トルコの旅の始まり・・・初日は野宿をする事に。


僕は飛行機に乗っている。

 

マルタで出会った友人に別れを告げ、

次はトルコを目指していた。

 

トルコにはスタークォーズの撮影でも使われた

世界的に有名な場所「カッパドキア」がある。

 

 

ここは違う惑星か?と思わせるような

異様な光景が広がっている。

 

トルコへ来た目的はそのカッパドキアで

インスピレーションを感じ、絵を描く時に

また新たな表現方法ができるようになる事が目的である。

 

無事トルコの空港に到着したのが深夜1時。

turkey_nojyuku

僕は旅をする時は基本的に何も決めないようにしている。

 

その方が人に聞く癖がついて良い出会いが多いからだ。

 

 

しかしこの日は宿も予約していし、すでに深夜の1時だったので

夜中に宿を探すのも苦労するのでこのまま空港で野宿をする事にした。

 

空港の外にあるベンチにバックパックを置いて

枕代わりにして寝ていたが盗まれてはいけないと思い、

ひもを腕に巻き付けて寝る事にした。

 

 

中東はスリや強盗が多いイメージだったが、

どこの国に行っても空港での野宿は比較的安全

と言う事を今までの旅の経験から知っていたので

少し安心して寝る事ができた。

 

 

外のベンチで爆睡してしまった僕は朝の8時に目覚めた。

 

そして今日の宿を探すため、空港から一番近くて都会の

有名な街イスタンブールへ電車で向かう事にした。

 

電車に乗る時に文化の違いを感じた。

 

日本では電車のチケットは紙で出来ているが

トルコはチケットではなくコインを使用している。

turkey_ticket

ホームに入る時のコインと出る時のコインだ。

 

ヨーロッパでは電車に乗るときほとんどの国がチケットを

使っているため、このコイン2枚だけで

僕はとうとうカッパドキアに向かうのだ。

と実感する事になった。

 

違う国に来た証拠を握りしめ、野宿の疲れもあるため

すぐに電車に乗ってイスタンブールへと向かった。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ