小室哲哉と中田ヤスタカのイベントで初めてライブペイントをした話


まだ僕が画家の仕事をしに世界各国へ旅にでる前の2011年に

小室哲哉さんや中田ヤスタカさんがでるASOBINITEという

大きなイベントでライブペイントをする事になった。

asobinite

今では僕のスタイルでライブペイントができなければ

こういった依頼は断っているが、この時は絵の技術もなく

ライブペイントすらやった事がなく初めての経験だったので

すぐに参加する事を決意した。

 

場所は大阪の名村造船所跡地という場所で野外ステージと

室内ステージを行き来できるつくりになっており、

こんな大きなイベントで初ライブペイントをするとなると

少し緊張した。

 

僕は野外ステージの方でライブペイントをする事になったが

この日は嵐のような大雨だった。

 

一応、屋根はあるのだが強い横風がふいていたので屋根なんて

あってないようなものだった。

 

木の板に絵を描く紙を張りつけようとしても湿気で紙が濡れて

ピンと張る事ができない。

 

しかも雨のせいで絵の具が乾かない。

 

最悪の状況で初ライブペイントが始まった。

 

必死に描くが絵の具が乾かないのでいつものタッチが描けない

まま絵を描き進める事にした。

asobinitepaint1

絵を描く事に集中していて気づかなかったが、僕の後ろには

野外ステージを埋め尽くす数のお客さんが盛り上がっていた。

asobinitelive

こんなに人がいるのにいつものタッチを出せない状況に

悔しさがこみ上げてきたが、ここは考えてもどうしようもないので、

いつものタッチはやめて油絵のようなタッチで描く事にした。

 

こんな描き方をするのは初めてだったが、これで一気に

集中力が増すのがわかった。

asobinitepaint2

これを朝までに完成させなければならない。

 

体は横雨でビショビショにぬれてかなり

寒かったがテキーラを飲み

体を暖めながら作業を続けた。

 

描いてる最中もお客さんが話かけてきてくれて

この時、数人の絵描きがライブペイントをしていたが

僕の絵が一番エネルギーを感じると言ってくれた。

 

ライブペイントは生のお客さんの反応や意見をもらえるので

絵の上達に向いてる方法だ。

 

その事に気づいたのは画家の旅に出た後だったが、とにかく

この時は、ただただ嬉しい気持ちで心が満たされた。

 

ようやく完成する頃には朝の4時をまわっていて、気づけば

お客さんの数も少なくなっていた。

asobinitepaint3

一応完成したが、僕のタッチではない油絵のような仕上がりに

なってしまったが、初めてのライブペイントでいい経験に

なったので満足して家に返った。

 

この数ヶ月後に画家として生きる方法を探すため、

絵の修行や絵で収入を得る方法、英語などを学ぶ事となり

様々なスキルを身につける事になる。

zinworld

 

今の生活ができるのも、この経験が生かされているのかもしれない。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ