刺激があるスペインの街でスケッチを描く画家


segovia_by

セゴビアの世界遺産に

インスピレーションを受けた次の日

絵を描く意欲がわいてきた。

 

突然イメージがわいてくる。

 

昨日はセゴビアには泊まらず、

その日だけしか観光しなかったが

僕にとってはそれだけの時間でも

十分大きな収穫があった。

 

しかし一度キャンパスに描きだしてしまうと

絵を描き終わるまで移動ができない。

 

なぜなら僕のキャンパスは

折りたたみ式であり、一度紙を

はってしまうと描き終わるまで

折り畳む事ができない。

 

折り畳めない大きなキャンパスを

持ちながら旅をするのはかなり面倒だ。

 

移動できない理由はそれが原因であった。

 

 

なので一応下書きを描こうと持ち歩き用の

スケッチブックに簡単に描く事にし、

マドリードにあるどこか絵を描ける場所を

探しに街を探検する事にした。

 

マドリードの街にでるといつも通り

世界各国の大スターがお金を集めようと

必死にお客を呼んでいる。

spain_miki

しかし、この世界的大スターの

ウソネズミはボーット立っているだけで

行動しようとしなかった。

spain_mikicar

やる気が感じられない大スターを横目に

僕はスケッチを描ける公園を探すため歩きだした。

 

やはりマドリードは世界各国から

観光客が押し寄せる場所なだけあり

様々な方法でお金を集めているパフォーマーがいた。

 

浮いている。

spain_uiteru

僕も外国でお金を手っ取り早く稼ぎたい時は

路上でライブペイントをして収入を

える事もあったが、この方法では

あまりお金を稼ぐ事ができないだろう。

 

なぜ稼げないのか?

 

それはまわりにライバルが沢山いるからだ。

spain_uku2

マドリードではもう飽きるほど

この芸をやっているパフォーマーが

お金を集めており、見慣れてしまうのだ。

 

 

何時間もこの体制でじっと動かず、

その辛い時間と割に合わない収入。

 

これだとモチベーションが下がってしまい、

やる気がいつか途絶えてしまう。

 

僕にはできない方法でお金を稼いでいる人を

何人も見てきたが、これもその内の一つにすぎない。

 

そんな事を思っているとケンタッキーを

発見したのでチキンを買い、瓶ビールも

買って公園にある芝生で絵を描きながら

食べる事にした。

spain_sitae

僕は基本的に「世界」と「アート」の

2種類の絵を描いているのだが、

今回はセゴビアで得たインスピレーションを

元にアートの絵を描く事にした。

 

とは言ってもただの下書きなので

簡単に描こうと思っていたが

描きだすと夢中になってしまい

細い所まで鉛筆で描いてしまった。

sitagaki_memo

この文字はエジプトに行った時に

文字の勉強をして、その後から

書き込んだ200年後、300年後に向けた

僕からのメッセージである。

 

おそらく1時間ほど集中していたようで

いつの間にかあたりは暗くなり

夜の時間がやってきた。

 

夜のマドリードも観光客でいっぱいだった。

 

オシャレなお店にゴージャスなホテル・・・

spain_kirei

そしてこんなものも発見してしまった。

 

ライオンキングのミュージカルを

ずっと見たいと思っていたが、

どうせ見るなら本場のアメリカで見たかった。

spain_lionking

後にアメリカを旅した時に

ライオンキングをみたがその話は

またいつか機会があれば話そうと思う。

 

やはり芸術の街スペインには

僕が必要とする多くの刺激があり、

これからの活動に大きな影響を与える結果となった。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ