プロの画家になりたいのなら絵以外に学ぶ事がある。


paint_nihonga2

画家になりたいと考えている人の
ほとんどの人が仕事をして

お金を貯めて個展や公募展にだす・・・

 

 

この方法をとっている人が多いようだ。

 

 

しかし、日本にいる多くの画家になる夢を持つ人はこのような

活動をして成功している人はほとんどと言っていいほどいない。

 

それを証明するかのようにYahoo知恵袋や教えてGooなどで
画家を目指している人の悩みを掲載している所を見ると

コメント欄には必ず

 

「画家になる事は難しい」

 

「日本で純粋に画家の仕事だけでだべている人はいない」

 

っというような書き込みで埋め尽くされている。

 

 

 

しかし、僕はそうは思わない。

 

 

 

確かにこれまで日本で画家として活動している人と同じような活動をしていれば画家になる事は難しいと思うが、全く別の方法で活動すれば絵を描いて生きる事は確実に可能である。

 

 

実際に僕は絵を描きながら旅をして十分な収入を得ている。

 

 

 

僕はメールマガジンやラインで

画家を目指す人の相談を受けるようにしているのだが、

 

「画家になりたいのですが

どうすれば仕事をとれるようになりますか?」

 

っというような質問がかなり多く届いている。

 

 

 

まず何をすればいいかより
絵のスキル以外に何を学べばいいのか?

 

っと言う事について話していこう。

 

画家になるための大切な事

osaka_hotelpaint
あなたは

セルフプロモーション

と言うものをご存知だろうか?

 

 

簡単に説明するとセルフプロモーションとはあなたと言う人物を

どのようにして世の中に送り出すのか?

 

 

つまりプロデュースのようなものである。

 

 

 

芸能界でもこの方法はよく使われており、
「あれはキャラだろ!」

っとよく言われているがまさにそれである。

 

 

芸能界ではこのような方法がとられているのになぜか

日本のアート業界ではそれほど浸透しておらず、

またそれを学べる場所もない。

 

 

アメリカやヨーロッパではセルフプロモーションを学べる場所は数多くあり、海外の美大や芸術大学では絵の技術の次に重要な事だと言われている。

 

 

これを利用して絵を描きながら

収入を得ている無名のアーティストは世界中に存在する。

 

 

 

 

日本人を除いて・・・

 

 

 

 

なぜ海外ではこれだけ重要視されているのにもかかわらず

日本では学ぶ場所すらないのだろうか?

 

 

これは未だに分かっていない。

 

 

それほど日本のアート業界は
世界からみても遅れをとっているのだ。

 

セルフプロモーションを学ぶとどうなるの?

livepaint1
先ほども話した通り、
セルフプロモーションを学ぶ

場所は今の日本には存在しないと言っていいだろう。

 

 

日本の芸大や美大、専門学校に通っていた人なら理解できると思うが絵の事について教えてくれたとしてもどうすれば収入に繋げる事ができるのか?っという事を教わった人はいないと思う。

 

 

もしも学べる場所があるのなら
教えて欲しいくらいだ。

 

 

 

 

僕は旅をしている間に猛勉強していた。

 

 

 

 

そのかいあってか僕の絵が好きだとか、購入したいと言う人が増えていき、画家として生きるための力を手にいれたのである。

 

 

こちらは1ヶ月の間に僕の事をネットで調べて世界画家旅人を

見てくれた人の数をまとめたものである。
zinninki
検索エンジンに「zin画家作品集」と入力してくれた人はかなり高い確立で僕の絵が欲しいと思ってくれている人であり、実際直接連絡を頂く事も何度もある。

※追記

現在この10倍に増加している

 

僕は海外で活動していてそのほとんどが外国人からの依頼なのだが、この表は日本人のみの数値となるので実際に合わせると把握できないほど多くの人が僕の事を調べた事になる。

 

 

セルフプロモーションとはそう言う事だ。

 

何をどうすればいいのか?

mexico_skull
現在この世に生まれている人は
かなり得をしていると思う。

 

 

なぜなら誰でも簡単にセルフプロモーションを実践できるインターネットというものが世界中をつないでいるからである。

 

 

僕も世界画家旅人を立ち上げたが、もともとは海外で画家として活動したい人のために役に立つ情報をお伝えしよと思ったからである。

 

 

しかし、

その傍らセルフプロモーションを
するのに最も効率の良い方法だと悟った。

 

 

実際海外のアーティストではアンディーウォーホールバスキアなどの世界的にも超有名アーティストもこの方法でその名を知られるようになったのだ。

 

 

 

 

画家になりたい人のほとんどは
無料ブログやSNSなどでを利用して自分の作品を投稿している。

 

しかし、

まずこの時点で2つの間違いを
犯してしまっている人がかなり多い。

 

 

 

 

そこには絵をのせているだけで
何のプロモーションもされていない。

 

これでは絵を見る側の人からすると「へ~すごいね」

っで終わってしまう方が多い。

 

 

具体的にどのようにすればいいのかと言うと人にはそれぞれ人生におけるストーリーがあり、どのような過程でどのようにして絵を描いて、あるいはどのような考えで画家になりたいと思ったのか?

 

 

 

 

そこにたどり着くまでには
1人1人違うストーリーがある。

 

 

人が引き込まれるものは絵の

スキルの他にその絵を描いた人の人生のストーリーなのだ。
egypt_luxorinside
そこに共感したり、

感動したいりする事により
多くのファンが集うようになる。

 

 

しかし、この話を聞いて実践して
簡単に成功するわけでもない。

 

 

そのストーリーを伝える技術も必要となってくる。

 

僕はそこを猛勉強したからこそ
にわか仕込みの知識では達成できない事を知った。

 

 

その方法についてはZiNARTメールマガジンの中で企画している

「日本で画家になる人を増やす」
というプロジェクトの中で語っている。

 

 

興味がある人は是非。

 

誰にでもインパクトのあるストーリーはある

shiman_photo1
僕は昔、全く絵のスキルもない
普通の高校生であった。

 

 

ある一つを除いては・・・

 

 

この世界画家旅人でも何度も語っている事だが、僕は小学校の頃から深い眠りにつくと見たこともない世界を飛んでいる夢をみていた。

 

 

現在描いている絵はその世界を
描いているだけである。

 

 

 

何度もこの話はしているので詳しくは説明しないが、この話から

様々なストーリーと掛け合わせて使う事ができる。

 

 

 

 

他にも貧乏学生だった事や、
右拳を骨折してしまったが、
左で描いていたら両利きになった事・・・

 

欝になった事や弟の死さえも
ストーリーとして語る事ができる。

 

それら全てをつなぎ合わせる事で
セルフプロモーションの完成となる。

 

 

 

 

そこからどうすれば絵で生活できるのかは説明すると長すぎるのでメルマガを呼んで欲しい。

 

 

 

 

とにかく人は生きていれば
必ずどこかに印象的なストーリーが隠されているのだ。

 

 

 

それがファンを増やす要因ともなるし、なおかつ長い付き合いに

なる人との出会いも生まれる。

 

 

 

絵のスキルを学ぶ事も大切だが、
セルフプロモーションを学ぶ事も
画家になりたい人には必要なスキルである。
paint_sekai2
PS.
絵で生きるために少なからず
収入は必要である。

 

 

しかし、仕事をしながら
絵を描いてお金をためて個展を開いて・・・

 

 

 

時間を無駄に使ってはいないだろうか?

 

時間の使い方によって人生は大きく変わるもの。

 

 

 

最初に絵で収入を得る仕組みを構築してしまえば後からお金も入ってくるし、時間も自由に使う事ができ、なおかつ個展も自由に開く事ができる。

 

 

今頑張って画家になるために努力していると言う人でも長期的な目で見ればかなりもったいない事をしている人が多かった。

 

 

 

バイトや普通の仕事>遊び>絵を描く>活動宣伝

 

優先順位をこのような形で
考えている人で成功した人は見た事がない。

 

 

 

 

絵の仕事の構築>絵を描く>バイト>活動宣伝>遊び

 

最初にこの優先順位で考えて行動していれば約1年で絵を描く事と遊びだけで生活できるようになり、後は好きなタイミングで活動宣伝や個展を開いたりできるようになる。

 

 

もちろん絵の仕事の構築とは
セルフプロモーションの事である。

 

ここまで読んでもまだどうすればいいのかわからないのなら

僕に直接相談してほしい。

 

 

 

 

PPS.
今さっきトイレに行っている間に
収入が入っていた。

 

 

常識にとらわれて生きていると
このような事も信じられないかもしれないが
実際僕はこうして絵で収入を得ている。

 

 

 

それに気づけない人は同じ活動を繰り返し気付けた人は今までとは違う画家活動をする事ができる。

 

 

情報は最大の武器である。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ