自分で稼ぐ思考を持てば画家生活は動き出す。


 

毎日絵を描いてインスターグラムや
Facebookなどに作品をアップして
それでいて何の不安も感じないほど
収入を得て、1日の中で余った時間は
寝るのもよし、買い物に行くのもよし、
読書をするのもよし・・・

 

 

そんな夢の画家生活を僕は手にいれた。

 

 

 

そんな自由な画家生活をしたいと
強く思ったのは高校を卒業する数ヶ月前。

 

 

当時は

 

「絵が上手くなってから個展に出して有名になって・・・」

 

「どこかの会社に拾われてスポンサー契約をして・・・」

 

こんな事を考えてしまっていた。

 

 

もちろんその方法で活動して
上手くいった絵描きの知り合いもいる。

 

 

しかし、現在の日本のアート業界の
事情を知ってしまうとそこまでたどり着くには
他の人には出せない画力やコミュニケーション能力、
そして運も必要だという事を肌で感じた。

 

 

今の日本で上のような活動で成功する人は
ほんの数%ではないだろうか?

 

それに運良くどこかの会社に雇われて
仕事を得たとしてもそれがいつまで続くのだろうか?

 

こうなった時に上のコミュニケーション能力や
画力、そして人間力がなければそれで仕事は終わりである。

 

 

 

僕の持論として第三者に頼りきって
絵の仕事を得るという方法は安定もなく
将来の不安はとれないのではないかと思う。

 

 

日本に住む多くの人は

「会社に就職=安定」

っといった固定概念が強い。

 

 

これは大きな間違いであるのだが、
ほとんどの人がこの考えを持ってしまっているため
この考えが正しいと思っている人が多いようだ。

 

 

 

実際もうすでに30年以上生きてきたが、
「今の日本は景気が良い!」
っといった時期を僕は味わった事がない。

 

 

 

そして会社をクビになったり
給料が激減した人達を僕は何十人も見てきた。

 

 

それなのにまだ会社に就職して
安定を求める人がほとんどである。

 

もしもこの人達が
「自分で稼ぐ」という思考に
切り替える事ができれば
人生は大きく変わるのだが、
「自分は素人だからできない」
という固定概念がまた邪魔をする。

 

 

 

絵の仕事も同じで第三者に頼るより
1度「絵で生活する」という事を勉強して
仕事を自分で構築してしまった方が
時間の自由も収入も自分自身でコントロールできるのだ。

 

 

 

僕は絵の複製画を販売したり、
絵画教室を自動で開講したりしている。

 

この意味がわからないという人は
それは当たり前である。

 

勉強していないし、知識がないのだから・・・

 

 

 

 

僕の絵が好きでたまらないという人を集めたり
絵の上達をしたいと強く願う人を自動的に集めて
いるので、寝ている時も旅行に行っている時も
トイレで用をたしている時ですら収入が入ってくる。

 

僕はこれまで34カ国以上旅してきたのだが、
その経験から沢山の知識を学び、
それを実行に移した結果が今の生活に反映されている。

 

 

昔はバイトで8時間以上働いて
月に12万弱稼いでいた時期があったが、
自分で絵の仕事を構築してからは
家でのんびり絵を描いている間に
それ以上の収入が入ってくるようになったし、
今も常に新しいお客さんが入ってくる。

 

 

人間は多くの人が通る道を通りたがる傾向にある。

 

 

それが間違えた道であっても・・・

その道の人数が多いという理由だけで
安心するのだろう。

 

 

 

しかし、その固定概念を変えなければ
安定した絵の仕事を得る事は難しい。

 

 

 

現在、僕の通ってきた道には僕と

僕がその道を教えた成功者しかいない。

 

彼らはすでに自分で稼ぐ事の重要性に
気づく事ができたので成功したのだ。

 

 

彼らは自分で稼ぐという事を知ったおかげで
自分のペースで絵を描き、収入を得ながら
海外の旅を楽しんでいる。

 

 

 

僕はそのような人を増やす活動もしている。

 

 

しかし、自分自信で学ぶ姿勢を見せず、
全てを僕に託すような人には絶対に教えない。

 

単純に面倒だし、そのような第三者に
全てを託す癖のある人は何をしても
成功できないからである。

 

絵で生きる方法を勉強して知識に変え、
それを実行に移す。

 

 

これだけで画家人生は激変する。

 

 

その詳しい方法はZiNARTメールマガジンを
読んでくれている人にしか伝えていない。

 

興味があれば下の無料登録フォームからどうぞ。

 

 

そういえば最近僕が通っていた

絵の専門学校の同級生と話す機会があった。

 

絵を描いて生活している僕が気になって
連絡をくれたようだ。

 

 

彼は今結婚して子供もでき、
公務員の仕事をしながら休みの日に絵を描いている。

 

 

当初は絵だけで食べていけるように
頑張っていたようだが、結婚をして
子供もできた事から安定のある
公務員の仕事につく事となったと言う。

 

 

 

ついでに38年ローンで新築も購入していた。

 

 

 

世間一般から見れば完全に勝ち組である。

 

 

しかし、彼はまだどうしても絵で生活する事を
諦めきれず未だに絵を描きためているようだが、
独身時代とは違い仕事に追われる日々で忙しくて
休みもほとんどとっていない。

 

その上、休みの日は子供の面倒を見るとなると
絵を描く時間が限られてくる生活。

 

 

 

彼はこんな事を言っていた。

 

「お金に余裕あってもその分仕事に
時間を奪われるから絵を描く時間もない。
自分の生きたいように生きているZiNが
本当に羨ましいよ。」

 

 

 

もしも、彼が自分で絵の仕事を構築する選択をしていれば
時間も収入も余裕ができ、なおかつ「絵で生きている!」
っという充実感ある日々に変わっていただろう。

 

 

自分で稼ぐ発想がなかった事を
今になって悔やんでいるようだった。

 

 

 

何をするにも最初は不安がつきまとうと思う。

 

 

 

しかし、それを乗り越えなければ
自由な画家生活は夢のまた夢なのである。

 

どんな選択をするのも自由ではあるが、
将来後悔したくないのなら
「自分の絵で稼ぐ」
という選択を僕はおすすめしている。

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ