理不尽な絵の依頼を頂いたので逃げた話


byronbay_beache1829

絵の修行の旅に出てから
これまで何度も絵の依頼を頂いた。
今でこそ世界に5人いるクライアントさん
にしか原画を得る事はなくなったが、
この当時は絵の依頼を頂いても断る事なく
全ての依頼を受けていたし、
それが生活の糧になっていた。

 

しかし、そんな状況でも
一度だけ理不尽な依頼を頂いて断った事がある。

 

ボーナスは絵の依頼

byronbay_gakakatudou1113

バイロンベイに長く滞在していて、
そこでライブペイントを中心に
絵でお金を稼いでいた。

 

路上でライブペイントをしているだけで
通りすがる人がお金を放り投げてくれるし、
ポストカードの売れ行きも申し分ない。

 

 

そして最大のボーナスは絵の依頼であった。

 

 

絵の依頼がある時は急激にお金が貯まる。

 

僕は常にそのボーナス収入を意識しながら
絵を描いていた。

 

 

そんなある日、1人の男が
ライブペイントをしている時に話しかけてくる。

 

 

 

「僕はホテルを経営しているんだけど壁画を描いてくれない?」

 

 

 

突然の事だったので戸惑ったが
ひとまずそのホテルの見学をしてから決める事に。

 

ジャングルの中の宿

byronbay-morinnoyado

そこはバイロンベイからジャングルの

奥地に車を1時間ほど進んだ所にある

レインボーテンプルと言うホテル。

 

ホテルと言うより民宿のような宿だが
周りは自然に囲まれており、
野生動物も頻繁に出没する。

buronbay-moriyadosoto

この中にはステージのようなものも
用意されており、ジャングルの中で
ひっそりと行われる音楽イベントも
開催されるようだった。

buronbay-sutage

トイレはポットン便所で匂いがきつい。

綺麗なトイレでしか用を足せない僕は
ここには滞在できない。

 

 

中は4回建てで螺旋状に階段がかかっており、
部屋が無数にある。

 

セカンドVISAが欲しい・・・

byronbay-rasen

宿のオーナーに依頼されたのが

壁がを僕のタッチで描いてくれとの事・・・

 

 

この宿の3階は360度壁に囲われており、

その360度全ての壁に絵を描いて欲しいとの事。

byronbay-rasen2

しかし、この時僕はセカンドVISAを

手に入れるため農場で働かなければならなかった。

 

セカンドVISAとはワーキングホリデーの

システムで農場で3ヶ月以上働くとさらに

1年オーストラリアに滞在する事ができる

滞在許可書のようなもの。

 

そのVISAを手に入れるため長期間は

絵の仕事ができい状況であった。

 

オーナーの理不尽な依頼

byronbay-rihujin

この大きな絵を僕のタッチで描けば

恐らく3ヶ月以上はかかる。

 

僕は絵を描く時は絶対に手を抜かない。

 

中途半端な絵を描けばその作品を見た人が

そのレベルの絵を描く人と思ってしまうからだ。

 

それ以前に僕自身が納得できない

作品は絶対に描けない。

 

それをオーナーに伝えると

「頼む!1週間で描いてくれ!」

 

と僕の都合は全くの無視。

 

そこから僕はここのオーナーに

何か違和感のようなものを感じた。

 

 

怪しかったので値段はどれほどを

考えているのか尋ねると・・・

 

「お金払えない!泊まってもいいから!」

 

 

さらに

 

「5千円までなら絵具を買うから

なくなれば君の絵具を使ってくれ!」

 

 

 

僕の絵具はリキテックスのアクリル絵具を

使っており、日本からわざわざ愛用しているものを

持ってきたのだ。

 

3、4色買えば5千円なんて余裕で超える。

 

 

このオーナーは僕のこれからの旅の事を

考えてくれていない。

 

できるだけ安くで絵を描いて欲しいと

言う欲望が丸見えである。

 

僕は考えておくと言い残し、

バイロンベイに戻っていった。

 

もちろん仕事をする気はない。

 

ライブペイントをしている方が

僕の絵の価値を分かってくれる人からの

依頼を頂ける可能性の方が高い。

 

僕は僕の絵の価値を理解し、

絵を大切にしてくれる人からの

依頼しか受ける事はない。

 

ここのオーナーは僕の絵を

安く扱おうとしていたので気分が悪かった。

 

追いかけてきたオーナー

umibyron

バイロンベイにはアーツファクトリーと言う

アーティストが集まる宿がある。

 

僕は普段車に寝泊まりしていているが、

ここの受付にパスポートを渡すと中に

入る事ができ、シャワーとキッチンを

使わせてもらい、友人たちと朝食と夕食を

食べる生活を繰り返していた。

 

この日も朝からアーツファクトリーで

朝食を食べていた。

 

すると聞き覚えのある声で

僕の名前を呼ぶ声がする。

 

 

よく見るとそこにはレインボーテンプルの

オーナーが立っていた。

 

なぜ僕がここに滞在しているのを知っているのか?

 

僕は毎日ライブペイントをしていたので

すでにバイロンベイでは少し名が知れ渡っていた。

 

 

彼は街の人に日本人の絵描きを探していると

聞き歩いて僕の居場所がわかったらしい。

 

それから1時間ほど

「お金は払わず、絵具代を5千円まで、1週間で」

と言うむちゃくちゃな条件で頼まれていた。

 

 

ずっと断っていたがl、

いい加減面倒になったので

わかったわかったOKOKと言うと

満足して帰っていった。

 

もちろん僕はセカンドVISAを手に入れるため

農場に働きにいく事にする。

 

世界を旅する画家のまとめ

byronbay-hajimetebasukingu

たまにタダで描いてくれだとか

1週間以内に描いてくれだとか

無茶なお願いをする人が来る事がある。

 

 

僕の絵は独特のタッチを出すために

時間をかける必要がある。

 

中途半端な絵は絶対に描かない。

 

それは僕のプライドというか、

ポリシーと言うのか・・・

 

とにかく無茶な依頼は断るように

しているのでわかって欲しい。

 

僕は完璧な商品しか売らない事にしているので。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ