ポルトガルで旅初日にトラブルに巻き込まれた


画家として生きていくにはどうすればいいのか?

 

その答えを探す為、そして自分の中の世界を広げて

絵に反映させる為に、大きなキャンパスと

絵の具と筆を持って世界一周の旅にでた。

zininrisubon

その旅の始まりはポルトガルのリスボンから始まった。

 

日本からドバイを経由して約7時間。

 

旅の初日で問題が発生した。

 

リスボンの空港に到着後、預けていた荷物を受け取る為に

荷物引取りターンテーブルへ行って僕のキャンパスと

筆と絵の具、その他に必要最低限の物が

入ったカバンを待っていた。

 

 

しかし、20分経っても出てこない。

 

 

カバンの中にはカメラやiPAD,PCなど機械類が入っていたが

そんな物より僕はキャンパスと絵の具と筆が手元に

帰ってこない事の方が問題だった。

 

 

キャンパスは折りたたみ式を日本で

制作したので外国では手に入らない。

 

絵の具も今まで使用してきたものを使わないと

同じタッチの絵を描けるかわからない。

 

筆にいたっては少し特殊な筆を使用してるので、

海外で手に入るのか検討もつかない。

 

 

焦った僕は預け荷物管理受付に行って事の事情を話した。

 

受付のおばさんは何故か不機嫌そうな顔でこう言った。

 

「飛行機に積んだ荷物はすべて運び終えたよ」

 

 

正直その対応の悪さに腹が立ったが、

そんな事より絵描き道具一式の方が重要だったため、

僕は荷物引取りターンテーブルの場所へ確認しに戻った。

 

 

しかし、何度確認しても何も出てこないし

もうすでに荷物を運び終えた印の赤いランプが点灯していた。

 

 

途方にくれていると黒人の警備員らしき人がどんな荷物を

待っているのかを確認しにきてくれたので日本から

持ってきた荷物すべてを伝えると別室に連れていかれた。

 

 

そこには僕のカバン、キャンパス、絵の具、筆、

すべての荷物が部屋の隅っこにおかれていた。

 

 

なぜかはわからないが最初からこの部屋に運ばれていたらしい。

 

中を確認しても盗まれたものは何一つなかった。

 

海外ではこういった予測できないトラブルが起こる。

 

 

この世界一周の旅ではこの先、

様々なトラブルに巻き込まれる事になるのだが、

これはその最初の小さな小さなトラブルの一つにすぎない。

 

 

とにかく荷物が見つかって一安心したので電車で

予約していた宿に向かった。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ