衝撃の村ニンビンでオシャレ白目おじさんと遭遇した話


オーストラリアのバイロンベイからバスで

約1時間ほどの所にある村『ニンビン』

 

宿で一緒になった日本人の友人がニンビンが

何やら特殊な村でおもしろいらしいと噂を

聞きつけたので僕らはバスでニンビンに向かう事にした。

 

バイロンベイから西にひたすら走る。

 

ニンビンへ向かう途中は山の中に入るので

奇麗な景色を見ながらニンビンへ行く事ができる。

 

 

 

先に言っておくが良い子はこの村に行ってはいけない。

 

カルチャーショックで頭が変になるので辞めておきましょう。

 

 

 

そして、ようやく到着してニンビンの村を探検する事にした。

ninbin_karahuru

 

かなりカラフルな色合いの村であるが、

雰囲気は以外と穏やかな時間が流れている。

 

バイロンベイで絵ばかり描いている日々が

続いていたので、たまにはこうして

違う場所を観光するのも悪くない。

 

それにこの村はなんだかレトロなアートが

沢山あり僕の絵にも多いに影響を与えてくれる。

ninbin_kuruma

 

 

ニンビンは本当に小さな村で3時間もあれば

村全体のお店をまわる事ができる。

 

 

ここにはヒッピーが多く住んでおり、

自由に生きたい人が世界中から

集まってくる村とも言える。

 

僕も自由に暮らしたいとは思っていたが

山の中の村は海がないためここでは住めない。

 

 

僕は海が無ければ力がでないし

絵を描く気力も奪われてしまうのだ。

 

 

 

 

村を歩いているとある事に気付く。

 

どこの店に入ってもマリファナの葉を

モチーフにしたお土産がおいている。

 

 

 

 

 

そう・・・

 

実はここはマリファナ合法の村とも呼ばれている。

 

 

 

一応オーストラリアでは違法なのだが、

オーストラリアではマリファナの取り締まり

が日本と比べても、それほ厳しくはなく

世界でもマリファナを合法にしている国は

数多く存在する。

 

アメリカのオバマ大統領もマリファナは

アルコールやタバコより中毒性が低く、

犯罪に繋がる確立が低いと国会で発表している。

 

 

 

しかし、何度も言うが良い子はやってはいけない。

 

それだけは確かな事だ。

 

 

 

 

小さい村なので、すでに村のお店全てを

見る事ができた僕はカフェでコーヒーでも飲んで

休憩する事にした。

 

 

するとそこのテーブルで

何やらゲームをしているおじさん連中がいた。

ninbin_ojisantachi

 

何のゲームをしているのかは意味不明ではあったが

かなり楽しそうに4人で笑いながらゲームを続けていた。

 

何だか絵になる人達だなと感じたので

写真をとらせて欲しいとお願いすると

一番テーブルの奥にいる穏やかな低い声の

おじさんが「いいよ!」

と笑いながら承諾してくれた。

 

 

何のゲームをしているの?

 

と聞いてもこの頃の僕はあまり英語を話す事も

聞き取る事もできなかったので、ゲームの説明を

聞いても理解する事ができなかった。

 

 

 

 

一番左に座っているおじさんに興味を持った僕は

 

「おじさん!カッコイイスタイルしているね!写真撮っていい?」

 

と話しかけるとそのおじさんは

わざわざ帽子をとって白目を向きながら

自慢げにカッコイイ手ぬぐいを僕に見せてくれた。

ninbin_doyagao

 

 

 

白目と手ぬぐいを見せてくれたのはいいが、

僕はさらに気になる事を発見した。

 

 

 

これは最初に見たおじさん。

ninbin_bousi1

 

 

そしてこれが写真を撮ってもいいか頼んだ後に

快く承諾してくれてカッコイイポーズまで

とってくれたおじさん・・・

ninbin_bousi2

 

帽子を重ね着している!!

 

こんなスタイル見た事もない。

 

彼は田舎の村に住みながらも

最先端のファッションを取り込んで

オシャレに生きるおじさんだったのだ。

 

 

そんなおじさん達がいるカフェで

ニンビンコーヒーを飲みながら

友人と話をしているとようやくバスが到着した。

 

 

帰りは少し雨が降っていたが、

後は帰るだけだったので何の問題もなかった。

 

 

 

しかし・・・

 

 

バスの帰り道に見た事もない光景を目の当たりにする。

 

 

 

牛の群れがバスが通る道を横断している。

nimbin-usijyama

 

牛の列は何十メートルにもなり

バスが走りだすまでにかなり時間がかかる。

 

これは日本では滅多にみれない光景だと

思いカメラにおさめていると、

ようやくバスが走り出した。

 

 

オーストラリアは自然豊かで日本では

感じる事のできない光景を見る事ができる。

 

 

得に僕は大阪出身なので

このような大自然に行くとなると

車で数時間走らなければならない。

 

 

生まれは宮崎なので実家に帰ると

田舎の風景に癒される事がある。

 

 

 

ニンビンは田舎すぎるほど

田舎の村であるが、僕が滞在している

バイロンベイは大都会と田舎のちょうど間

のような雰囲気の町なので僕にはちょうどよかった。

 

 

将来は沖縄に自分の個展会場と合体した

数人だけ泊まる事ができる宿を建てて

一生絵を描きながらのんびり暮らしたいと思っている。

 

 

 

今でもこの夢だけは実現できてはいないが

今現在の生活をしていれば絵でお金も稼ぐ事が

できているので、あと数年でその夢は現実に変わるだろう。

 

 

 

 

僕は様々な夢を持ちながら世界を旅してきたが、

個展会場宿を建てる以外は夢を現実に変えてきた。

 

このバイロンベイの旅もそれらの夢を叶えた

要因の一つとなっている。

 

 

 

 

バイロンベイに到着するとすっかり辺りは

暗くなっていたので今日は絵は描かずに

友人と話して一日が終わった。

 

 

 

そして明日は路上でライブペイントをして

どれだけ稼げるのか試しにやってみる事にする。

 

その話の結果は次回の

オーストラリアの旅の記事で公開しようと。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ