クレイジーな絵を描く少年と行く!肌がスベスベになる湖!



以前からこのオーストラリアの旅で

度々でてくるマスターコミ。

 

彼とはアーツファクトリーで仲良くなり

バイロンベイの暮らしを一緒に楽しんでいた。

 

 

彼は不思議な能力を持っており、

『気』を操る事ができる。

 

僕はこの時まだその事を信じていなかったが、

後に信じざるを得ない状況になってしまう。

 

これ以外にもマスターコミは

他にもクレイジーな考えを持つ少年であった。

 

彼も僕と同じように絵を描いていた。

 

その絵がこちらの黒魔術のような作品。

byron-comipaint

まさにクレイジーな青年だが、

僕はこの作品に伸びしろを感じるし、

僕の通ってきた道を歩めば十分この作品でも

収入を発生させる事ができると考えている。

 

このようなスタイルの絵を好む

コアな人を集め、この絵の意味を伝え

ファンにする事でそれが可能となる。

 

しかし、これには知識と情報がないと難しい。

 

その具体的な方法はZiNARTメールマガジンの

中で話していく予定なので興味があれば

無料のメールマガジンを読んでおいて欲しい。

 

全財産を車に使ってしまうマスターコミ

byrobay-komicar

オーストラリアの旅を快適にしてくれるのが車である。

 

僕も車を購入していつも海の前に

車をとめてのんびり絵を描いていた。

byronbay-ekakucar

それを見たコミが羨ましかったのか、

車が欲しいと言いだしたが、彼の全財産は

約20万円ほどしか持っていない。

 

オーストラリアを旅するなら十分な金額であるが

彼は絵で収入を得る事ができなかったので

お金は大切に使うしかない。

 

そんな時に日本人の友人が車を売りたいと

申し出たのでそれをマスターコミに話すと

すぐに車を見に行く事にした。

 

 

 

車はハイエースのような大きな車である。

 

車の中に寝泊まりするのなら申し分ない

広さであり、快適に過ごせるだろう。

 

 

 

いくらで売りたいのか友人に訪ねると

彼は20万円で販売したいと言う。

 

この大きさでこの先、宿代の事を考えると

決して高くはないがマスターコミの全財産は

20万円・・・

 

 

 

この車を買えば貯金がなくなってしまう。

 

 

 

これは良い車だが、マスターコミには買えない

だろうなと思っていたがさすがマスターコミ・・・

 

 

 

「いいじゃん!買う!」

 

 

 

と言いすぐに銀行に向かい、

お金をおろして現金を持ってきた。

 

 

 

僕は信じられなかった。

 

この先どうして生活するのだろうか?

 

お金を稼げるのなら問題ないが、

彼はまだ仕事も決まっていないし、

絵で稼ぐ事もできていない。

 

幸いこのバイロンベイに滞在していて、

車を持っていれば1円もかからず

生活する事が可能だ。

 

その方法はこちらの記事で紹介している。

オーストラリアで4ヶ月の旅費0円で生活する方法

 

泳ぐだけで肌がスベスベになる湖にいく!

byronbay-jyanguruoku

車を購入したマスターコミは上機嫌で

バイロンベイの裏にあるティーツリーレイク

に行こうと提案してきた。

 

ティーツリーにはオーストラリアの

化粧品にも使われている肌をスベスベにする

樹液が含まれている。

 

そのティーツリーがバイロンベイの

裏の森にある湖のまわりに何千本も

生えており、その樹液が湖に染み込んでいるのだ。

 

それがティーツリーレイクである。

 

ここはあまり日本人にも知れ渡っては

いないので僕のお勧めのスポットだ。

 

 

 

マスターコミがテンションを上げながら

車を走らせ、ジャングルの奥地へと突き進む。

byronbay-takitocyu

途中で大きな滝があったのでここで

少し休憩していると動きが遅い動物がいた。byronbay-kitanaitokage

後で知った事だが、このトカゲのような動物は

毒はないが噛まれればその口の中に潜むばい菌が

人間の体に悪影響を与えると言う。

 

簡単に言えば口が汚過ぎるトカゲである。

 

動きがかなり遅いので触れそうだが、

見かけた人は絶対に触らない方がよい。

 

バイロンベイから1時間ほどかかって

ようやくティーツリーレイクに到着した。

byronbay-teetreelake

湖の色は樹液が浸透しているためか

薄赤色に染まっている。

 

最初は抵抗があるが、泳いでいる内に

すぐに肌がスベスベになるのがわかる。

 

オーストラリアの紫外線は日本の5倍は

あると言われており、オーストラリア人は

紫外線対策をあまりしないようで

肌がカサカサの人が多いように思う。

 

 

 

しかし、ティーツリーレイクの近くに住んでいる

女性はよくこの湖で泳いでいるらしく、

確かに他の地域の人とは肌質が違うように感じた。

 

およそ1時間程ここで泳いでいるだけで

全然肌の質感が変わっている。

 

 

 

バイロンベイに訪れる際はこの

ティーツリーレイクに是非足を運んで欲しい。

 

っと言っても車がなければここへ行く事はできない。

 

バイロンベイには多くの日本人が住んでいるので

仲良くなった日本人に訪ねれば連れていって

くれるかもしれない。

 

バイロンベイでお金を稼ぐ

byronbay_kasegu

十分楽しんだのでバイロンベイに戻る事にした。

 

僕は1日の生活費を稼ぐため

毎日ライブペイントでお金を稼いでいた。

 

しかし、この日は朝から遊んでいたので

夕方からライブペイントをしてお金を稼ぐ事に・・・

 

わずか1時間で3000円程稼いでしまった。

 

バイロンベイに来てからすでに2ヶ月以上

経っていたが、完全に絵で収入を得る方法を

発見してしまった。

 

しかし、僕は海外に移住する気はない。

 

この時はこの生活を一生しようと思っていたが

VISAの関係もあるので一生はする事はできない。

 

そんな考えが頭の片隅にあり、

やはり日本に滞在しながらも絵で

収入を得る方法を発見する必要があった。

 

それから5年の月日が経った現在・・・

 

僕は日本でも違う国でも絵を描いて生きる方法を

発見し、それを実行に移す事により、今の自由な

生活を手にいれた。

 

好きな時に起き、好きな時に絵を描く。

 

好きな場所で絵を描いても

それで収入が発生する。

 

 

日本で画家になる事は難しいとしか言われていない。

 

しかし、そんな事は信じなくてよい。

 

 

それは失敗した人のただの言い訳であるから。

 

 

僕は僕の考えたその方法を

伝えていく活動もしている。

 

この活動により、日本でも絵を描いて

生きていける人が増えればなと考えているのだ。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ