ポルトガルで電車の待ち時間を利用して絵の構図を考える


portugal_tospain

朝の7時に目が覚め朝食を食べてから

スペインへ旅立つ準備をしていた。

 

ポルトガルのカステロ・ブランコから

スペインのマドリードへ向かう予定だが、

まだ何も調べていないのでどうやって

行くのかもわからなかった。

 

 

しかしこれが僕の旅のスタイルなのだ。

 

 

何も調べないで旅をする事によって

様々な出会いに遭遇する機会が増える事は

オーストラリアを1年間

旅してきた中で学んだ事だ。

 

情報を知らないと人にきく癖がつく。

 

人にきくとそこから

友達の輪が広がっていき、

僕に興味を持ってくれる人も当然現れる。

 

なぜなら僕は大きなキャンパスや筆、

絵の具を持って旅をしているので

他人から見ると

「こいつはこんな大荷物を持って何をするんだ?」

と考えるのだろう。

 

実際何度もこの荷物は何?

と何度も聞かれた事があり、

絵を描くための道具が入っている

と言うと高い確率でどんな絵を

描くのか見せてくれと言われる。

 

そこで気にいってもらい

仲良くなって家に招待されたり、

絵を売ってくれと言われる事が多かった。

 

しかし、逆に困難な状況におちいる事も少なくない。

 

今回のポルトガルから

スペインへ行く途中でもそれは起こった。

 

 

朝の準備が終わる頃、昨日モンサントへ

連れていってくれたピーターが

迎えに来てくれた。

 

仕事の合間をぬって

お別れの挨拶にわざわざきてくれたのだ。

 

カステロ・ブランコで出会った

見ず知らずの僕にかなり親身になって

親切にしてくれた彼ともここでお別れ。

peterbuy

ポルトガル語が話せない僕のために

バス停まで車で送ってくれてさらに

バスチケットを購入して

スペインへの行き方も聞いてくれた。

 

最後の最後まで本当に親切な彼とも

お別れをして次はポルトガルの

グアルダという国境付近の町で

電車に乗るとスペインの

マドリードまで一本で行けるようだ。

 

と言う事でバスでグアルダへ向かった。

 

グアルダに到着したのが午前11時。

 

坂道が多く大量の荷物を持って

移動するのはかなり辛かったが

通りすがる人に片言のポルトガル語で

駅の場所を聞くとここから歩いてすぐの距離だと言う。

 

それから30分歩いても中々たどり着かない。

 

また別の人に聞くと

すぐそこにあると言って同じ方向を指差した。

 

それかさらに30分歩いて

ようやく到着する事ができた。

 

ポルトガルの人のすぐそこは

日本人の僕にとってかなりの距離が

あるように感じた。

 

駅についてチケットを購入しに行くと

もう今日の電車はないと言われ

一番早く出発する電車はいつくるのか

訊ねると夜中の1時半だと言う。

 

現在昼の12時・・・・

 

色々考えた結果13時間駅で待つ事にした。

 

大量の荷物があるので

この町の観光もできないし、

なにより田舎町なので

そんなに観光できる場所もない。

 

僕は仕方なくビール片手にPCの中に入っている

映画を観ながら13時間待つ事にした。

 

しかしそれから30分後に

PCの電池がなくなってしまい

映画を見る事もできない。

 

ボーッとしていても仕方がないので

この時間を利用してこれから描く

絵の下書きを描く事にした。

 

僕はこれまで自分の頭の中の世界を

描いていたが、オーストラリアを

旅していた時に違う作風も描いて

みたいと思い、この世界をまわる旅では

アート作品を描きためる事にしている。

 

ちょうどいい紙がなかったので

電車チケットの裏に下書きを描く事にした。

ammonite_sita

これはポルトガルのとある

美術館で見たアンモナイトを

モデルに描いた下書き作品だ。

ammonite_por

とりあえず下書きを描いて

頭の中で鮮明にしてから大きなキャンパスに

絵の具で絵を描いていくようにするが

その作品は後ほど公開する。

 

なんだかんだで要約13時間経過して

電車が到着する時間になった。

 

しかし・・・

 

到着時間になっても電車がこない。

 

駅には僕しかいない。

notrain_por

本当にくるのか不安になっていた時、

遠くの方で電車のヘッドライトが見えてきた。

 

到着時間より40分も遅れて電車が駅に止まった。

 

日本ではありえない事だが

海外では普通にこのような事が起こる。

 

日本の公共機関は時間を徹底して

守る世界でも数少ない国なのだ。

 

大量の荷物を電車にのせ、

座席に座り少し遅い晩ご飯を食べ、

ポルトガル最後の風景を眺めながら

マドリードに向かった。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ