コミュニケーションは心でとる!?外国人と仲良くなる一番簡単な方法


cairnsnakayoku

ケアンズについて数週間が過ぎたが、

いまだに英語を話す事ができなかった。

 

しかし英語が話せなくても

話そうとする姿勢を見せれば

コミュニケーションをとってくれる

外国人も増えていく。

 

一人でケアンズに来て初めは友人も

できず、英語も話せないので

どう話しかけていいのかもわからなかったが、

公園で絵を描いているとむこうから

話しかけてきてくれて遊びにも誘ってくれるようになる。

 

そんな英語を話せない生活の中で学んだ

外国人と仲良くなる一番の方法・・・

 

 

 

 

それは一緒にお酒を飲む事だ。

 

 

 

 

お酒を飲む事によって何を言っているのか

理解できなくてもその場の雰囲気で仲良くなれる。

 

そして片言で

「これから絵を描きながら旅をする」と説明すると

僕のこれからの生活を見てみたいから

連絡先を教えてくれと言われる事も多かった。

 

 

 

国籍関係なく人はこれから何か

新しい事をしようとする人に興味を持ち、

それが後に大きな繋がりになる事を後で知る事になる。

 

人と人との繋がりはいつか人生の財産になり

画家として活動していく上で大きな武器にも

なりうるのだ。

 

 

 

 

僕が毎日公園で絵を描いている事を知っていたのか

公園まで僕を誘いにきてくれるまでの仲になった。

 

これもお酒を一緒に飲んだという仲間意識がそうさせて

いるのかもしれない。

cairns_volleyball

この日はバレーボールに誘ってくれて、

その後はもちろんBARへ直行する。

cairns_barnakayoku

そんな生活をしていると少しではあるが、

英語を聞きとれるようになっていった。

 

 

 

外国人と飲みにいくだけで数多くの事を学ぶ事ができ、

自分自身も少しずつ成長していく感覚を実感できる

瞬間に何度も遭遇する事があった。

 

人はこうして成長していき今まで出来なかった事

ができるようになるにつれ自信もついていくのだ。

 

 

 

初めから怖がって何もしないのなら成長はありえない。

 

勇気をだして一歩前に進めば何事もできるようになるのだ。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ