画家を目指す人のためのお役立ち情報まとめ

ライブハウスに行くと意識を失ってしまう体質なのだ。


体の内部をドンドンという重低音が走り抜ける。

 

中央のステージで演奏する

アーティストの名前を叫ぶ人や

大きく頭を上下に揺らしながら

狂喜乱舞する人々・・・

 

人の頭が波のようにうねる景色に

囲まれながら僕は遠のく意識と

ここで倒れたら危険だという

危機感と必死に戦っていた。

事の発端は昨晩のフィリックスの一言だった・・・

 

「ZiN明日ドイツで有名なミュージシャンの

ライブ行こうぜ!超カッコイイから!友達も紹介するよ!」

 

「いい・・・よ!行こうか!」

 

内心、強烈に拒否したい思いをグッと堪えながら

僕のためを思って提案してくれたフィリックスの

思いを捻り潰すような事は言えずに承諾してしまった。

 

実は僕はライブハウスという所が昔からどうも

苦手で、なぜか爆音を聞いていると睡魔が

襲ってきてしまうのだ。

 

高校生の時に友人のライブに招待された

事があったのだが、人がごった返す

ライブハウスのど真ん中で睡魔に襲われてしまい、

その場で倒れて眠ってしまった事がある。

 

それ以来、ライブハウスは僕にとって

危険な場所となってしまったので

音楽をやっている友人のライブイベントは

何かと理由をつけて断り続けていた。

 

いつしか地元の友人はそんな僕の事情を

どこかで知ったのか、あまり誘ってこなくなっていた。

 

しかし、フィリックスはそんな僕の事情を知らない。

 

僕もその話をすればよかったのだが、

あまりにもフィリックスが青い瞳を輝かせならが

僕に提案してくるので、断ったら悪いという思いが

先にきてしまい、思わず承諾してしまったのだ。

ライブハウスに到着すると

フィリックスがすでにチケットを

購入してくれていた。

 

「俺のおごりだから楽しもうぜ!」

 

まるで小学生の夏休み前のように

ワクワクが爆発しそうなフィリックスの

後に続いてライブハウスの中に入っていった。

 

中はすでに数百人のお客さんで

埋め尽くされており、それだけ

人気のバンドなんだと感じとる事は

できたのだが、正直あまり興味がない。

 

 

しばらくするとあたりは暗闇に包まれ、

中央のステージだけにスポットライトが

当てられている。

 

そろそろ始まるようだ。

 

そう思った瞬間、突然場内に響き渡るような

爆音が流れ始め、外国人が得意とする

「フォー!!!」っという甲高い歓声と

共に何を言っているのか理解できない

歌声が流れてきた。

 

音量が大きすぎてもはや

英語なのか、ドイツ語なのかも

聞き取る事が困難な状況である。

 

開始5分で瞼が重くなってきたのがわかる。

 

隣にいたフィリックスとその友人達を見ると

おそらくステージに立つアーティストが

歌っているであろう歌詞を口ずさみながら

頭を上下に大きく振っている。

 

「フィリックス!ちょっとトイレ行ってくる!」

 

「おお!カッコイイだろメーン!!」

 

僕の伝えたい事が爆音にねじ曲げられて

フィリックスに伝わる。

 

僕も適当に「フォー!」っと言いながら、

トイレに行くという事を身ぶり手ぶりで

フィリックスに伝えた。

 

するとようやく理解したようで

親指を立ててトイレの方向を指差して

教えてくれるフィリックスを後に

僕はそのままライブハウスの出口へ直行した。

 

 

危ない所だった・・・

 

夜の湿った冷たい空気を吸い込み、

脳に新鮮な酸素おくり込むと

頭がハッキリするのがわかる。

 

出口の受付けをしている人に

今歌っているアーティストのライブ時間を

聞くと約1時間程度だという。

 

それからしばらくライブハウスの

前にある芝生の上に寝転びながら

夜空の星を眺めて時間を潰していると

いつのまにか眠ってしまっていた。

 

時計を見るとあと5分でライブが終わる。

 

僕は急いでライブハウスの中に戻り、

フィリックスと合流した。

 

「ZiNどこにいたの!もう終わるよ!」

 

「ちょっと混んでて動けなかった!」

 

フィリックスは自分の好きなアーティストを

紹介して共感を得たかったのだろう。

 

昨晩からそんなフィリックスの

気持ちを感じとっていたため

断る事も出来ずに結果的に

このような形になってしまった。

 

内心申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 

しかし、フィリックスは今だにフォーフォー

叫びながら興奮冷めやまぬ状態。

すでに終わる時間が近づいてきていた

感じはあったので心の中で

〈アンコールはやめて〜!!〉

っと思っていたが、そんな事もなく

ライブの幕が下りた。

 

外に出るとフィリックスのTシャツは

ビショビショに濡れていた。

 

それほど興奮していたのだろう。

 

仮眠をとって体力を温存していたはずの

僕の体には何故か疲労が溜まっており、

帰りのバスの中でボーっと空中を眺めながら

フィリックスとその友人達と一緒に

フィリックスの自宅へと向かっていた。

僕たちの隣では先ほどのライブに

来ていたであろう若い青年と綺麗な

女性がつり革に摑まりながら

和気藹々と会話を弾ませている。

 

僕は何となく彼らの会話に耳を傾けていた。

 

「前もライブ来てなかった〜?」

 

「地元が近いから時間ある時はよく来てるよ〜」

 

「地元どこなの?」

 

「○○の近くだよ〜」(どこか聞き取れなかった)

 

「え!近いじゃん!じゃあ今度遊ぼうよ〜!」

 

そんな会話が聞こえてきた。

 

〈うわ!ナンパしてる!〉

 

心の中でそう思いながらニヤっとすると

正面に座っていたフィリックスの友人も

その会話を聞いていたようで、ニヤッとして

僕に拳を合わせてきた。

 

僕の方からも拳を合わせると

彼は小声でこう言った。

 

「これがライブのいいところ」


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ