海が奇麗で物価が安い世界の癒しスポット5選


海が奇麗でのんびりできて、しかも安い・・・

そんな場所で癒されながら最高の贅沢を味わいたい・・・

 

世界中にそんな場所が数多く存在する事を知っているだろうか?

 

僕は海がなければ仕事がはかどらない。

 

 

画家として世界43ヶ国以上をまわってきたが、

仕事で絵を描く時は、必ず海の近くの宿に滞在して作業をしていた。

 

 

その経験から、海の透明度が高く、しかも

物価が安くて旅行費を抑える事ができる

海沿いの場所を世界中で発見してきた。

 

その中で僕のお勧めの場所を紹介しよう。

 

バイロンベイ

byronbay

オーストラリアの中部にある

バックパカー達が集うアーティストの町

 

ゴールドコーストからバスで1時間半ほどで

到着する事ができるし、のどかな雰囲気の町でまさに南国。

 

ここにはキャンプサイトが多くあり、

中古テントを買うかレンタルすると滞在費も安くつく。

 

僕はある方法を使って

4ヶ月間一円も使わずに過ごす事ができた

オーストラリアで4ヶ月0円で生活する方法

 

マルタ共和国

malta

地中海の海に浮かぶ小さな国マルタ。

 

なんと言っても驚かされたのが海の透明度。

 

世界中を旅してきたが、

こんなにも透き通った海を見た事はなかった。

 

マルタは古い歴史があり町中に遺跡や奇麗な協会があり、

この島の人達も穏やかで親切にしてくれる人が多く、

僕個人的にはヨーロッパの沖縄と呼んでいる。

 

ダハブ

gahab

エジプトのシナイ半島の東にある小さな田舎町。

 

エジプトの海と言われてもイメージしづらいかも

しれないが、透明度が高く珊瑚礁が多く生息していて

世界のダイバー達がこの海を目的として

ダハブにやってくるほどだ。

 

そして驚くべきは一泊の料金が日本円で

約200円〜300円で滞在できる有名な

日本人宿がいくつかあり、この宿で

カップルになった人達を何人も見てきた。

 

旅人は恋するダハブと呼んでいる。

 

一日の食費も宿の人達とシェアすれば200円〜300円

ほどで済ます事もできる。

 

プエルト・エスコンディード

pueruto

メキシコの太平洋岸にあるプエルト・エスコンディード。

 

ここの波は有名で、

世界各国からサーファーが集まる場所でもある。

 

僕は絵の仕事がたまっていたため、海から徒歩5分でつく

一泊900円の宿で3ヶ月滞在する事にした。

 

近くには大型スーパーがあり宿のキッチンで自炊していたので、

食費もほとんどかからなかった。

 

夕日を見ながら宿で仲良くなった友達と食事をしたり

夜中までお酒を飲みながら語り明かす事もあり、

充実した日々を送る事ができる場所だ。

 

座間味島

zamami

日本の沖縄の本島から船で2時間ほどで到着する島。

 

一泊300円でキャン場を利用する事ができ、

キャンプ場のすぐ目の前が海なのでいつでも

海水浴を楽しむ事ができる。

 

朝と夕方に海に入ると高い確率ウミガメ

藻を食べに来るので、一緒に泳いだり

水中カメラで写真をとったりもできる。

 

座間味島のウミガメは人間に慣れているため、

近距離で観察できる世界でも珍しい場所だ。

 

海の透明度も本島とは比べ物にならないほど

奇麗で何度でも行きたくなる事は間違いないだろう。

 

僕も夏に日本にいる場合はここでキャンプをしながら

絵を描いて、だいたい1ヶ月半は滞在する事にしている。

 

滞在費や食費の事など考えないで

これだけ奇麗な海を堪能できれば

身も心も癒される事は間違いない。

 

是非あなたにもこれらの場所で何のストレスも感じない

のんびり快適な生活をおくって欲しいと思う。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ