アーティストは裕福より貧乏の方が幸せなのかもしれない

僕はもともと超がつくほどの貧乏学生で1日50円しか使えなかった時期があった。

 

それ以降もずっと画家という職業に憧れ(日本では画家が職業と認められていない風潮があるが)貧乏生活をしながら海外に飛び出して絵を描く活動していた。

海外の旅中にお金がほぼ底をつきそうになった時はかなり焦っていたが、追い詰められた僕は海外でも絵を描いて稼ぐ方法を必死になって探し求め、当時はほとんどいなかったライブペイントで路上パフォーマンスで生計を立てる事にしたのだ。

やっとの事で絵を描いてお金を稼ぐ事が出来た初めての瞬間、僕は「生きている」っという実感を得る事ができ、心が満たされて行くのを感じた。

 

達成感というやつだ。

 

《関連記事》

路上で絵を売って1ヶ月20万円以上稼いだ方法

 

 

それから数年後、この情報をブログで公開すると僕の活動を知った生徒さん達がオーストラリアに絵で稼ぎに行くまでになり、その生徒さん達もさらにブログやSNSでその情報を拡散するようになり今やオーストラリアで絵を描いて生きる人が数年で爆発的に増えていった。

 

 

 

最悪な状況から脱出するあの瞬間は本当に最高の気分を味わえる事ができたし、どこか貧乏学生の時に自分の絵のスタイルを発見した時に似ている。

 

 

そしてそれから数年後には絵で生きていいくための仕組みを組み立ててしまい、今は絵を描いているだけで収入が発生するまでになった。

 

今現在画家を目指している人からすればこの生活が羨ましいと思うかもしれない。

 

 

 

しかし、最近思う事がある。

 

 

 

お金を稼げるようになった今よりも昔のように必死に画家になろうと努力していた時の方がはるかに「生きている心地」を味わえる事ができていた。

 

明日どうなるのかもわからないギリギリの生活を送る事で生きている実感を得る事が出来ていたのだ。

 

これは恐らく人によるのだろうが、お金があるからと言って幸せとは限らないという事を今強く感じている。

 

 

 

特に画家、アーティストにとってはお金なんかよりも情熱の方が大切であり、生きている心地を味わう方が幸せなのだと思う。

 

 

現在は結婚していて嫁も子供もいるので昔のような無茶な生活に付き合わせる事は出来ない。

 

 

しかし、このままだと生きた心地がしない。

 

 

本物の画家やアーティストといった表現者は常に大きな目標を持ち続け、それに向かって走り続けなければ死んでしまうのではないかと思う。

 

 

もしも僕が家族を持っていなければキャンパスと絵具道具を持って世界の旅をして強盗に襲われたり、気温が高い日陰のない荒野に置き去りにされたりして、そこから脱出したあの生きている感覚を再び味わいに行っていただろう。

 

 

 

 

今は次の目の前の目標である南国ギャラリーを成功させる事、ZiNARTホテルを建てる事に全力を費やそうと思う。

 

 

 

この2つも昔なら大きな目標であったが、今や通過点の小さな目標にしか見えない。

 

今の僕にとっての大きな目標は昔のように海外へむちゃくちゃな旅に出て生きている心地を味わう事になってしまった。

 

 

 

子供が大きくなるまで叶いそうもないので今はたまに旅に出て日本に帰ってきて沖縄で絵を描く生活を繰り返す事になるだろう。

 

 


タグ: 

カテゴリ:ZiNのつぶやき 

海外で活躍できるアーティストになりたい中学生からの相談にのる

ドイツのベルリンからチェコのプラハに到着した。

 

 

旧市街でドイツで使っていたユーロから

チェコの通貨チェコ・コルナに両替して

街を探索する事に。

 

街には様々なオブジェが展示されており

やはりヨーロッパはどこの国に行っても

アート文化が日本よりはるかに根付いている事がわかる。

 

 

僕がヨーロッパを旅する目的は

様々なアーティストの作品にふれ、

そこからインスピレーションを

頂いて絵に反映させるためだった。

 

さらにアーティストからだけではなく

その土地にしかないものを見て

脳に刺激を与える事も目的としている。

 

今回チェコに来た理由はドイツの宿で

仲良くなった韓国人の女の子が教えてくれた

「人骨教会」を直接この目で見て新しい

インスピレーションを得るためだ。

 

旅の経験や刺激が僕の画家人生を

支えていると言っても過言ではない。

 

 

本当に旅に出てよかった・・・

 

 

学生時代の僕からすればまさか

絵を描いてお金を稼ぎながら

旅をするなんて想像もしていなかった。

 

経験と知識は僕の人生に

最大の武器を与えてくれたのだ。

 

 

 

そういえば先日、卒業を迎える中学3年生の子から相談がきた。

 

彼は高校に進学する気もなく、

ましてや就職するなんて考えは

これっぽっちもないようだ。

 

一部を抜粋して相談メールを載せておこう。

(許可はとったので大丈夫)

ZiNさんこんにちは!

僕は現在中学3年生で今年卒業するのですが、

高校にはいかず、就職もする気がありません。

昔から絵を描く事が好きで漠然といつか世界で活躍できる

アーティストになりたいと考えていました。

そんな時にZiNさんの事を知り

ブログを読む内に僕がやりたい事をすでに

やっている人だと思い今メールを送らせていただきました。

親からは高校だけは卒業して欲しいと言われているのですが

どうしても海外で活躍したいと思いが強く

高校なんて行っても意味があるのか?

っと思ってしまっています。

もしもZiNさんがこの状況ならどのようにしますか?

あと海外の旅にでるのにどんな準備が必要でしょうか?

できれば今年中に行きたいと思っているのですが

費用はどのくらいかかりますか?

質問が多くなってしまいましたがよろしくお願いします。

 

彼のように画家やアーティストになりたいと

思っている人からのメールで僕の

メールボックスは埋めつくされている。

 

まだまだ若いのに将来の夢がある事は本当に素晴らしい事だと思う。

 

 

 

僕が中学3年生の頃なんて将来の事なんて

一切考えず自由気ままに生きていた。

 

まぁ今でも自由に生きてはいるが、

当時は目標もなければ夢もなかった。

 

 

もしも僕の今の記憶がそのままで

彼と同じ状況になったとしたら僕は

高校は一応行くが定期的に海外の旅に

でているだろう。

 

 

高校時代はかなり楽しかったし、

一生の付き合いとなる友人も高校で

数多く出会ったのでそれをわざわざ

なくしてまで高校に行かないという選択はしない。

 

しかし、旅に出た方がいいのは事実なので

夏休みを利用したり、確実に高校を卒業できる

まで単位をとった後に海外の旅にでる事にするだろう。

 

 

 

なぜこのような選択をするのかと言うと

すでに海外で絵を描いて収入を得る方法を

知ってしまっているからである。

 

日本の安い時給のバイトで汗を流すより

遥かに稼げるし何より楽しいのだ。

 

 

 

なので彼も画家もしくはアーティスト意外の

仕事は絶対にしたくないと本当に強く心で思っているので

あれば今からお金を貯めて海外に刺激を求めて

ちょくちょく旅をして欲しいと思う。

 

 

もちろん高校はどちらかと言えば

行っておいた方がよい。

 

そこで困った時に助けてくれる

友人と出会う可能性が非常に高いからだ。

 

あと他の質問で

「旅の費用はいくらかかりますか?」

っとあったが、ワーキングホリデーなら

18歳から適用されるため、働きながら

旅をする事ができるのでお金の事はそれほど

心配しなくてもよい。

 

 

 

旅をする上で一番必要なのが

「何を目的とするか?」である。

 

何も考えずに旅に出てしまうと

ただの旅行になってしまい、画家になる活動もできず、

英語も話せないまま帰国という形になってしまうのが一番最悪だ。

 

 

なので何か一つでも目標を立てて

それを達成する事を心がけて欲しいと思う。

 

 

 

僕が旅に出た時の当初の目標は

 

・英語を話せるようになる

 

・絵で収入を得る方法を探す

 

・外国人の友人をつくる

 

っというような目標を立ていたが、

それ以上に得るものがあった。

 

なので今こうしてヨーロッパの旅を

続ける事ができているのだ。

 

 

 

チェコの街をブラブラ散歩していると

いつのまにか夕方になっていた。

 

 

プラハの有名なヴルタヴァ川沿いを歩いていると

多くの観光客が川沿いのレストランで食事を楽しんでいた。

 

こちらは少しお高めの船上レストラン。

 

ここでもバスキングでお金を稼いでいるアーティストがいた。

 

 

彼らの演奏が心地よく耳に入ってくる。

 

プラハの旧市街の向こうに夕日が

沈んでいく風景を眺めるながら

一人でビールを飲む。

 

僕にとって最高に贅沢な瞬間である。

 

 

僕はもともと一人でどこかに行く事が

できない性格だったのだが、

一人旅の楽しさを知ってから

一人で過ごす時間がかなり好きになっていた。

 

 

旅は人の生き方を激変させてくれる魔法のようなもの。

 

 

明日向かう人骨教会は僕にどのような

刺激を与えてくれるのか今からかなり楽しみである。

 

 

 

 

 


アーティストなら簡単に収入を得る事ができる!?その体験談を語る。

アーティストとして活動している人なら

収入を得ながら海外を旅をする事が

できる方法をご存知だろうか?

 

アーティストと言ってもミュージシャン、

大道芸人、画家など他にも様々なジャンルが

あるが、どんなジャンルのアーティストでも

 

 

「どうすればいいのか?」

 

 

と言う情報さえつかんでおけば誰でも収入を得る事ができる。

 

これは嘘のような話だが僕が体験してきた実話である。

 

 

僕は世界43ヶ国以上を旅してきたが、

その中で何人ものアーティストと出会い、

中には一日で10万円稼ぐ強者もいた。

 

何をすればいいのか?

 

バスキングと言う言葉をご存知だろうか?

 

日本語で言えば路上パフォーマーと言えば

分かりやすかもしれないが日本では許可がないと

すぐに警察がきて止められてしまう。

 

 

しかし、海外では許可なしで

できる場所が数多く存在する。

 

 

心配であればすぐ近くの交番でパーミットと言う

許可書をもらえれば警察も止めにくる事はないし、

パーミットはパスポートさえ見せれば

簡単に手に入れる事ができる。

 

どこの国でやれば稼げる?

argentina_busking

 

僕は日本ではバスキングはしないようにしている。

 

なぜなら日本ではすぐに警察がきてしまうのも

理由の一つでもあるが、

日本人はパフォーマンスにお金を払う

と言う習慣がないため、

あまり稼ぐ事ができないからだ。

 

 

 

それにくらべ外国人はバスキングをしている人に

チップを渡す習慣があり、日本よりは確実に

稼ぐ事ができるし、僕が世界を旅していた時も

日本から海外に出稼ぎにきている日本人とも

数多く遭遇した。

 

 

僕のお勧めの国はオーストラリア。

 

 

実際僕もオーストラリアを1年ほど

絵の仕事をしながら旅をしていたが、

お金をすぐに稼ぎたい時は

バスキングで稼ぐようにしていた。

 

オランダのアムステルダムでも

数多くのパフォーマーがバスキングで

お金を稼いでいたし、ドイツのミュンヘン

でもバイオリニストが路上でお金を稼いでいた。

 

 

 

しかし僕の経験からオーストラリア

バスキングで一番収入を得やすい国だと感じている。

 

技術がなくても稼げる?

byronbay_komi

 

あなたがする事がそれなりに

技術があるのであれば

それに越したことはないが、

もし何の技術も持っていないのであれば

何でもいいので人に見られる事をして

見てくれる人と会話すれば確実に収入は発生する。

 

 

 

極端に言えばお手玉のような事をしても

収入を得る事ができる。

 

しかし人に見てもらっても誰でも

出来るようなレベルでは少ない額しか

収入を得る事ができないのは事実だ。

 

 

 

 

僕の友人も僕と同じ事をして

小額ではあるがお金を得ていた。

 

 

 

 

しかし、生活できるくらいの収入を得ようと

するのであればやはり練習が必要であり、

見てくれる人との簡単なコミュニケーション

をとる方がいいだろう。

 

英語を話せなくてもこちらが会話をしようと言う

意思を示せば優しく聞いてくれる人もいるようだ。

 

 

僕のお勧めの方法は日本人である事を利用して

書道で外国人の名前を漢字で書いてあげる

それなりに収入を得る事ができるのではないかと予想している。

 

ライブペイント

 

僕の場合は3時間で平均60$(約7200円)稼ぐ事ができた。

paronellaparkpaint2

 

僕が何をしていたかと言うと・・・

 

路上でライブペイントをしながら

見てくれる人と会話して

ポストカードを売っていただけだ。

 

その他にもライブペイントをしていると

様々な国の人とも出会う事ができ、

その中で絵の依頼をくれる人もいたので

実際はさらに稼ぐ事ができている。

 

 

 

 

ここで海外でのお金の稼ぎ方や、

外国人と親しくなる方法、英語、

人に興味を持ってもらえる話の仕方など他にも

様々な事を学ぶ事ができた。

 

 

 

そしてオーストラリアの旅が終わった後に

世界をまわり日本でも画家として

生きていく方法を発見する事ができた。

 

 

 

 

PS.

メールマガジンも発行している。

 

絵を描いて生きていきたいと言う人は是非読んで欲しい。

 

もしも気に入らなければ

すぐに解除する事ができるのでご安心を。

 

ここでの情報を完全非公開となっているので

くれぐれも他の人に情報を流さないようにして欲しい。


タグ: 

カテゴリ:絵でお金を稼ぐ 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ