オーストラリアへ絵の修行の旅をする事にした


絵の修行の旅は自分の人生の中でとてつもなく大きな一歩となった。

SONY DSC

修行の地はオーストラリアを選んだ。

 

最初はどこでもよかったのだが、友達にオーストラリアに滞在するならワーホリVISAを取得すると2年間滞在できると教わったのですぐにワーホリVISAを申請した。

 

昔から海外を旅する事に強い憧れを抱いていたので、何の恐怖も不安もなかった。

 

っと言うよりむしろどんな冒険が待っているのかワクワクしていた。

 

 

もちろんこの頃は英語なんて

 

「THIS IS A PEN」

 

くらいしかわからなかった。

 

しかし、何故か話せるようになる自信だけはあった。

 

行き先も

 

「オーストラリアの上の方」

 

っとだけ決めていて、

そこからは行き先も宿も到着してから決めようと思っていた。

 

 

 

最大の目的は絵の修行。

 

 

 

それさえ出来ればなんの問題もなかったのでとりあえずカバンの中にスケッチブックと絵の具とペンを入れた。

jyunbi

その他に必要な物はヨドバシカメラで全部買いそろえた。

jyunb2

そして飛行機のチケットを購入して出発の2週間前にはすべての準備が整っていた。

 

あとはその時を待つばかり。

 

 

 

毎日興奮とワクワクで寝れなかった。

 

 

 

しかし・・・

 

出発予定日の一週間前に事件が起きてしまった。

 

 

 

 

 

今思い返せば僕の人生はそう簡単にうまく事が運んだ試しがなかった。

 

 

 

 

弟がバイクで違う世界へと旅だってしまったのだ。

 

 

 

両親も僕もショックで何もできなくなり動く気力も失ってしまった。

 

 

 

もちろん修行の旅も延期になった。

 

 

 

ショックで落ち込んでいる

両親をおいて自分だけ海外に行く事はできなかった。

 

それから2ヶ月が経過し、

ようやく両親が落ち着きを取り戻した頃に話をした。

 

 

 

自分にとってこの修行の旅は人生で大きな武器になる事。

 

絶対に危険なマネはしない事。

 

 

 

両親も反対する様子もなく心配してくれているのは感じたが、何も言わないで見送ってくれた。

 

 

 

 

そしてようやく出発する事になったのだった。

 

目的地は

「オーストラリアの上の方」

っという事だけを決めて意気揚々と飛行機に乗り込んだ。

 

オーストラリア修行の旅初日であんな事になるとも知らずに・・・


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ