画家を目指す人のためのお役立ち情報まとめ

航空券を二重予約!ネットでチケットを購入してトラブル発生


スペインの空港で無事にスリ集団から荷物を守った僕は

朝日を顔に浴びながらイタリア行きの飛行機に乗るため

イージージェットと言う航空会社の受付へとむかった。

 

昨日は野宿だったので体が痛い。

spain_nojyukukukou

しかし次はイタリアに行くワクワク感から

体の疲れはあまり気にならなかった。

 

 

しかし・・・

 

 

ここからこのワクワク感を

台無しにする最悪のトラブルが発生する。

 

飛行機のチケットをインターネットで予約する時は

注意して欲しい事がある。

 

 

理不尽なインターネット予約

バルセロナからイタリアに移動をするために

格安で乗れるLCCを利用する事にした。

 

会社名はイージージェット。

 

僕が愛用しているIPadminiを開き、

イージージェットの予約画面にアクセスして

日程を入力してクレジットカードの番号を入力。

 

後は決算ボタンを押すだけでもう飛行機を予約できる。

 

便利な世の中になったものでたった

5分程度で予約が完了してしまった。

 

 

しばらくするとイージージェットからメールが届いた。

 

飛行機を予約すると登録したメールアドレスに

購入完了のメールが届くようになっている。

 

 

しかし・・・

 

 

 

メールを見て見るとこんな表記がでてきた。

spain-ticketmiss

「航空券は購入できませんでした」

 

全て完璧に入力して決算ボタンを押したのに

このようなメールが届いて僕は焦りだした。

 

なぜならイタリアで友人と会う約束をしていたからだ。

 

 

 

この日の飛行機が買えないと友人との約束に間に合わない。

 

僕はイージージェットのネット予約にアクセスし、

同じ事を記入して決算ボタンを押した。

 

すると次は上手く買えたようで

購入完了と予約内容のメールが

僕のメールボックスに届いた。

 

一安心した僕は空港に向かい

スリ集団から荷物を守りながら

空港のベンチで朝が来るまで

睡眠をとる事にしたのだった。

 

空港受付のおじさんの最悪な対応

朝がきて空港の受付のカウンターに行こうとしたが

喉が乾いたのでジュースで喉を潤した。

 

そのままトイレに行って用を足していると

僕のIPadにメールが届く音がした。

 

空港にはフリーWi-Fiが飛んでいるようで

なぜか自動的にWi-Fiをキャッチするのだった。

 

 

メール内容を見てみると予約した航空券のスケジュール表を

プリントアウトする画面が届いていた。

 

 

しかも2通・・・

 

 

その2通は同じ日の同じ時間帯に離陸するチケットだった。

 

意味がわからない。

 

 

 

 

このまま払えば通常の2倍の料金で飛ぶ事になってしまう。

 

僕はすぐに受付カウンターに向かう。

 

 

 

 

 

受付カウンターにはメガネを鼻骨で受け止めている

ヒゲの生えたあまり印象の良くないおじさんが

一人座っているだけだった。

 

 

 

 

そのおじさんに昨日予約した航空券の画面を見せ、

一度目のメールで買えなかったと記載されたメールが

届いたので2回目を買ってしまったが今日確認すると

どちらも買った事になっていると事の事情を説明した。

 

そして最後に

「この内一枚はキャンセルできますよね?」

と訪ねるとそのおじさんは無愛想な顔で一言こう言った。

 

 

 

 

 

「no」

 

 

 

 

「えーーーー!!??」

 

 

 

心の中で叫んだが冷静になり

こちらには非がない事を説明した。

 

買ったチケットは数千円で格安なのだが

2枚買うとなると1万円を超える事になる。

 

本来なら格安で乗れたはずの飛行機、

しかもLCCなのでサービスはそれほどよくない

のにもかかわらず料金はビジネスクラスの金額・・・

 

 

 

 

お金の無駄と言うよりその金額を払うのなら

ビジネスクラスに移行したと思いも伝えた。

 

帰ってきた返事は「no」

 

それはそうだと思った。

 

 

 

 

 

しかし僕は悪くない。

 

なぜなら購入できていないとメールが届けば

誰でもまた買うに決まっているからだ。

 

その事を話しても鼻骨メガネのおじさんも

僕は悪くない君が悪いと言った感じて相手にしてくれない。

 

それでもしつこく言うとようやく

カスタマーズサポートセンターに電話したら

キャンセルできるかもしれないと言ってくれた。

 

 

すぐに電話して欲しいと頼むと

「自分で電話してくれ」と一言。

 

 

もうこの人ではダメだと思ったので

仕方なくカスタマーズサポートセンターに

電話する事にした。

 

 

 

繋がらない・・・

 

 

 

もう出発の時間が迫ってきていたので

諦めるしかなかった。

 

 

 

受付に戻って再び鼻骨メガネおじさんに

荷物を預けようとすると僕の荷物は重量オーバーで

追加料金が必要と言われた。

 

その料金8000円。

 

踏んだり蹴ったりだった。

 

 

 

 

しかしこの荷物の件に関しては僕が悪い。

 

日本から飛行機で来た時はLCCは使っていなかったので

荷物は多少オーバーしてもそのまま通してくれるが

LCCは荷物制限が厳しく少しでもオーバーすると

追加料金がかかってしまう事を知らなかったのだ。

 

 

昨日のスリ事件から今日の朝まで良い事がない。

 

僕のイタリアへ行くワクワク感も少しづつ

失われていくのも感じた。

 

 

 

最悪の気分で僕は飛行機に乗り込み

イタリアへと向かうのだった。

 

 

PS.

日本ではこのような話はあまり聞かないし

受付の対応も完璧な空港会社が多いので改めて

日本のサービスは素晴らしいものだと実感する事ができた。

 

皆さんも海外で格安航空券を買う際は気をつけて欲しい。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ