画家になる夢を奪うモンスターは日本で増え続けるている。


belgium_zinreru

画家になる夢を叶えたいと言う人は

日本には大勢いる。

 

絵を描く事を仕事としていると言うと

どうしてもビンボー画家と言うイメージがあるが、

それは日本の常識であり、常識に捕われた人だけの

考え方であると言える。

 

 

僕は世界を旅しながら

絵を描く事で収入を得ているし、

1月の旅費が収入を上回る事はない。

 

なのでお金を貯金しながらも

世界をまわる事ができる生活をしている。

 

 

沖縄で出会ったフランス人の友人と

再会する事になったのですぐに

ベルギー行きの航空券を購入して

会いに行く事もできる。

Belgiumfriend

時間を自由に使えるのだ。

 

こんな贅沢な生活があるだろうか?

 

現在、日本で絵を描いて生活している人の

多くは会社に勤めたりバイトに明け暮れながら

休みの日に絵を描いて、一発逆転を狙い

個展をひらいて仕事を得ようとしている人が

ほとんどではないだろうか?

 

それは多くの人が夢みている道であるが

実際問題その道を成功させる事はかなり難しい。

 

その現実がモンスターを

生み出す原因にもなっている。

 

 

 

海外に比べ日本ではまだまだアート文化が

浸透しておらず、高額で絵を買うと言う人は

一部の富裕層だけである。

 

皆と同じ道を歩んでいても、

同じような結果になる可能性の方が遥かに高い。

 

そう考えた僕は皆とは違う画家人生を歩もうと

画家になる方法を探すため世界中を旅する事にした。

 

画家になるのはそれほど難しくない

belgium_sougenhiroi

海外に出てから最初は苦労した・・・

 

っと言いたい所だが海外で絵を描いて

収入を得る方法は以外と簡単に発見してしまった。

 

 

 

そして今では日本でも海外でも

絵を描いて収入を得る方法も発見してしまった。

 

人の役に立つ事を発信していけば

後から収入がついてくるのは必然だと

成功した今ならハッキリ言える。

 

ベルギーに来て友人のジュリアンの家に

泊めてもらい、毎日公園でのんびりしながら

次に描く絵の下書きをする生活をしている。

sitagaki_1

仕事を早く終わらせたジュリアンから

連絡が入り、一緒に町に遊びに行こうと

誘いを受けたのでそのまま遊びに行く事にした。

 

ここはベルギーのブリュッセルの中心街。

 

街には様々なアートが展示してあり、

歩いているだけでインスピレーションを

得る事ができる。

belgium_ketuwasariomote belgium_ketuwasariura

やはりヨーロッパはアート文化が日本より

発達していると感じるし、アートが生活の

一部になっているので絵に興味がある人も

多数存在する。

 

これはヨーロッパではなく

経済的に裕福な国はどこでもアートに

関心があるように感じる。

 

しかし、世界的に見ても日本は経済的に裕福では

あるがアートに関してはまだまだである。

 

なので日本ではダメだと感じた画家は

海外に進出し、成功を収める人が多いのだ。

 

日本では夢を奪うモンスターが急増している

belgium_artmichi

以前世界画家旅人を読んだであろう人から

「日本から逃げたのですね」と言う

レベルが低過ぎる考えを持つ人から

コメントが来た事がある。

 

 

このような狭い考え方しかできない人は

確実に成功はできない。

 

 

なぜなら、先がどうなるかわからない

海外生活に挑みながら夢を追いかける人は大勢いる。

 

その中で成功する人も大勢いるのだ。

 

少なくとも逃げていると言う事にはならない。

 

 

これから先のどうなるかわからない生活へ

挑戦している事は確実である。

 

 

 

おそらくこの人は成功できない人生に

嫌気がさし、成功した人や頑張る人の

足を引っ張るモンスターと化してしまった人物であろう。

 

よくYahooの知恵袋でも

「画家になるのにはどうしたらいいですか?」

 

っと言う質問があるが、その答えの多くは

 

「日本で画家として生活している人はいない」

 

「日本では画家になる事は不可能」

 

など知識のない人からしかコメントがきていない。

 

 

 

こんな事を言われて諦める人も大勢生まれ、

その間違えた考えから画家になるのが夢と

言う人を妨害するかのように

「日本では画家になる事は不可能」

と伝染的に伝えてしまう人が増え続けてしまうのだ。

 

この負の連鎖を消さなくては

日本で画家を夢みる人の数が減り続けてしまう。

 

 

それを防止するために僕は

世界画家旅人を立ち上げたのだ。

 

 

 

 

先ほどのように低いレベルの思考を持った人を

排除するため、僕はあるプロジェクトも考案している。

 

それは画家なりたい人に伝えるため、

僕がこれまで何をしてここまでこれたのか?

 

と言う事を事細かに伝えて

日本の画家人口を急増させるブロジェクとである。

 

 

 

 

本気で絵を描いて生活したいと願う人は

僕のZiNARTメールマガジンからその情報を

受け取って欲しい。

 

絵に自信がない人のために

僕のタッチを伝える絵画教室もひたいて

生徒を人数限定で募集しているので

興味があれば是非。

 

絵描きになると贅沢な生活も可能になる

belgium_hirugougamesi

お昼に仕事を終わらせた友人ジュリアンと

レストランでご飯を食べる事にした。

 

オーストラリアの旅が終わった後、

沖縄でのんびり暮らしていた時に

ジュリアンと出会い、それからヨーロッパを

旅しているとSNSで投稿していると連絡が入り、

すぐに会いに行く事になったのだ。

 

ジュリアンは本当にいい奴だ。

 

旅をしている人で悪い人に出会った事がない。

belgium_jyurianto

旅をしてまで悪い事をしようと考える人が

少ない事もあると思うし、何より人との

出会いが多かったり、旅中に親切にされる事で人に

親切にしようと考える人が増えるのではないかと推測する。

 

 

 

ジュリアンはいい奴だが、1つ気になる事がある。

 

靴下の色が毎回違う。

belgium_jyuriankutugyaku

僕は几帳面ではない方だが、

何となく気になってしまう・・・

 

そんな事は気にしないジュリアンと一緒に

レストランで食事をする事になった。

belgium_uinnermesi

ベルギーのご飯は美味しくないと

言う人もたまにいたが、そんな事はない。

 

ベルギーに来てから毎日レストランで

食事をしているが美味しい物しか食べていない。

 

食事が終わり、夜にはジュリアンの友人と

合流してお勧めのBARに行く事に。

belgium_gouryuu

様々な種類のハムとチーズが運ばれてきた。

 

ハムとチーズの組み合わせで味が全然変わってくる。

 

日本では出回っていないオリジナルチーズは

今まで食べた事のない味がしてワインとかなり

相性が良い。

belgium_hamuchiez

ほろよい気分でブリュッセルの街を歩いていると

夜の遊園地を発見した。

belgium_natumaturi1

射的などもあり日本の夏祭りを思い出す。

belgium_natumaturi2

こんな生活を毎日続けながら、

そろそろベルギーを出る事を考えていた。

 

ベルギーに来て3週間が過ぎていたので

新しい刺激が欲しくなったのだ。

 

次はオランダのアムステルダムに

長期滞在する計画を考えながらこの日は眠る事にした。

 

新しい国に行く時はかなりワクワクする。

 

そのワクワクが僕に新しいインスピレーションを

与えてくれるのだ。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ