絵を描く仕事をしている人がしてきた活動の流れ


livepait_zin1

絵を描く仕事と言っても画家、漫画家、

イラストレーター絵本作家など

様々なジャンルの仕事があるが、

自分の作風にあった仕事を選ばなければならない。

 

 

なぜなら描きたくない絵を仕事だからと言って

描いていると少しづつモチベーションが

下がってしまい、いつしか絵を描く事が

好きではなくなってしまうからだ。

 

 

 

絵を楽しく描けなくなると

作風にもその様子が現れてしまい、

好きな仕事をしているという

充実感や達成感もすべて失われていってしまう危険がある。

 

僕は世界をまわりながら画家として

絵の仕事をしているが、常に刺激があり

楽しくないと思う事は一度もなかった。

 

 

今回は絵の仕事をしている人が

どのように行動してきたのか?

 

 

その一般的な流れを説明していこう。

 

とにかくスキルをつけないと始まらない

paint-muzousa

やはりどこの会社も誰でも描ける絵よりも、

その人にしか描く事ができない絵の方を

優先的に欲しがるのは当然であり、

会社が欲しい人とはその会社にあった

作風を描ける人の事を言う。

 

 

例えばRPGゲームの世界を描く会社に入りたいのなら、

自分だけしか描けないファンタジーの世界を

生み出すスキルが必要とされたり、

挿絵の仕事がしたいのならその物事を忠実に再現して

絵にする事ができるスキルが必要だ。

 

 

 

絵が好きでも得意、不得意なジャンルが

あると思うが得意な方のスキルをのばし、

他の人には真似できない技術を身につける事が

絵の仕事につながる道への大きな基盤となる。

 

自分の作品を世に出すために行動に移す

hungary_kick

自分の中で絵への自信がついたのなら、

次はその作品を見てもらえる環境をつくる必要がある。

 

会社に持っていくならポートフォリオを制作したり、

画家になりたいのなら個展や公募展に出展して

多くの人の目に止まるチャンスを自分自身でつくり上げるしかない。

 

 

 

僕の場合は初めはSNSやアメブロで

絵を公開したりして多少の仕事を

もらえたがやはり生活できるレベルではなかった。

 

そのため世界43ヶ国以上を絵の修行や仕事の取り方などを

勉強しながら旅をした結果、多くの友人やクライアントさんとも

出会い海外で絵だけで生活できる術を身につける事ができた。

 

 

 

個人的には人に見てもらえる

環境をつくる事にお金を投資する事で

チャンスをつかむ可能性が広がるのではないかと思う。

 

 

 

何の知名度もない状態の人が小さい個展会場を

借りてグループ展をすればお金もかからないが、

絵を買う目的できたり、会社への引き抜きに

来る人もあまり多くはないだろう。

 

 

 

それより東京や大阪で人が大勢くるような

場所を借りてグループ展をする方が

費用は高いが絵を必要としている

会社の人がくる可能性が多いにあるし、

もちろん個展の宣伝費も必要になってくるが、

絵の仕事につながる確率が格段に上がる事は事実だ。

 

 

 

僕の場合は手持ちのお金をすべて

世界をまわる費用にまわす事にした。

 

SNSで有名になる事もある

te_aus

この時代に生まれてよかったと思う一つが

インターネットが全世界をつないでいると言う事だ。

 

 

昔では絵を描いてからすぐ違う国の人に

見てもらうなんて事はできなかったが、

今の時代はSNSが普及しているためすぐに

見てもらう事ができる。

 

世の中にはこのSNSに毎日絵を投稿して

有名になった画家や、仕事をするきっかけを

つかんだ人は大勢いる。

 

 

 

しかし、これは毎日続ける根気強さや、

運も必要とされている。

 

 

 

一番効率がいい方法がSNSを利用しながら

自分自身の足で行動に移す事が仕事を得る

チャンスをつかむ可能性が広がる。

 

まとめ

おおまかな流れは

 

「会社にあった絵のスキルアップ」

 

「絵を世に出す活動」

 

「就職、クライアントさんを持つ」

 

と言う感じになる。

 

しかし画家は少し特殊で会社や他の誰かに

合わせた絵ではなく、自分自身の思い描く

物を認めてもらう必要がある。

 

 

 

僕の場合、どこかの会社に入って

自分の描きたい絵を描けない生活を嫌う

ただの社会不適合者である事がわかったため、

自由に描いて生きていきたいと言う思いから

画家として世界へ旅にでる活動をしてきた。

 

 

 

チャンスは待っていてもやってこない。

 

 

 

絵を描く仕事を現実にするチャンスは

自分でつくり上げていくしか道はないのだ。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ