ブラックマーケットでアルゼンチンペソに換金する場所と方法


Buenos Aires_otoku

アルゼンチンのブエノスアイレスに行く予定があるなら是非

この記事を下まで呼んで欲しい。

 

ブエノスアイレスのATMでキャッシュを引き出すと
大損するのはご存知だろうか?

 

普通に日本からツアーで旅行しに行く人はこの情報を知らなくて
大損している人が多いようだ。

 

今回はなぜ大損をするのかこれから

ブエノスアイレスへ行く人の為に説明しておこうと思う。

 

換金する時はブラックマーケットへ!!

BuenosAiresblack

旅行者の多くが海外でも使えるクレジットカードを使って
ATMなどでお金を引き出して現金を手に入れるようだが、
ブエノスアイレスにはブラックマーケットと言う闇両替が
いたる所でおこなわれている。

 

闇両替と聞くと何だが怖いような気もするが、

ブエノスアイレスでは普通の事で多くの旅行者が

このブラックマーケットで換金をしている。

 

ブラックマーケットの背景にはアルゼンチンの

インフレが絡んでいて個人の財産を守るために

米$に換金したい国民が多いようで、
街のいたる所で年配のおじいさんから

若い人達までもが米$への換金の交渉をしにやってくる。

 

ATMで引き出す場合の換金率は米1$=6.60だが
ブラックマーケットの場合の換金率は米1$=9.90~10.00

とされおり、ATMで現金を引き出すより遥かにお得だ。

 

換金の仕方と換金できる場所は?

効率良くお金を両替するにはまず米$を用意しておく必要がある。

 

ブラックマーケットを知っている旅行者はドルをあらかじめ
自分の国から用意してくるようだ。

 

米$が用意できたらこの下の地図の赤い線の場所にあるフロリダ通りに行く。

BuenosAiresmony

ここを通ると

『カンビオ!カンビオ!チェンジマネーチェンジマネー』

っと大きな声で叫んでる男たちに遭遇する。

 

闇換金とは言うがこんなにもオープンに

闇換金をしている国は他にはないのではないだろうか。

BuenosAiresblack2

そのうちの一人にレートはいくらなのか聞くと

9.90という事だったので交渉成立。

 

換金する米$が少なければレートは悪くなるし

米$が多ければさらにレートが良くなるようだ。

 

この時は300$で9.90だったが日によって

レートが変わるのでそこは運次第でもある。

 

男について行くとビルの中のオフィスの

窓口のような場所に連れて行ってくれる。

 

そこには様々な国から来た大勢の観光客が窓口の前で並んでいた。

 

換金する時は偽札に注意する!!

自分の順番がまわってきて窓口に米$を渡すのだが、

ここで注意しなければならないのが偽札だ。

 

アルゼンチンでは多くの偽札が出まわっているようで

換金する時に必ず「透かし」「光の反射でキラキラするか」

などなど一枚一枚チェックする必要がある。

 

チェックが終われば換金完了。

 

オフィスについてから約5分程度で

換金作業は終わってしまった。

 

この時は300米$を換金したので

300$×9.90=2970pesoになった。

 

換金したお金でビールを買って自炊をする。

2970pesoを手にそのままスーパーへ行って

晩ご飯を買いに行った。

 

アルゼンチンはビールが安いので最高のビールを飲む為に

自炊も本気でやってしまう。

 

これはピリ辛ニンニクチキンクリーミー野菜炒め。

creamchicken1

まずトマトとチキンに塩こしょう、

唐辛子をふりかけて下味をつけて炒める。

creamchicken2

ある程度色が変わったらここに

パックで売っている野菜を入れる。

あまり炒めすぎるとシャキシャキした感触が

なくなってしまうのでそれほど炒める必要はない。

creamchicken3

そしてカルボナーラスパゲティー用の

クリームとニンニクで下味を付けていたソースを入れる。

creamchicken4

弱火で5分炒めたら完成だ。

creamchicken5

だれが食べても美味しい自信がある。

 

これと一緒にビールを飲みながら

次に描く作品の構想を考えていたりした。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ