原画を2200万円で購入したいという人が現れたハワイライブペイント



ハワイは今アートにこれまで以上に力を入れている。

 

なぜならこれから先の未来は
AIに人間の仕事を奪われる時代が訪れ、
人間にしかできないクリエイティブな
発送が重要視されていく事をアメリカ人は
すでに気づいているからだ。

 

10年先、20年先の未来の世界を
生き抜いていこうと思うのであれば
人間の脳からしか生まれない
アートや芸術の分野を極めなければ
今以上の就職難になる事は間違いないし、
すでに今ある職業がロボットに奪われる
リストも上がっている。

 

その中でも特に絵というのは
一人の人間からしか生まれない
ロボットに太刀打ちできる一つの手段だと言える。

 

本当に絵を描いてきてよかった。

(まだ途中の段階)

ハワイでライブペイントをしていると

 

「美しい!」「すごい才能だ!」

 

「こんな感じの絵は今まで見た事ない!」

 

「頭おかしいぜメ〜ン」

 

声をかけてくれる人は皆驚きの表情と共に
僕にこんな言葉を投げかけてくれる。

そして僕がこれから進めていく人生計画。

 

沖縄に僕の個展会場とホテルを
合体させたものを建て、そこに
世界中の人が集まってくるようにする。

 

その空間で様々な出会いが
訪れる事になれば僕自身も
かなり楽しい人生を送れるだろう。

 

この人生計画の話をすると
完成したら皆遊びにきてくれるという。

この中でも特に僕の作品を欲しいと
強く思ってくれた人は間違いなく
遊びに来てくれる事になるだろう。

 

ハワイのライブペイントを開始してから
1週間程度で仕事が山のように入った。

 

その中では今描いている作品を
いくらでもいいから売って欲しいと
お願いしてくる人もいた。

 

ハワイでライブペイントをしていると
桁違いのお金持ちの人達と数多く出会う事となる。

 

アート購入率は中国人が全体の70%で全世界1位


ハワイライブペイントが7~8日目を
迎えた時、衝撃的な出来事が起こった。

 

それは僕がいつものように
ワイキキビーチでライブペイントを
しながら話しかけてくる人達と話している時だった。

 

サングラスをかけたアジア人の男性と
恐らくその妻であろう女性が違う観光客と
楽しく話をしている僕をじっと見つめている。

 

 

一通り話も終わり、他の観光客が
その場を立ち去った後にその
サングラスをかけた男性が
近寄ってきたので僕は挨拶をした。

 

「アロハ〜」

 

すると彼は僕に挨拶を返し、
すぐさま絵の事について質問して来た。

 

「これアクリル画?ハワイに住んでるの?」

 

僕は日本を拠点に活動している事と
毎年年末年始はハワイでライブペイントを
しに行るという事を伝えた。

 

「僕も絵は好きなんだけど、こんなタッチの絵は
今まで一回も見た事ないね〜買いたいな〜」

 

っと言うのですぐさま、この作品は
お金を稼ごうと思って描いているわけではなく、
僕が将来沖縄に個展会場とホテルを建設する時の
ホテルのドアに埋め込む作品なので
販売はする気はないと説明した。

 

「そっか〜・・・もしも売るならいくらで販売する?」

 

絶対に売る気はないが、
一応金額にするとしたらという
例え話をする事にした。

 

「絶対に売らないけどまぁもしも
売るなら片方の作品だけで100000US$
(日本円で1100万円くらい)くらいかな〜
だから2つで200000US$になるね」

 

「本当?じゃあどっちも今買うよ!」

 

冗談かと思ったが、それからしばらく
話をしていると、どうやら中国で
会社経営をしている社長だったようだ。

 

それからしばらく絵を売って欲しいと
交渉され続けたが、僕は絶対に売らないと
決めていたので販売はしなかった。

 

それに2千万くらいなら
今の僕ならすぐにたまってしまうし
大切な作品まで売ってお金を稼ごうとも思わない。

 

 

お金が全てではないし
画家がお金を持ちすぎると
あまり良くない事はこれまでの
経験から実感している事でもある。

 

実際、後でよく考えると100000US$では
足りないくらいの価値(僕の気持ち)
はあるのかもしれない。

 

それにお金持ちからすると
100000US$なんてお金は
一般の人の5万円くらいの
価値でしか無いのかもしれない。

 

この後も絵を販売して欲しいと
5人ほどに言われたが、皆決まって
会社経営者やビルを持っている人達ばかりで
その内の3人は中国人だった。

 

 

今世界のアートマーケット市場の
購入者の70%が中国人だという
話を聞いていたが、実際このハワイ
ライブペイントでその状況を体感してしまった。

 

経済大国中国恐るべしである。

 

PS.
動画の中のおじさんは僕の
動画を撮影しているスタピライザーに
興味を持っていた。

 

スタピライザーで撮影していると
「これめっちゃかっこいいやんメーン」
っと言うので絵の事だと思って
お礼を言っておじいさんをみると
絵の上に設置していた三脚をガン見していた。

 

これは結構面白かった。笑

 

あとワイキキビーチでみるカウントダウンの
花火は最高だった。

 

 

人も思っていたほどいなかったので
ゆったりしたスペースで新年を迎える事ができた。

 

 

ハワイで友人も沢山できたので
これから毎年ハワイライブペイントに
行って友人と再開するのが楽しみだ。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ