バルセロナの動物園で不思議な人を目撃した話


昨日の体調不良から嘘のように

爽やかな目覚めで朝を迎えた。

 

今日はバロセロナで有名な観光地

サンジュセップ市場と言う場所に行く事にしたが

運悪くすべてのお店が閉まっていた。

spain_miseakazu

なぜこのタイミングなんだとガッカリしていた。

 

サンジュセップ市場のまわりには

「ナンデヤネン」と言いたそうな表情の

観光客で埋め尽くされている。

 

 

心なしか「ナンデヤネン」

と言っているようにも見える。

 

 

オーストラリアでもそうだったが

ヨーロッパでも日曜日はお店が休みの所が多い。

 

日本では土日は稼ぎ時なので閉まっているお店

の方が少ないが外国では休む時は休むと言う

スタンスなのか観光客そっちのけでお店も閉めるようだ。

 

 

仕方がないので街を散歩していると

動物園を発見した。

 

海外の動物園は日本ではあまり

見る事ができない動物が沢山いる。

 

絵を描く時の参考にもなるので

すぐに入る事にした。

 

これは日本でも見れるバク。

spain_baku

少し歩いていると大きなカバが横たわっていた。

 

スペインの夏は日本の夏とさほど変わらない

気温であり、動物もあまり変わらない行動を

とっている。

spain_kaba

少し歩くと異様な形の生き物がいた。

 

鼻が細長く棒のような顔になっているのは

アリの巣に長い舌先が奥の方まで届くように

進化したと言われている。

 

日本名はそのままアリクイと言う。

spain_nazobaku

さらに歩くと百獣の王ライオンが

木にもたれかかって睡眠をとっていた。

 

動物園に来たからには動いている所を見たい・・・

とまわりの外国人のお客さんも不満げな表情で観察していた。

spain_lion

spain_liontsyatu

しかし僕はライオンよりも

興味があるものを発見してしまった。

 

 

 

脇の下がなさすぎる。

spain_tsyatudaru

これはオシャレで着ているのだろうか?

 

生地が足りてないのだろうか?

 

日本ではこの服を着ている人を見た事がない。

 

しかし海外ではまれにこのようなデザインの

服を目撃する事がある。

 

実に不思議だ。

 

見た目は涼しそうだが僕は絶対に着ない。

 

 

そんな事を思いながら動物園を後にした。

 

動物園では様々な動物を見る事ができ

これから描く絵に大きな影響を与える結果となった。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ