一番安いバスでマドリードからバルセロナへ向かう


早朝6時まだ太陽が完全に登りきる前に起きた僕は

出発の準備を済ませマドリードを旅立つ事にした。

 

次の目的地は天才建築家ガウディーがデザインした

有名なサクラダファミリアがあるバルセロナに向かう事にした。

 

マドリードの宿で仲良くなった友人がバルセロナから来たと

言っていたので彼に一番安いバルセロナの行き方を教えてもらった。

 

こっちでは有名なALSAと言うバス会社があり、

そこでバスを予約するのが一番安い方法だと言う。

 

筆と絵具とキャンパス、そして大きなバックパックを背負い

僕はバス停に向かった。

 

予定では朝の10時発のチケットを買いたかったので

朝早くから動いたのだが、もうすでにチケットは売り切れていた。

 

現在9時・・・

 

仕方なく2時半発のバスチケットを購入して

それまでパソコンに入っている映画を見ながら

朝食と昼食を同時にとりながらビールを飲んで

のんびり待つ事に。

 

ようやく出発時間になり、バスに乗り込んだ僕は

ビールをすでに4本以上飲んでいたのですぐに

眠りについた。

 

それから約8時間の道のりを途中で休憩もとりながら

気長にバスの旅を楽しんでいた。

 

バルセロナについた頃にはもうすでに当たりは

真っ暗になっていた。

 

僕は旅をする時は何も調べないで目的地に向かう事にしている。

 

なので宿の確保もしていなかった。

 

なぜ何も調べないのかと言うと、

何の情報もない状態になると人に聞くと言う癖がつき

そこから思いもよらない出会いもあるからだ。

 

実際ポルトガルでも何人もの人とこういった事が

きっかけで出会い、今でも連絡を取り合う中になっている。

 

と言う事でさっそくその辺の人に宿の場所を聞くと

5分で見つかってしまった。

 

今回は何の出会いもなかったようだ。

 

疲れきった僕はすぐに宿にチェックインしてシャワーを浴び、

近くのスーパーで食料を買って宿にあるキッチンで晩ご飯を

作りビールを飲みながらこれからどう活動していくかを

考えていた。

 

今日はビールをよく飲んだ一日だったのでいつの間にか

眠ってしまった。

 

次の日の朝からサクラダファミリアを見にいく事になるが

その話は次回のヨーロッパの旅の記事で書いていこう。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ