人生で起きたいい事も悪い事も利用して夢を叶えた画家


byronbay_kimochiinu

僕は夢を持って生きてきた。

 

そんな僕の人生にはこれまで様々な

トラブルや困難が襲ってきた。

 

夢とは程遠い自分の姿に心が病んだり、

弟が事故で亡くなってしまったり・・・

 

数えるとキリがない程不幸がやってきた

時期があったが、何とか撮り超える事ができ、

今ではその夢も叶え自由な生活を手にいれた。

 

 

僕の夢は絵を描いて生きる事・・・

 

つまり画家を目指していたのである。

 

 

僕は旅にでる。

 

 

そう決断してからもうすでに

7ヵ月の月日が経っていた。

 

 

 

オーストラリアのケアンズから始まり、

それから南下してバイロンベイ

という町にたどりつき、そこで絵で稼ぐ

方法も発見し、多くの人と出会い、

様々な国籍の友人もできた。

 

旅に出る前と後を比べると

僕の人生は急激にいい方向へと

変化していくのが感じ取れた。

 

いい事も悪い事も全て

プラスにする事を学んだからだ。

 

 

最初は英語を学ぼうと行きたくもない

クラブに外国人とよく行く事があったが、

英語漬けの日々が嫌で逃げ出したり・・・

cairnsnakayoku

 

旅の途中のバスにおいていかれて

知らない田舎街に取り残されたり・・・

a-ri-beachki

 

 

公園で絵を描いているだけで

絵の依頼が次から次へと頂けたり・・・

byronbay_beache1829

 

絵を描いているだけでお金がもらえる

方法を発見したり・・・

 

 

これまで旅で学んだ事は確実に

僕の画家人生の役にたっている。

 

 

いい事も悪い事もすべて自分の肥やし

になっているのだ。

 

いい事は肥やしになるが

悪い事がどう肥やしになっているのか?

 

例えばこのランチ食中毒事件。

byronbay_bentoukusaru

 

僕は毎日海の前に車をとめて

絵を描いたり、映画をみたりしながら

のんびりくらしていた。

 

お昼にアーツファクトリーという

宿のキッチンを借りて作った

ワイルドアボカドチャーハン

ビーチの前で海を眺めながら食べて

ビールを飲んでいた。

 

お腹がいっぱいになったので

ビーチの前の日陰で昼寝をする事に・・・

byronbay_yuttaritime

 

1時間後・・・

 

 

お腹が痛い・・・

 

 

どうやらチャーハンが南国の熱気に

負けてしまったようだ。

 

僕は体が強い方なので海外保険には

入らずにここまできてしまった。

 

なので病院にはいけず、自力で治すしか

方法がなかったのだ。

 

 

この腹痛と3日ほど戦っていると

少しづつ体調がよくなってきた。

 

 

 

 

っとこのような悪い経験も旅をしていると

いい経験になってしまう。

 

なぜなら、

今こうしてあなたに伝える事ができているからだ。

 

そしてそれが後に絵の収入につながる事も

知る事となるのだが、どのようにして

絵の収入に結びつくのかは

ZiNARTメールマガジンを

呼んでもらえれば理解できると思う。

 

 

 

 

人は普段から普通に生きていると思っていても

必ず良い事や悪い事が舞い込んでくる。

 

 

 

 

それを利用して絵で収入を発生させる方法も

発見したので今僕はこうして旅をしながら

絵を描く生活ができているのだ。

 

 

日々の日常を利用して絵を描いて十分な

収入を得る仕事なんて他にない。

 

そろそろ次の旅に出る

byronbay_massagekomi

 

僕の人生を変えた土地と言っても

過言ではないバイロンベイ。

 

ここはオーストラリアの東部にある

小さな田舎町であり、世界中から

サーファーやアーティストが集まる町

として有名な場所だ。

 

ここでは様々な出会いがあり、

今まで経験した事もないような出来事に

何度も遭遇する事となった。

 

そんな町をそろそろ離れなければならない。

 

 

なぜならオーストラリアには

ワーキングホリデーVISAで滞在しており、

どこかの農場で3ヶ月働けばもう1年滞在できる

VISAを手に入れる事ができるからだ。

 

 

 

ただ僕は絵以外の仕事をしたいとは思わない。

 

 

 

以前旅でる前は様々な職業についたが、

会社に縛られながら仕事をするという事が

僕にとってはかなり苦痛でしかなかったからだ。

 

 

しかし、セカンドVISAをとるのなら

どうしても農場で働かなければならなかった・・・

 

 

しかし、まだどこの農場で働くか

決まってもいない。

 

幸い車を購入していたので

旅をしながら仕事を見つける事は

それほど難しくはない。

 

次は農場の仕事を探す旅にでる。

 

 

 

っと言う事で今までバイロンベイで

仲良くしてくれた仲間に別れを言いに行く事にした。

 

外国人で一番仲良くなったのが、

ブラジルから来た天才アーティストのリーフ。

 

僕は彼の住むシェアハウスに毎日のように

遊びにいき、絵の依頼まで頂いた。

 

彼の家に行くとその他の友人も来ており、

最後に海に行こうと誘ってくれた。

byronbay_reefsaigo2

 

これまでの人生だと外国人と接する事もなく

ただただ夢を追って生きていただけであったが、

自分の人生にこのような出会いがあるなんて

想像もしていなかった。

byronbay_reefsaigoneru

 

中学生の頃に家族でごはんを食べに行った時に

外国人と楽しそうに話をする日本人を見て

憧れを抱くようになった。

 

僕は今その人物になろうとしていると

実感できたのがリーフとその友達と

これまでの旅の話をしている

この瞬間であった。

 

1年前の自分とこの瞬間の自分を

比べてもできる事が大幅に増え、

やってみれば何でもできるという

自信を得る事ができたし、これからの

旅でさらに自分がどれだけ成長できるのか

かなり楽しみである。

 

次回からいよいよ新しい旅にでる。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ