ポルトガルでは驚くほど親切な人が多かった


やっと本物のモンサントへ向かう事ができる。

 

そう思うと同時に目覚めた早朝5時。

 

宿をチェックアウトして

巨石でできた村モンサントへ向かう事にした。

 

昨日はモンサント間違いで、

かなりの田舎町にきてしまったが、

レストランを経営している夫婦と仲良くなり

朝車で駅まで連れていってくれるという。

 

昨日はワインも食事もごちそうになったのに・・・

 

ポルトガルは親切な人が多いように感じるし

平和な環境が僕に合っていた。

 

 

夫婦の運転する車で近くの駅まで送ってもらい、

次は電車で巨石の村モンサントに

一番近い町カステロ・ブランコへ向かう。

porcar

電車が空いていてよかった。

絵の具、キャンパス、筆、紙を

運びながらの旅は予想以上に大変だった。

pornimotu

田舎町から離れていく電車の中で朝日を見ながら

カステロ・ブランコについてからの事を考えていた。

porgo

町の情報も町の情報も何も

調べていないのでどう動けばいいのか?

 

朝の11時にとりあえず人に聞けば

どうにかなると思い、タクシーの

おじさんにモンサントへの行き方を聞くと、

今はモンサントへ行くバスがないから

タクシーで行くしかないと言う。

 

しかし、タクシーで行くのは

かなり高くなってしまうし今から

巨石の村に行っても空いている宿がないので

引き返してこなければならない。

 

宿はとりあえず

カステロ・ブランコで探す事にして

その辺を通る地元の人に聞く事にした。

 

しかしポルトガル語がわからない。

 

ポルトガルで英語を話せる人に

はあまり出会わなので宿はどこだと

聞いてもその説明の意味がわからない。

 

親切に説明してくれているのに申し訳なくなった。

 

その様子を見ていた一人の男性が

近づいてきて英語で話かけてきてくれた。

 

彼はピーターという名で仕事場が

観光情報センターの近くだと言うので

車で連れて行ってくれるようだ。

 

車に荷物をのせて観光情報センターで

モンサントへ一番安くで行ける方法を

聞いたが、やはり6月の観光シーズンとも重なったのか

バスはあるが巨石の村に泊まる宿がないと言う。

 

しかたなく今日はとりあえず

カステロ・ブランコで宿を見つける事にした。

 

ピーターにその事を伝えると

宿を一緒に探してくれると言い

携帯で調べてものの15分で

安くて奇麗な宿を探してくれた。

 

そして仕事がもうすぐ終わるから

その後観光に連れていってくれる

と言ってピーターは宿を去っていった。

 

宿のキッチンで昼ご飯を食べながら

ビールを飲んでこの町の事をiPadで

調べたりしながらゆったり時間をすごしていた。

 

午後1時なりピーターが車で迎えにきてくれて

カステロ・ブランコの観光へ出発した。

 

ショッピングモールで昼食をごちそうしてくれたり

これから始まる世界一周の旅の中で寒い場所にも行く事が

あるのでマフラーをプレゼントしてくれた。

castelo_food

castelo_trip1

castelo_trip2

castelo_trip3

町の山の上にある城や有名な庭園を巡ったりと

この日も運良く優しい人と出会う事ができたので

大満足いく日となった。

 

 

ピーターが明日モンサントへは

どうやって行くのか聞いて

きたのでタクシーで行くと答えた。

 

すると彼はタクシーは高いから

明日連れていってくれると言う。

 

 

どこまで親切な人なのか・・・

 

 

この時もし外国人が日本で

困っていたら親切にしようと思った。

 

この日はピーターと明日会う約束をして

宿に戻って明日の準備に備えた。

 

モンサントまでの道のりが長かったが、

明日はやっと巨石の村モンサントへ行く事ができる。

 

 

まるでRPGのような世界・・・

 

 

今まで見た事のない絵を描くには、

今までに見た事ない風景を頭の中へ

インパクトとして残すことで新しい作品が生まれる。

 

僕の場合は今までこうやって

頭の中の世界と現実世界をつなげて

キャンパスに描きうつしてきた。

 

今回も巨石の村を見る事によって

新しいインスピレーションを

感じ取る事ができると思う。

 

 

そんな事を考えながらベットで横になり眠りについた。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ