南の島でキャンプペイントをするその魅力とは?


「キャンプペイントって何?」

 

と思う人がほとんどだろうが、

それもそのはずキャンプペイントとは

僕が考えだしたキャンプをしながら

絵を描くというもの。

 

なぜいちいちキャンプをしながら絵を描くのか?

 

そこには多くの魅力が隠されているからだ。

 

そこで今回はキャンプペイントがいかに

画家にとって有意義で最高の時間を過ごせるのか?

 

その魅力を紹介していこう。

 

集中力が増す

3yamazamami

絵を描こうと思っても

中々やる気がでない時はないだろうか?

 

一日中アトリエにこもって絵を描いていても

良い絵を描けない時もあるはず。

 

 

それを解決するには気分転換で散歩や読書など、

一度違う事をしてから再び絵を描き始めると

集中力が持続するという効果がある。

 

 

キャンプペイントではその気分転換を

海に入ってリフレッシュしたり、

ビーチの日陰で波の音を聞きながら食事をしたりと

室内ではできないような気分転換ができるため、

再び絵を描き始める頃にはかなり集中力が

増しているのがわかる。

 

絵を描く時に最適なストレスを感じる事のない

集中力を増す方法・・・

 

それがキャンプペイントなのだ。

 

終わる時間は日没

zamami_eowari

朝は太陽の光で目覚め、

木漏れ日の下でハンモックに揺られながら

朝食とコーヒーを飲みながら昼まで

ゆったりした時間を過ごす。

jirosanasamesi

そして昼からキャンパスを

ビーチの日陰に設置して絵を描き始める。

 

気分転換に海に飛び込み、

そして再び絵を描く・・・

 

こうして一日中絵を描いていると

時間があっという間に過ぎ去っていき、

気がつけば太陽がオレンジ色に染まり、

それが今日の絵を描く時間の終わりの合図になる。

 

 

 

充実感と一日の終わりを告げる夕日で

心が穏やかになり、「明日も絵を描こう」

といったモチベーションも維持されるのだ。

 

仲間が増える

bradandchad1

僕は日本に滞在する時は必ず沖縄の

座間味にキャンプペイントをしているのだが、

この島は海外からの観光客が多い。

 

英語を勉強するなら海外へ行くより

座間味へ行った方が安くで

英語を話せるようになるのではないか?

と思うほどだ。

 

 

 

外国人は日本人より絵に関心があり、

ビーチで絵を描いていると様々な国籍の人達や

もちろん日本人も話しかけてくる。

 

 

そこで出会った仲間と共に

夜のキャンプ場で火を囲みながら話をする事で

より交流が深まり仲間意識が芽生えるのだ。

 

オーストラリアから来たアーティストの

ブラッドとチャドと一緒に絵を描く事もあった。

彼らは世界中を旅しながら

絵を描くアーティストで僕と同じような事をしている同士なのだ。

 

そしてここで絵の仕事を頂く事もある。

 

仲間も増え仕事にも繋がる一石二鳥の方法・・・

 

それがキャンプペイントなのだ。

 

まとめ

zamami-tent

 

キャンプペイントをしている人は

日本では僕だけかもしれない。

 

インターネットで探しても

僕以外の名前はでてこない。

 

この魅力を伝えたいし画家として

一緒に切磋琢磨できる仲間を

増やしていきたいので、

是非このキャンプペイントを実行に移して欲しい。

 

座間味の魅力は絵を描ける事もあるが

他にも様々な楽しみ方があるので

世界画家旅人の沖縄の記事を読んでおいて欲しい。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ