画家として有名になりたいなら「あれ」を正しく使う事が重要


26641540290_a93d90f0b9

大昔の画家が有名になろうとするのと現在の画家が有名になろうと

するのでは天と地ほどのチャンスの差がある。

 

 

大昔の画家は作品を口コミでしか伝達する手段しかなかったが、インターネットが普及した現在ではパソコンの前に座りボタン一つで海外の人達にも作品を見てもらう事ができるようになった。

 

 

僕が世界43ヶ国以上を旅してきた中で出会った画家やアーティストは必ずと言っていいほどFacebookやtwitterなどのSNSを利用している。

 

しかし昔の人と比べるとかなりの確率で作品を世に広める事ができる現在なのにも関わらず日本で画家になる事は難しいと言われている。

 

日本と海外の壁

26678980416_441fc8c1fd

外国人は日本人よりも絵に対して興味や関心があるのは僕が旅の中で経験して知った事実であるが、多くの日本人は英語を話せないため海外に作品を発信しても写真だけという人が多いので作品を見た人とコミュニケーションをとる事ができないのが最大の問題点だ。

 

もしその作品が独創的で誰にも描けない絵だとしても外国人は「すごい!かっこいい!」などで終わってしまう事の方が多いのだ。

 

日本人だけに発信するなら?

26170988273_7a5a4f1cc4

英語が話せないのなら日本国内で作品を広めて多くの人に知ってもらうしかない。

 

しかし多くの人は効果的な正しい宣伝方法を知らないのではないかとFacebookなどのSNSを見て強く感じた。

 

 

 

例えば作品だけをFacebookやtwitterなどに投稿する・・・

 

絵に興味がある人はその作品を描いた人の事を調べたりするかもしれないが大半の日本人は絵を見るだけで終わり、そのままスルーする事の方が多いのではないだろうか?

 

 

 

もちろん日本にも絵が好きで描いたり集めたりしている人はいるが、その人達が求めているのはやはりどんな人が描いたのか?という事だ。

 

日本は学歴社会と言われ絵を描いた人がどこの芸大にいき、どんな受賞歴があるのかなどを見てからその作品が欲しいとなる傾向があるので、そういった事も含めてSNSに投稿すると効果が現れるかもしれない。

 

 

 

僕の場合は海外でライブペイントをして宣伝活動をしているため興味がある人だけが僕にコンタクトをとれるような形にしてSNSにはその活動をアップしているだけだが、こういった活動をしていないのならやはりSNSをうまく利用して自分の考えや、作品への思いを伝える事で見てくれる人がどんな人物なのか分かりやすいように伝える必要があるのだと思う。

 

まとめ

SNSを利用して宣伝する時は作品だけをアップするのではなく、その作品を描くにいたった経緯や考え、そして自分が何を目的に絵を描いているのかを伝える事が正しいSNSの使い方のだと考えている。

 

しかし一番簡単で効果的な宣伝方法は海外にでて直接人と接するのが一番いいのだと僕の経験から感じた事なのでできるならば国内で画家やアーティストを目指している人は海外へ行き、様々な刺激をうけ、また新たな作品を世に知らしめて欲しいと願うばかりだ。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ