サーファーズパラダイスに滞在して感じた絵の事と人の違い。


オーストラリアにはサーファーの楽園がある。

 

そこは奇麗なビーチと柔らかい砂、

そして後ろを振り返ると超高層マンションが

建っており、いかにも金持ちが住んでいる街並

がビーチにそって遠くの方まで広がっている。

surfers-yokonagabeech

 

場所はゴールドコーストにある

サーファーズパラダイス。

surfers-yorubeech

 

まさにサーファーにとっての楽園である。

 

僕がここに来た理由はサーフィンをするためでも

買い物をするためでもない。

 

 

日本に住んでいた時に絵の依頼を頂いた

日本人女性がこの街に住んでいるので

会いにきたのがその理由である。

 

 

その頃は絵の専門学校を卒業して

グラフィックデザイナーとして

働いたあと、そろそろ絵の仕事に

シフトチェンジしようと考え絵の仕事を

とるような事をし始めた頃だった。

 

 

ある日大阪の堺浜と言う場所にある

映画館で映画を2本見た後、隣に建っている

承服の湯と言う銭湯で岩盤浴で体の疲れを

癒した後、銭湯にある居酒屋でお酒を飲んでいた。

 

休日と言う事もあり僕はテレビを見ながら

テーブルに座りビールを5杯ほど飲んで

ベロベロに酔っぱらっていた。

 

 

 

 

すると突然僕の携帯電話が鳴った。

 

知らない番号、しかも見た事もない数字が

並んでいたので少し怪しんでしまった。

 

 

 

 

電話をとると女性の声が聞こえる。

 

それがサーファーズパラダイスに住む

僕のクライアントさんのAIRIさんだった。

 

 

AIRIさんとは以前からアメブロでコメントを

し合う中であったがまさか突然電話がかかってくる

とは思ってもいなかった。

 

 

僕は焦って

「すいません今ベロベロなんです」

と言ってしまった。

 

そんなこんなで話が進み

AIRIさんの飼っているペットの

空ちゃん陸ちゃんを僕の世界に描いて

欲しいとの依頼であった。

 

 

空ちゃん陸ちゃんはオーストラリアに生息している

レインボーロリキートと言う鳥である。

DSC_1652

 

AIRIさんから空ちゃん陸ちゃんの写真や

動画を見て一度頭の中に叩き込み、

それを再び頭の中で3D画像のように

様々な格好や角度にして僕の世界に合う

アングルまで持っていき、良い角度で

止めてそのままキャンパスに描いていく事にした。

 

 

出来上がりがこの作品ではあるが

ペットを似せると言う事はかなりハードルが高い。

SONY DSC

ペットの違いを一瞬で見抜けるのは

その飼い主以外にいないからだ。

 

赤の他人の僕が似せようとしても

やはり全て同じに見えてしまう。

 

 

しかし僕はどうにか空ちゃん、陸ちゃんの

特徴をつかみ、描き上げる事に成功した。

 

 

その絵はすでにAIRIさんに日本から

送っていたので家に飾っているようだった。

 

 

 

 

 

 

話は戻るがそのAIRIさんがこの

サーファーズパラダイスに住んでいる。

 

 

 

 

 

僕の原画はそれほど安くはないのだが、

それでも原画を購入してくれたAIRIさんはどの

マンションに住んでいるのか・・・

 

 

 

どこを見ても家賃が高そうなマンションしかない。

 

 

 

 

そう言えば宿もケアンズに比べると

かなり高めに設定されている事に気付いた。

 

 

後で知った事だがケアンズはオーストラリアの

中でも比較的物価が安い場所であり、

旅初心者の人はケアンズから始める方が

良いかもしれない。

 

 

 

僕の泊まっている安宿からAIRIさんに

連絡を入れると今は仕事中で休憩時間に

会いにきてくれると言う。

 

 

僕はそれまでビーチの前にある日陰で

絵を描く事にした。

 

 

ケアンズで絵を描いていると

話しかけてくれる人が多かったが、

サーファーズパラダイスでは人は集まって

くるものの話かけてはこない。

 

 

ケアンズは地元に住んでいる人が

話かけてくる事が多かったが

サーファーズパラダイスはオーストラリアでも

有名な観光地であるため観光客が遠くから

見ているだけのようだ。

 

話かけてきても一人か二人である。

surfer_hitori

 

やり方にもよるがここで絵を描いていても

効率が悪く、お金を稼ぐ事はできない。

 

また新しい知識を得た瞬間でもあった。

 

 

気にせず絵を描いていると

後ろから僕の名前を呼ぶ声がした。

 

 

後ろを振り返るとそこには写真でしか

見た事がなかったAIRIさんが立っている。

 

 

現実にいると分かっていても写真と電話でしか

話した事がない人が目の前に現れると

何だか不思議な気持ちになる。

surfer_airihatu

 

愛理さんと少し話しをして

今度の休みにカジノに行く約束をして

仕事に戻っていった。

 

 

もう少しサーファーズパラダイスで

のんびりしてから次の街にいくのも悪くない。

 

 

僕は宿に戻り宿泊を3日延ばす事にした。

 

 

夕方になると奇麗な夕日で空は赤くそまり

街は観光客で溢れ帰っている。

surfer_yuuhihatu

 

買い物に興味がある人ならこの街は

楽しいと思うが僕は荷物が増えるのが

嫌で何も買う事はなかった。

 

 

レストランで食事を済ませた後コンビニで

ビールを買い、ビーチで飲む事に。

 

 

前回のオーストラリアの記事でも話したが

外でお酒を飲むのは違法とされている。

 

警察に見つかれば罰金を払わなければならない。

 

しかし僕はその事を知らなかった。

 

 

 

ビーチに向かう途中赤ちゃんが耳にピアスを

付けているのを発見する。

surfer_akacyanpias

 

日本ではありえない事であり、

もしもこんな事をすれば虐待をしていると

言われても仕方のない事・・・

 

 

 

しかし僕はこの赤ちゃんを見ても

虐待とは思わなかった。

 

 

 

人間は一人の人が「悪い事」

と言ってしまえば、まわりの人もつられて

それほど「悪い事」と思っていなくても

批判を浴びせるようになる。

 

オーストラリアでは赤ちゃんの耳にピアスは

許されるがビーチでのお酒は禁止されている。

 

 

「良い事」「悪い事」と言うものは

本当に曖昧でそれが確実に正しい事ではない

と言う事を感じた夜だった。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ