画家を目指す人のためのお役立ち情報まとめ

テレビ取材された!ハワイライブペイント13日目!


逆光によって切り絵のように黒く染まるいくつものヨットが穏やかな波の上に並ぶ。

 

水平線の少し上に浮かぶ夕日がダイヤモンドヘッドを赤く染め始めていた。

 

ハワイでのライブペイント生活も終盤に差し掛かり、残すところ後3日。

 

去年のクリスマスから描き始めた作品ももうすぐ完成しそうではあるが、後3日では

 

完成しないかもしれない・・・

 

 

そんな思いを抱きながらラストスパートをかけるべく今日も朝からワイキキビーチの芝生の上にキャンパスを組み立てて絵を描いていた。

 

 

そして今日もいつものように数多くの人との出会いがあった。

 

物音を立てずにこっそり写真を撮る人や凄いね〜と声をかけてくれる人、僕のこれから確実に叶える夢を真剣に聞いてくれる人、作品を見て感動して泣く人・・・

 

そして今日、僕に一番大きな変化をもたらしてくれたのが、ハワイのテレビ局のクルーがライブペイントを取材してくれた事だった。

 

なぜハワイで絵を描いているのか?

 

今まで僕がどんな活動をして来たのか?

 

絵に込められた意味。

 

これから叶える夢。

 

どこまで放送されるのかわからないが他にも沢山自分が伝えたい事を伝える事が出来た。

 

これまで自分をプロデュースする方法を学んで来たが、その全てがこの瞬間に凝縮されて伝わっているのではないかと思う。

 

夢を叶える人の特徴

何か夢を叶えたいと思う場合、そこに到達するまでのプロセスを明確にして一つ一つ行動して手に入れていかなければならない。

 

もしも過去の僕がこの事に気付かずに頭の中だけで「あれがしたいこうなりたい」と思い続けていたなら今もずっと悩み続ける人生しか待っていなかっただろう。

 

過去の僕は直感的にその事に気づいてので行動に移せたのかもしれない。

 

そして夢を追う場合、どんなに可能性が低くても周りが否定的な事を言おうと一切関係ない。

 

否定してくる人は挑戦した事がない人か世の中の大多数の意見に賛同してしまう人である。

 

そして何より自分の人生は自分で構築するものなので。

 

ひと昔前まではろくな絵も描けず、学校の英語のテストの時は家の近くの大学でハトに餌をあげて時間を潰していたほど英語が苦手だった僕が今では海外の人も驚いてもらえるような絵を描けるようになったし、世界中に外国人の友達ができるほどにまで英語力を上げる事が出来た。

 

何事も成功までのプロセスを考えてそれに必要な武器を手にいれるために行動し、ネガティブな意見には耳をかさずに成功までのプロセスを突き進む事が重要なのである。

 

このハワイライブペイントも僕の中ではまだまだ途中のプロセスにすぎない。これから先、このハワイでの活動が後で重要な役割を果たすことになる。

 

それまで楽しみで仕方がない。

 

ドローン撮影に夢中になった

今日は雨が降ったり止んだりだったので少し早めに切り上げてドローン初フライトに挑戦する事にした。

 

最初は軽い練習から始めたが、思っていたよりも簡単に空撮する事ができた。

 

ドローンの操縦もかなり楽しい。

 

もっと早く飛ばしていればよかったが、大阪での室内飛行の恐怖体験がトラウマで
あまり飛ばす気になれないまま、ハワイ滞在終盤になってしまった事を今更後悔してしまっている。

 

 

これからはドローンで世界中を空撮して見応えのある動画を制作し、それを画家活動に活かしていこうと思う。

 

次は沖縄でフライトする事にしよう。

 

 

 

PS.
そういえばテレビ取材がどんな番組でいつ何時に放送されるのか聞くのを忘れていた。

 

この数日後に急激にインスタグラムのフォロワー数が増加した日があったのだが、もしかするとテレビで放送された事が原因かもしれない。

 

インスタグラムではこれから沖縄での画家活動もストーリーで配信していくのでフォローよろしく。

 

あと、フォロワーが増えるスピードが早いので気付かずにフォローバックし忘れている人も中にはいると思う。

 

コメントして頂ければ気付けるので、その場合はすぐにフォローバックするようにしている。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ