絵を描く仕事をする人にタダで依頼する事の問題点とは?

livepait_zin1

絵を描く仕事をしていると必ず通る問題点・・・

それは「絵を描いてよ」という言葉。

 

「え?普通じゃない?」と思うかもしれないが

これは画家だけではなくグラフィックデザイナーや

WEBデザイナーなど何かを0から造り出すアーティスト達

にとってはかなり深刻な問題なのだ。

 

 

なぜそれが問題なのか?

 

 

例えば絵を描く仕事をしている人に

「絵を描いてよ」と言うとする。

 

しかしその言葉の裏には

「タダで」

という意味が隠れている時もあるのだ。

 

 

この問題点は「簡単に頼むな!」という単純な理由ではない。

 

社交辞令で頼むのならまだこちら側も簡単に受け流せる。

 

しかし、なかには絵を描いて欲しいと本当に思っていても

「知り合いだからタダでと描いてくれるだろう」

と思い込んでいる人もいるのは事実。

 

そういった頼みをする側の人は自分だけが頼んでいると

思っている人がほとんどなのだが、実際は

複数人から同じようなお願いをされている場合が

ほとんどなのだ。

 

グラフィックデザイナーなら

「今度イベントするからフライヤーをつくって欲しい」

の裏に「タダで」

WEBデザイナーなら

「HPのつくれる?」の裏に

「タダで」と言う言葉が隠されている。

 

 

もちろんそのような人ばかりではないし、

僕もできれば要望に答えたいが、

その要望に答える事ができない理由があるのだ。

 

このお願いを受け入れた時の事を僕の実例で説明しよう。

特にオーストラリアに絵の修行の旅へ行く以前にこう言った

頼み事が多かった。

 

一年間で約10件ほど「絵を描いてほしい」と

頼まれる事があったが当時の僕は

旅の資金を貯めるのに必死になっていた。

 

「結婚するから描いて欲しい」

「新築を建てたから描いて欲しい」

「部屋をかっこよくする絵が欲しい」

 

それは僕がまだまだ画家としての魅力がなかったのか

どうかは今となってはわからないが、

知り合いだからタダで描いてくれるだろうという思いを

強く感じた。

 

僕は基本的にB1(728×1030)サイズを描いているのだが

その4分の1程度なら描くと承諾してしまったのだ。

 

現在ではこんな事は確実にしないし基本的には

世界にいる5人のクライアントさんにしか

原画を売らないようにしている。

 

 

完璧を求める僕はその4分の1の作品でも手をぬかなかった。

 

 

その「タダ」の頼みが10件ほどたまってしまった当時

収入が発生する絵の依頼3作品ほど描く合間をぬってタダの絵を

描こうとした。

 

僕の絵は繊細で細かい作業が多いため休憩しながら描いて

小さいサイズでも最低で1ヶ月はかかるし、

B1サイズなら1ヶ月半はかかる。

 

3作品を描き上げるのに最速で4〜5ヶ月。

旅へ出発する予定がここから7ヶ月後だった。

 

仕事が終わればその休憩時間を「タダの絵」についやし

休日で何もしない予定の日も描かなければ旅の出発に

間に合わなかった。

 

結果、1ヶ月間寝る以外の時間は絵を描いていて

休憩なしで休日なしの日が続いてしまい

絵を描くモチベーションも落ちていった。

 

絵を描くには気分転換が絶対に必要なのだがその時間も

つくれなかったので心が病んでいくのがわかった。

 

結局タダの依頼の絵は1作品であとは断る事にした。

 

その1作品もそんな気持ちで描いたので

僕の納得いく作品には仕上がらなかったのが

僕の中で最大の汚点となっている。

 

 

断る時も自分の浅はかな考えと相手に申し訳ないと

いう罪悪感でいっぱいになってしまうのでこの時から

こういったお願いは事前に断るようになった。

 

 

ちなみに他の3作品は自分の満足いく作品までに仕上げたので

海外のクライアントさんや日本のクライアントさんの手元に

無事わたる事になった。

tabimaepaint

sirowakuseipaint

 

タダで依頼をする時に考えるべき事

最近では世界43ヶ国以上を絵の仕事をしながら旅をしてきた

事を知ってか知らずか、そう言ったお願いは少なくなってきたが

それでもまだ完全になくなっているわけではない。

 

別に「タダで」と言う事自体が嫌なわけでも悪いわけではないのだが、

最大の問題点は頼む人がこちらの休日や休息の時間を奪う事を

理解できていない事にある。

 

これを一ヶ月普通に働いて20万円の給料をもらえる

普通の会社員に例えて説明してみよう。

 

 

想像してみてほしい。

 

 

朝の9時から夕方の6時まで会社で働いて

その後の夜12時に寝る間の時間はタダで働く。

 

そんな平日が5日間あった後の土日も収入が発生しない仕事を

寝るまで丸一日する。

 

休日が一日もない仕事ばかりの日々をまる一ヶ月

したのにもかかわらず給料は同じ20万円。

 

もしこの働いた日全て収入が発生するとしても、

休日もない日がこれからずっとも続くと思うとゾッとする。

 

 

画家やグラフィックデザイナー、WEBデザイナーなどの

時間がかかる何かをつくり出すアーティストにタダで頼む

と言う事は

「給料はあげないけど休みなしで働いてくれ」

と会社に言われるようなものなのだ。

 

それが一件だけなら引き受けてもいいと思うかもしれないが

実際そういった頼みは何件も頼まれていると意識した方がよい。

 

まとめ

もしも僕が適当で完璧ではない絵を相手に

渡す事に何も感じない性格なら適当な絵を描いて

その10件の頼みもすぐ終わらしていただろう。

 

しかし僕は絵だけは中途半端で終わらす事はできない性格だ。

 

完璧を目指すあまり休日や休息の時間を全て使ってしまうのだ。

 

なのでさきほども言ったとおり今では世界にいる5人の

クライアントさんにしか描かない事にしているが、

中にはどうしても描いて欲しいと熱望してくれる人もいる。

 

それに僕の絵をもらってもらう人は信頼でき

なおかつ僕の絵を子供のように大事に扱ってくれる

人にもらって欲しいのだ。

 

こう言った頼みがあったので今では人数をしぼるため

これからつくるZiNARTメールマガジンのなかで

僕に直接連絡をとれるようにして話を聞いていこうと考えている。

 


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ