画家が絵で生きる時に絶対必要な1つの考え方。in ハワイ 11日目


ワイキキビーチの芝生の上。

 

広げると2メートル以上になる巨大キャンパスをヤシの木に支えてもらいながら組み立てていく。

木漏れ日の下、ビーチではしゃぐ子供の声と交わるように波の音が僕の耳にかすかに届く。

 

なんて平和な時間なんだと思うと何だか眠くなってくる。

 

ハワイには人間の時の流れを緩やかにしてしまう力があるようだ。

 

 

そんな力を持つハワイで11日間、ライブペイントをしてきたが、かなり目立つようで、ハワイの街を歩いているだけで声をかけられるようになってきた。

 

「君正月からずっとビーチで絵描いているだろう!」

 

「絵完成した?」

 

「さっきこの子があなたの話してたよ!」

 

やはり画家活動をする場合、相手の脳に自分という存在を強烈に残す事を意識した方がよい。

 

誰がどう見ても衝撃を受ける作品やあまり見た事がないぶっ飛んだ画家活動をしていれば、見た人の記憶に強烈なインパクトとして残り続ける事になる。

 

その人の数が増えてくるのに比例して自分という存在が広がっていくような強い感覚を味わう事ができるのである。

 

アンモナイトに隠された秘密のインパクト!

実はこのアンモナイトの作品の中にも直接見た観光客だけがインパクトを体感できるとある仕掛けを組み込んでいる。

 

輝く太陽の光が赤い夕日の色に染まっていくにつれて、それはより強いインパクトを放つようになる。

動画の最後の方でもお見せしているが、歩きながらアンモナイトの作品を見ているとそれは突然、黄金に光り輝き始める。

 

 

僕の絵を見ながら歩いている観光客はアンモナイトが黄金に輝く様子を目の当たりにする。

 

 

そうすると相手のインパクトとしても残りやすく、またそれが足を止めて僕に話しかけてくるきっかけとなる。

 

 

 

これが誰もが衝撃を受ける絵の見せ方というものの一つである。

 

 

他にも様々な絵の見せ方というものがあるが、それは直接お見せした方が理解できると思うので、僕がこれから作る誰でも遊びに来れる沖縄のアトリエ、もしくは沖縄、東京、大阪で個展を開催する時に是非見にきて頂ければと思う。

 

誰もやった事がない新しい奇抜な画家活動!

あともう一つのインパクトとしては奇抜な画家活動という意味でも僕はクリアしていると思う。

 

 

 

僕の画家活動の方針として

 

「誰もやった事のない画家活動をしていく」

 

というものがある。

 

まさにこのハワイライブペイントは日本人では僕が初めてではないだろうか?

 

 

 

もしも、あったとしてもこれほどの大きなキャンパスを日本から持ち運んだ人がいたとは思えないし、実際、空港の受付の人にも

 

「こんな大きなキャンパスを飛行機に乗せた人はあなたが初めてよ」

 

っと言われたので誰もやった事のない画家活動にも信憑性が増す事になる。

 

 

 

 

これまで僕の活動を見て

 

「オーストラリアに画家活動をしに行きます!」

 

「世界の画家旅をしにいきます!」

 

と僕に直接話してくれる方もこれまで何百人も現れた。

 

 

 

なのでこのハワイでの画家活動を見て真似をする人が増えると思う。

 

 

そこで僕は次のインパクトのある誰もした事のない画家活動というものを考えついた。

 

 

これは簡単には真似できない。

 

その次の新しい画家活動についてはメルマガ内で僕と直接連絡を取り合える人だけに教えてあげようと思う。

 

沖縄に移住して夢の画家生活!!

沖縄に家族で引っ越す事に決定した。

 

とりあえず1ヶ月は那覇市から海の見えるマンスリーマンションを契約した。

 

これからはマンションのテラスで夜景を見ながらお酒を飲むのが僕の1日の中で最高の時間になる。

 

昼間は毎日同じビーチで絵を描く、

 

ドローンを飛ばしたり、

 

動画を撮影したり、

 

BBQをしながら日陰で小説を読んだり、

 

とにかく毎日のんびりした僕がそこにいるので是非遊びにきて欲しい。

あとアトリエも完成したら個展を毎日できるので、そこにも遊びにきて頂ければと。

 

 

 

PPS.
沖縄に行く前に大阪と東京でベロベロ飲み会相談会を開こうと思っていたが、最近インフルエンザにかかってしまったので大人数で集まるのは控えたい。

 

生後3ヶ月の僕の子供にもインフルエンザがうつってしまってかなり可哀想だったので、もう無理はさせたくない。

 

っという事でベロベロ飲み会相談会をするかしないかは今考え中。

 

 

飲み会相談会をする場合はメルマガを読んでくれている人達に限定して告知させていただく。

ベロベロと言っても毎回相談者と飲みに行く時はかなり大切な話はちゃんとしているのでご心配なく。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ