きく変化していくものなのだ。

写実的な絵や一般的に言われる
いわゆる「上手い絵」を目指す人は
独創的な世界観と画力を上げる
という方向性へと進まなければならないという事。

 

これが1つ目の絵描きとしてのスタイルである。

 

2つ目のスタイルとは?

一方、上手い絵とは反対に「下手ウマ」
言われるスタイルの画風があるのをご存知だろうか?

 

絵が下手だと絵描きとして生きていけないと
思い込む人も中にはいると思うのだが、
その考えは間違いだという事を理解して頂きたい。

 

 

現に下手ウマな絵を描いて世界的に有名になった
アーティストがこの世には多数存在するのである。

 

例えば今はすでに他界してしまった
バスキアは落書きのような絵をモチーフに
絵を描いていたが、それでもアーティスト、
画家として生涯をとじたのである。

画力があるわけでもないのになぜ
世界的にも有名になれたのか?

 

それには理由があるのだが、ここでは
話すと長くなりすぎるので省略するが、
(気になる人はZiNARTメールマガジンに
記載しているので読んでおいて欲しい)

 

とにかく彼の人生から絵が下手でも
その絵を描く意味合いや世界観を提示する
事によってアーティストとして歴史に名を刻む事が
できる事の証明を残してくれたのである。

 

絵が下手でも気にする事はない

絵が下手な事をコンプレックスにしている人が
いるのだが、なぜそれがコンプレックスになるのか?

 

 

 

それは他人の目を気にしすぎているからである。

 

 

 

もしもこの世にあなた1人しかいない世界が
あったとしたら、「絵が下手」という概念すら
生まれず、一心不乱に画力を上げるか、もしくは
下手ウマな絵の世界観や表現方法を広げていくに違いない。

他人は関係ないのだ。

 

ようはどれだけ自分の内にあるものを
キャンパスの上で表現できるのかにかかっている。

 

 

この事から「下手ウマ」が2つ目のスタイルであり、

下手な人は下手ウマな絵を極めていけばよい

と言う事になり、また、それがスタイルが確立された時に

あなただけの世界観が誕生するのである。

 

絵描きの道成功までのプロセスを明確にするメモ作業

今、もしもあなたが絵描きとして悩んでいるのなら

確実にしなければならない事がある。

 

それは

『自分を世に出す方法を考える』

と言う事。

 

「だからそれがわからないの!!」

っと反論がきそうな答えだが、

結局の所、出来ないと思う人は高い確立で

 

『どうすれば自分を世に出せるのか?』

っという事のプロセスを本気で具体的に映像として

イメージできていないと言える。

 

そんな人は、騙されたと思って

今すぐノートやメモ帳に書きだしてみて欲しい。

 

現在から成功までに自分に必要な武器は何なのかを

書く事により脳の中で具体的に映像化できるので。

 

そしてその必要な武器を手にいれるには

今から何をすべきなのか?

どうすればそこにたどり着けるのか?

 

これを時間をかけて思いつくだけ

書きだしてみて欲しい。

 

1ヶ月経つ頃にはそこに隠れた道が見つかるはずだ。

 

 

まずはプロセスを明確にするイメージ。

 

そこから始めていけば良い。

このノートにメモするという行動を

甘く見る人ほどそのまま泥沼にハマっていくだろう。

 

正しい方法をとるチャンスを

自ら無くてしてしまっている事に

気付けていないのだから。

 

プライドが高ければ高い人程、人の言う事を

受け入れられないが、そのくだらないプライドは

捨てて一度試してみて欲しいと思う。

 

どうしてもこの先に何をすれば良いのか

迷ってしまうと言う人は僕に直接相談して頂ければ

最適な道を一緒に考えていく事ができると思う。

 

 

もちろん

「自分の絵が下手すぎて恥ずかしい」

のようなプライベートな質問でも良い。

 

僕は絶対に相談内容を他にもらさないように

しているのでそこは安心して頂ければと。

 

楽しく相談会できればなお楽しい。

これはまた今回の記事とは関係ないかもしれないが、

僕のメールボックスには毎日アーティスト達からの

相談メールが1日30件〜40件届く。

 

メールだと面倒なので会える時は

直接会って話し、どうすれば良いのか教えている。

僕は1人が好きなので

このような集まりはたまにしかしないが、

沖縄に移住した際には毎日同じビーチで

絵を描く生活をしているので、そこに

集まって頂ければと思う。

僕は相談にのるなら

楽しみながら相談にのれればと考えているので。

 

もちろん日本全国どこかを

訪れた時はその際に報告させて

頂くのでZiNARTメールマガジンに

連絡先やLINEをのせているので、

そこから直接連絡を頂ければと思う。

 

 

ちなみに僕が教えた事を忠実に実行に

うつせた人はすでに成功してしまった。

 

あと、僕は海外からの絵の仕事も提供している。

 

試験はあるが、すでに数十人の合格者が現れ、

彼らは今、次のプロジェクトにむけて

新しい活動を始めている。

 

この活動はいつまで出来るかわからないが、

今ならまだやっているので是非挑戦してみて欲しいと思う。

 

 

 

PS.

これだけ言ってもチャンスを逃す人は逃す。

 

早く気付いて欲しいが、プライドが邪魔をする人は

もう放っておくしかできない。

 

まぁネットで初対面の人を信用しろというのも

難しい人には難しいので仕方のない事でもあるのだが・・・

 

そうなればどれだけ僕が頑張っても

お手上げなのでチャンスを掴む人と

これから楽しくイベントなどを企画できればなと思う。

 

人と人との繋がりは大切に。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ