画家の年収は1年勉強するだけで激変する。


mexico_atorie

 

画家になるとどのくらいの年収を

得る事ができるのか?

 

 

 

 

その前に絵の仕事だけで

食べていけるほど稼げるのだろうか?

 

このような質問メールを頂いたので

今回はその事について語っていこうと思う。

 

 

絵を描くのが好きで、それを職業にしたいと

夢を抱いている人は多い反面、それを

現実にできずに諦めていく人の割合の方が

多い事は今の日本のアート業界の現状を見れば

明らかである。

 

 

年収うんぬんの前にまずはなぜ

日本では画家になれrない人の方が多いのか

という事を説明しなければならない。

 

 

この世界画家旅人でも何度か

話しているので詳しい事は省略するが、

今の日本のアート業界には闇があり、

海外と比べても明らかに大幅な

遅れをとっている事に気づいている人も

いるのではないだろうか?

 

 

それになぜ大幅に遅れているのかというと

アート業界の闇に加え、海外では当たり前と

されているセルフプロモーションを

日本では学べない事も原因とされている。

 

 

セルフプロモーションとは簡単に言うと

芸能界でいう「キャラ作り」である。

 

コリン星やちぇるちぇるランドなんて

ない事はわかりきっている事ではあるが、

そこから不思議なキャラクターを生み出し、

うなぎのぼりに人気が向上している。

 

これを素人がするのは困難・・・

 

っとは言えない。

 

 

なぜなら僕の事何て誰も知らなかったが、

今では旅をしながら絵を描く仕事をしている。

 

絵の売上も上々でこの先もお金に困る

事もないし、年収も月日が経つにつれて

上昇し続けているからである。

 

 

ハッキリ言って僕のような生活をしている

画家は日本には1人もいないと断言する事ができる。

 

 

 

ちなみに僕がどのような活動をして

今の生活を手にいれたのかは

ZiNARTメールマガジンを読んで頂ければ

理解できると思う。

 

 

 

画家として生活するのなら

画力も必要であるが、素人画家なりの

セルフプロモーションの活用方法を学ぶ必要がある。

 

 

もちろん公募展や個展をして

一発逆転というような王道の道も

存在するが、それではひと握りの人しか

成功する事ができないし、その前に

アート業界の闇がその夢を邪魔するので

成功する可能性は極端に低くなると言える。

 

 

このような事を踏まえて今一番

現実味のある画家になる流れとしては

まずは画力向上。

 

そして次にどのように

あなたという人間を世にだしていくのか

というセルフプロモーションを学ぶという事である。

 

ちなみにこのセルフプロモーションは

日本の芸大や美大にいっても学ぶ事はできない。

 

なので僕ハワイで出会ったシュビという

アメリカ人からその方法を事細かに学び

約1年間勉強しながら実践してきた。

 

 

その結果が今の自由な生活である。

 

僕は会社を起こしたわけでもなく、

従業員も雇っているわけでもないので

時間を自由にコントロールする事ができる。

 

好きな時間に起き、

食べたいものを食べ、

絵が描きたくなればビーチの前で絵を描く。

zamami_syuucyuu

眠くなれば海の音を聞きながら

ビールを飲んで昼寝をし、

熱くなればそのまま海に飛び込んで

リフレッシュする事もできる。

 

そして日本食が食べたくなれば

すぐに航空チケットを購入して

一時帰国する事もできるのだ。

 

それに年収が旅費を上回る事もなく、

画家としては結構贅沢な生活をしていると思う。

 

 

 

それもこれも絵の修行をしに

オーストラリアを旅した事から始まり、

その中でセルフプロモーションの大切さを

学ぶ事になり、素人画家に合わせた

プロデュース方法を勉強した事からである。

 

 

もしも、今現在

絵で生活できていないと言うのであれば

個展や公募展にだす前にセルフプロモーションを

勉強した方が良いのかもしれない。

 

日本画家では初めてのその方法も

僕のメルマガで語っているので

興味がある人は是非。

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ