不思議な能力がある青年は絵を描く人生を歩


この世界画家旅人で何度も話しているが

僕には不思議な能力がある。

 

深い眠りにつくと見た事もない世界へと

飛びつつ事ができる能力。

 

僕はそれがきっかけで絵を描く人生を歩もうと

決断したきっかけとなった。

 

そして、絵の修行をするため、

海外で画家として生活する方法を探すために

僕はオーストラリアへと旅立ち、

バイロンベイと言う海に挟まれた

ちいさな町でコミと言う青年と出会い、

彼もまた絵を描いていた。

byron_zekkei

そして彼には驚くべき能力が備わっている。

 

彼の事を皆マスターコミと呼んでいた。

 

今日はその話と、絵でお金を稼げない、

絵が上達しない人の特徴について語っていこう。

 

マスターコミの能力

byron_comikun

このバイロンベイと言う場所は

スピリチュアル的な文化があり、

地中深くに眠るクリスタルが

この地にパワーを送っていると言われている。

 

そしてこの地には常識では考えられない

ような事を当然のように言う人が多数

存在していた。

 

 

突然だが、あなたは「気」を信じるだろうか?

 

ドラゴンボールなどで手から気を放って

相手を倒すあれである。

 

 

僕は全くと言っていい程信じていなかった。

 

 

 

 

アーティストが集まる宿アーツファクトリーで

仲良くなったマスターコミとその他の

日本人の友人数名いたが、その時は

誰もその話を信じようとはしなかった。

 

 

 

 

しかし、このスピリチュアル的な土地に

長らく住んでいる多くの人達だけは

「気」は当然のようにあると言う。

 

 

それでも僕は信じていなかった。

 

 

 

 

するとマスターコミが

 

「じゃあZiN君にも気が見えるようにしてげるよ!」

 

っと言い僕を仰向けに寝かせると

僕の額に親指を立て、何やらパワーを送っている。

 

何をしているのか聞くと

 

「ZiN君の第三の目を開いてる」と言う。

 

 

 

何をわけのかわらない事を言っているんだ。

 

僕はそう思っていたが、

一応、彼の相手をしてあげる事にした。

 

 

 

ものの5分で「もういいよ!」

と言われ、それから気の見方と

言うものを教わった。

 

 

まずは暗闇で指を立てて

その指先を集中して見つめる事。

 

ただそれだけだった。

 

 

 

数分間集中して指先を見ていたが

何も起こる気配がない。

 

やはり、気なんてものは

思い込みの一種で本当にあるわけはない。

 

 

その時はそう結論付けて

気を見る事をやめてしまった。

 

 

それから数週間経ったある日、

その時まわりにいた日本人の友人が

気が見えるようになったと言いだした。

 

なかには、気は見えないが手のひらに

溜める事ができると言う友人も・・・

 

 

 

なんてクレイジーな人達なんだ・・・

 

この時点でも全く信じていなかった僕は

彼らが洗脳されて思い込みに負けてしまい、

それで見えもしないものが見えているだけ

だと考えていた。

 

僕以外の日本人の友人や、

ヨガを教えている外国人の人、

そしてこの町に長く住む人は

「気」の存在を強く肯定していた。

 

 

 

僕も改めてコミ君に気は思い込みで

見えるだけだろうと言うと

「いや、あるけど、まぁ信じれないよね」

と言ってその話は終わった。

 

 

しかしそれから数ヶ月後、

僕は驚愕の体験をする事になる。

 

その話は後日詳しくお話していこう。

 

マスターコミの黒魔術

byron-comipaint

マスターコミも絵を描いていると言っていたが、

上の写真のような絵を描いていた。

 

誰もが何を描いているのだ?

と思うかもしれないが僕はこの絵を

さらに芸術的にするスキルを持っている。

 

僕だけのタッチの描き方と色合いを

マスターコミの作品をモデルとして

描く事で世界に一つしかない作品を描く事も可能。

 

 

独創的な絵と言うのは

あなただけからしか生まれない絵のタッチや

世界観、色合い、考え方などを組み合わせる事で

生まれ、それを得るにはまずあなた自信が

あなただけのスタイルを発見するしかない。

 

その発見の仕方は僕のメールマガジンで

発信しているオンライン絵画教室ZiNARTの中で

詳しく説明しているので興味があれば

下の無料登録フォームにアドレスを入力して

僕からの情報を受け取って欲しい。

 

ちなみに解除も簡単にできるので心配ない。

 

共感されなければ絵で稼げない

byronbay_beache1829

まだ海外で絵を描いて収入を得てから

数日しか経っていなかったが、

僕は安定的に1日で十分すぎる程の

金額を稼げるようになっていた。

 

僕の方法に興味を持ったマスターコミも

ライブペイントで絵を描いてお金を稼ぎたいと

言いだし、いつも僕がライブペイントをしている

場所を教えてあげた。

 

 

キャンパスを広げてく露魔術のような

作品を描き上げるマスターコミの絵を見て

まだ絵の塗り方や影の付け方をマスター

できていないと思ったがライブペイントに

挑戦してお金を稼ぐ事は良い事なので見守る事にした。

 

結果的に3時間やっても

1円も入ってこなかったようだ。

 

 

 

マスターしているのは気の見方だけだった。

 

 

マスターコミはまだ当時18歳の青年。

 

これから絵を描き続ければ

絶対に上手くなるが、現在彼は消息不明

なので、どこで何をしているのかはわからない。

 

やはり絵で稼ぐとなると

いくら外国のように絵に関心がある人が

多い場所でも人を魅了する作品、

一目みれば立ち止まるほどのインパクトが

ある作品を描き上げなければお金を稼ぐ事は

難しいのかもしれない。

 

そしてマスターコミの場合、

他にも稼げない問題があると思った。

 

 

 

彼のライブペイントを見ていると

人と話さず、一心不乱に絵を描き続けていた。

 

ここで大切なのは見てくれる人と

会話をして絵の価値や、自分がどのような

活動をしているのか?そしてその絵には

どのような意味が込められているのか?

などを語る必要がある。

 

彼はそれをせず、黒魔術を一心不乱に描くだけ

をしていたので他人からすれば

「わけのわからない絵を描いている」

これだけで終わってしまい、到底収入が発生する

とは思えなかった。

 

 

しかし、マスターコミは

「バイロンベイは自分の絵と合わない」

とこの場所が悪いと言いだした。

 

 

そんな事はない。

 

むしろ、スピリチュアルな場所であり、

マスターコミが描く絵はそのような

非現実的な表現をしている絵なので

合わないとは僕は思わない。

 

 

 

上手くいかない事に何か理由をつけて

否定している人でそれ以上に成長した人を

見た事は今だかつて一度たりともない。

 

その事に気付けずになぜ自分の絵が売れないのか

理解できていない絵描きは日本には大勢いる。

 

 

絵で生活できていないのなら

まず自分のスキルが不足している箇所を認め、

それを改善していく事でしか成長はありえないのだ。

 

 

 

 

次回はバイロンベイの観光客が知らない、

秘密の場所に行った話をする。

 

そこはジュラシックパークのような

大自然が広がり、ジャングルのような森と

その奥地に美しい滝壺がある。

byronbay_urasuji

ここはあまり知られていない場所なので

バイロンベイに行く際は絶対に行って欲しい

特別な場所である。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ