スペインの絵画を観て絵を描く時に役に立てる


基本的に何も決めず、その地の情報も仕入れないまま

旅をするのが僕のスタイルだ。

 

スペインのマドリードの駅についた時に

宿を決めていなかったのでインフォメーションの

おじさんに宿の情報を聞くとイングリッシュノーと

言われ、そのおかげで出会ったアフロの青年フィールに

宿を紹介してもらったうえ、その場所まで案内してもらい、

無事に宿を確保する事ができた。

 

フィールにお礼を言ってマドリードの街を

探索する事にした。

madrid_town

マドリードは観光客でうめつくされていた。

 

僕は人混みはあまり好きではないのだが、

新しい地に来たというワクワクした気持ちで

いっぱいになっていた。

 

日本では味わえないような空気感や日本ではありえない

お店、そして世界各国からくる人達の熱に圧倒されていた。

spajyudall

昨日から一睡もせず暗闇の電車で8時間耐えながら

ポルトガルからマドリードへ向かう長旅移動の疲れ

もマドリードの街の活気にかき消されたようだった。

 

そして何も決めていなかった僕はどこへ向かうわけでもなく

ブラブラ歩いていると絵を展示している美術館を発見した。

 

ヨーロッパを旅する理由の一つが海外の画家が描く絵を

直に観て体感し、自分の中にどんな変化が現れるのかを

確認するためでもある。

madrid_museum1

madrid_museum2

中には風景画や人物画など様々なジャンルの絵が展示されていた。

madrid_museum3

madrid_museum4

その中でも僕が一番興味深かったのが抽象絵画だった。

madrid_museum5

今まで抽象画を描こうとは思わなかったが、この美術館にある

様々な抽象画を目の当たりにし、その存在感に圧倒されながらも

僕もこのよう対象のない芸術を描いてみたいと思うようになった。

 

僕だけが描く事ができるタッチの技法を使いながら

抽象画を自分が感じるまま、思うがままに描けば

インパクトある作品ができあがると確信している。

 

そんな思いで美術館をまわっていると昨日の長旅で一睡もして

いない疲れが急にきてしまい、いつの間にか美術館のソファーで

眠ってしまっていた。

 

警備員の優しいおじさんに起こされ疲れをとるために

宿に戻って睡眠をとる事にした。

 

美術館に行く時は睡眠をとってから行くべきだと

強く思ったマドリード初日の旅だった。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ